2019年 12月 14日

祖父

20191214-dsc01320.jpg

 30代で病死した祖父。
末っ子だった母が赤ちゃんの時だったそうで、母はその後
養女に出された。
 祖父のことは、伝え聞いた範囲で知っている従姉妹から
聞いたことしか知らない。ほとんどない情報の中で〜料理人
だったということは聞いている。
そのDNAをもらったのか母は料理が好きな人で、忙しい中でも
料理をしている時は楽しそうだった。
父がいつも「美味しい、美味しい」と食べていた。
私の弟も料理好きで家族に美味しいものを食べさせ、自分も
食べるのが好きで、共稼ぎのこともあり、ほとんど料理作りは
弟がしている
 芸能人だと「ファミリーヒストリー」で何代も前のことから
調べてもらえたりするが、家族に芸能人もいないし、父方のほうも
含め祖先を知ることができる書き物も残されていないから、知ら
ないことだらけだ。
 同じように孫たちも祖父母のことを詳しく知らないで大人になる
のかもしれない。 
 
 


投稿者: kun - 午前 10:46 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 13日

満月

20191213-img_20191212_184629.jpg

昨夜は今年最後の満月だった。
今年の流行語大賞は「ワンチーム」。
タイム誌が選んだ今年の人は、グレタさんだそうだ。
温暖化対策に取り組むのが消極的な国に与える不名誉な賞「化石賞」は
なんと日本!!
火力発電所の建設を経済的などんな理由があろうともやめなければ。
大切なことはうやむやにし「桜の会」ごときの小さなことで議論の時間を使い、
なにも不正はなかった、隠せたと平然としている政府。
無関心なのか?長いものに巻かれろ式の国民が多いことも情けない。
温暖化がこのまま進むと2100年8月の日本の平均気温は各地で44度台に
なることが予想されるという。
孫や曾孫の時代・・・


投稿者: kun - 午前 11:39 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 12日

熊本地震・東日本大震災に学ぶ

20191212-img_20191203_075853.jpg

 東京直下地震が起こる可能性が高いということで、
NHKで特集を組んでやっていた。
南海トラフ地震もいつ起こっても不思議ではないと
言われている。
 私の家は海抜9メートルで海から3キロ位
の所にあるので、津波の心配はしていないが、地震の時
家にいるとは限らない。
「てんでんこ」に自分の命を守れる所に避難し、命が
守られたら、人の為に「できたしこ」(できることをやる・・熊本弁)
ということに尽きる。
 地震を体験し、避難所として被災者を支えた方の話を聞いた。
良い学びの時を持てて感謝だった。


投稿者: kun - 午前 09:46 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 11日

ツルコザクラとシラーベルビァナ

20191211-img_20191210_154955.jpg

 毎日、ぐんぐんと育つので朝見るのが楽しみ。
ツルコザクラは種をまいたり、こぼれ種で育った苗を植え替えたり
している。
シラーペルビァナは、近くに住む小学校の同級生の弟が、
昨年プランターをひとつドンと持ってきてくれた。
今年は球根をもうひとつのプランターに植え替え、ふたつになった。
 夜寝る前に余計なことをクダクダ考えたりし始めた時、花たちの
ことを思うと知らない間に眠れている。

投稿者: kun - 午前 11:28 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 10日

みかん

20191210-img_20191208_223654.jpg

「永久に使っていいよ」と家の南側の荒れた土地を貸してくれた。
自分では草刈りなどできなくなってしまい、言った言葉だ。
この人なら有効に使ってくれると信頼してくれてもいるから
出た言葉だと思う。
そこに植えたみかんの木が沢山実をつけた。
味はまあまあってとこ。
のどが乾いた時に食べると美味しい。
残念ながら、人にあげたくなるような味ではない。
みかんの味はする。
形の悪いレモンが一個できた。
小さいキウイが20個ぐらい・・
ハッサクは少し黄色みを帯びてきた。
美味しいといいんだけど。
柿はまだならない。
来年はきっとみかんはもっと美味しくなり
キウイやレモンは沢山実をつけると思う。
まるで私が作っている果樹園のようだが、
私は植えて欲しいものを言ったり、味見するだけ。

