2011年 1月 21日

牛丼弁当

null


 「楽しい毎日を過ごしたい」と 言っているのを よく聞く。
「充実した毎日」
「豊かな毎日」
どれも 人が求めていることだろう。
どんなとき 楽しいと思うか・・・?
どんなときに充実していると思うのか・・・?
豊かな日々だ!とどんなとき 感じるのか・・・?
人によって きっと 少しずつ 違う。
 自分の欲望を満足させたとき 人は楽しいと心底思うことが
できるのか?
楽しいと感じたとしてもその楽しさは持続するものではない。
次々と新しい欲望はふくらんできて、いつまでも満たされない
ということもある。
 目標をもって 生きると迷路に迷いこまないという良さがある
とは思うが、結局のところ 自分の欲望を満たすだけの目標
であることが多い。
自分中心で生き老いて死が迫ったとき 虚しさが押し寄せて
きはしないだろうか。
 先人に学べば〜神中心の生き方をしてこの世の生を終えた人たちの
生き方は魅力的にうつる。
2000年の昔から 信じて、その足跡を刻んできた多くのクリスチャンたち。 
迫害を受けても信仰を捨てることがなかったのは、この道こそ 
豊かな充実した生をまっとうできる道だという確信があったからなのだ
と思う。
  

投稿者: kun - 午後 10:02 | コメント(2) | 固定リンク

2011年 1月 20日

里芋などのごった煮弁当

null

 教会の墓地への納骨でも、簡単にはいかない。
石屋さんに来てもらい、開けたり閉めたりしなければならないので
石屋さんにお渡しするお金が必要で〜15,000円。
そのほか、墓石に名前を彫るには、1人25,000円。
今回は、母と祖母 2人のお骨なので 37,000円。
情報を得て、連絡。
牧師の予定をも合わせ、なんとか段取りは済んだ。
 葬儀を教会でしたいという子供たちの気持ちを汲んで、教会で
することになり、乗りかかった船!とばかりに進めてきた。
亡くなる日まで3年間一緒に暮らしていた同居人と元ご主人と
子供たちのそれぞれの思いがある。
果たして どれくらい それぞれの気持ちに添えたのかわからない。
 近所の花作り農家に事情を話すと、献花用の白い菊の花を 格安で
提供して下さった。
「(お花を)使ってもらえて嬉しい」というあたたかい言葉が心に沁みた。
 葬儀も納骨も〜 散骨だとしても 誰かの手が必要となる。
入りたい人が誰でもはいれる墓地を一ヶ所求めておいたほうがいいねと
夫と話した。 たまに話題になってはいたことだが、後回し 後回しに
なっていた。

 



投稿者: kun - 午後 10:01 | コメント | 固定リンク

2011年 1月 19日

れんこんごま煮弁当

null

おおらかな人って どういう人だろう。
小さいことを気にしないで
笑いとばす人?
おおらかに見れば おおらかな人に見えないこともない。


投稿者: kun - 午後 10:01 | コメント | 固定リンク

2011年 1月 18日

チーズポテト弁当

null


 孫(3歳)を車に乗せると、CDをかけたがる。
子供向けのCDがないので、一枚買おうかなとネットで
調べてみた。
「お母さんといっしょ」などで歌われている歌を集めたものが
多い。 題名を見ると ほとんどが私が歌える歌だ。
買おうかと思ったが〜そうだ! 私が歌えばいいじゃんと
気付いた。
 そこで今日は、「犬のおまわりさん」「カラスの歌」など 次々に
歌ってみた。 知っている歌はいっしょに歌い、知らない歌をは
よく聞いている。
もう 昼寝をしない習慣ができているのだが、私の声は眠気を
誘うらしい。
公園で遊んだ帰り、いとも簡単に眠ってしまった。

 

投稿者: kun - 午後 10:10 | コメント | 固定リンク

2011年 1月 17日

焼き肉弁当

null


 寒いけど、夏よりまだいいよね。(言い聞かせてる?!)
照りつける太陽!
外へ出れば 蚊にまとわりつかれる夏。
かゆいのは 辛い。
しかし、老年期に入ってきたのか ・・・
かゆいのは虫さされだけじゃない。
冬 乾燥して〜お風呂上がりや布団に入ると
ムズムズムズ。。。
 年の差が大きい夫婦だと、夫はかゆい かゆいと
大騒ぎしても 若いピチピチ肌の妻はどうしてか
わからなかったりするだろう。
私たちは、3歳違いなので 2人でかゆい かゆい
と同情しあっている。 


投稿者: kun - 午後 10:15 | コメント | 固定リンク

2011年 1月 10日

うな卵弁当

null


 サーバ代などを振り込むプロバイダーの口座が楽天銀行なので
昨年末、楽天銀行の口座を開設しようと試みた。
申し込みのページに必要なことを打つと、「次へ」となり これで
終わりかと思えば「次へ」となり・・・
途中で嫌になるほどのめんどうな作業を終え、これでよしと思えば
なにか 記入漏れがあるらしく、完了とならず また戻り・・・
そのうち 我慢できなくなり、投げ出して。
日をおいて また気を取り直して 初めからまたやり、ようやく 完了!
と思いきや、免許証などのコピーが必要だということで、案内が
送られてくるのを待つことになった。
 忘れたころに 返信用封筒が入った書類が送られてきて〜〜書いて
入れて〜〜送って〜〜数日して、めでたく口座開設ができた。
 カードで入金するのだと思い、一緒にカードも申し込んだつもりだったので
カードを待つこと 足掛け2年?!(@_@;)
カードが来ない! カードを申し込んだはずだと思い、楽天銀行のHPを
開く〜調べるためには ユーザID