投稿者: kun - 午後 02:58 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 08日

紫のビオラ

20191208-20193071.jpg

 紫は寒そうな色なので、本当は冬の花壇には植えたくない。
しかし、ビオラやパンジーは春まで咲いている。
春になるとフリージア・ツルコザクラ・ふくろなでしこ・桜草
など、ピンク系の花が次々と咲くので、その頃まで咲いている
ビオラやパンジーは紫系が合うと思うので、今は少し我慢している。
 いろいろな花が咲いたときのイメージを予想して、植える場所を
考えるのは画を描くのと共通する楽しさがあると思う。

投稿者: kun - 午後 09:34 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 06日

イルミネーション

20191206-dsc_0027.jpg

田舎町の駅前広場。
しかし、焼津駅よりは広々してきれい♬

特定健診を終え、気分よく忘年会。
結果は出てないが、血圧は昨年より低くてまずまずだった。
塩分をおさえるよう気を遣ってきたから良かったのか?
嬉しい限り☆☆☆

投稿者: kun - 午後 08:25 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 05日

歴史の道百選 「関屋峠」

20191205-_20191205_1402.jpg

「武田信玄やN子ちゃんも通った関屋峠が、歴史の道百選に選ばれました!」
と、先月小学校の同級生のLINEで教えてもらった。
N子ちゃんとは同じ小学校の同級生。
この峠道を越えた先にある後山という地区から、N子ちゃんたち数人の小学生が
宍原小学校に通っていたのだった。
私達が卒業しだんだん子どもの数も少なくなり、車をもつ家庭が増えて
くると国道52号線を車で送り迎えしていたと聞いている。
 N子ちゃんは、笑顔のとってもかわいい〜大人しいけれど明るい子だった。
毎日長い道のりを、しかも坂道を歩いていたので、足が速いしマラソンも得意だった。
私は足は遅いしマラソンも大嫌いで最後をやっとでくっついて走るような
具合だったのでN子ちゃんってすごい!といつも尊敬の眼差で見ていた。
 小学校の家庭訪問の時には、先生と一緒に・・というか先生の道案内の
ためにこの関屋峠も何人かでぞろぞろ楽しく歩いて後山のN子ちゃんの家
まで行ったものだ。
今ではこの道を通る人はほとんどいなくて荒れているとばかり思っていたら、
地元の私たちの同級生の有志が木を切るなどして道の整備を続けているのだそうだ。
なんて素晴らしい働き!! 驚き感心している。
 今度、N子ちゃんも一緒に皆でこの道を歩こう!とLINEでひとしきり
盛り上がった。
歩ける人がこれ以上減らないうちに♬
イノシシなど出そうだから、鈴を鳴らしながら行ったほうがいいかなと
楽しく考えたりしている。

投稿者: kun - 午後 03:52 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 04日

のむらもみじ

20191203-img_20191204_070806.jpg

 3年ほど前、Facebookをやってみた。
友達の友達の友達のような知らない人から、友達になって!
と言われることがあった。写真で見る限り、なんだか怪しい人の
ような気がしたりして・・・無視した。
それでいて友達の数や「いいね」の数は、多ければ多い方が
それだけ人気があるという価値観をもたらされていたので
複雑な思いもあった。
 更新すれば見てもらいたいと思う。これは他の人たちも同じ
なので、見てもらいたいと思えば「友達」と呼ばれる人たちの
ページを訪問しなければ申し訳ないから、あちこち覗く。
結構な時間がかかるし、そのわりにあまり楽しくなくなって
きて・・早々と撤退することにした。
ひとことで言えば〜飽きた。
説明通りにすべて削除した。
名前も記事もすべて残っていないと思うが、それ以後開いて
ないのでどうなっているのかは知らない。

 

投稿者: kun - 午前 09:12 | コメント | 固定リンク

2019年 12月 03日

カラー

20191203-dsc01912.jpg

 本物みたい♬とよく言われるが、このカラーは造花だ。
これを作ったのはYさん〜花を作るのが大好きと言う。
 先週の防災研修会では、昼 一緒に台所仕事をした。
その後、私が他の人と話をしていたら、Yさんがそっと
近づいてきて私の手を取り〜何々??という感じだった私。
手にハンドクリームをつけてくれた。
淡い良い香りに包まれ、幸せ一杯になり「ありがとう!!」
と笑って言うと、話をしていた人も楽しそうに「あはは」
と笑った。
 時々思い出したい冬のあったかいひとこま♬
きっと長いおつきあいになるだろう、優しいYさんと。

投稿者: kun - 午後 02:31 | コメント | 固定リンク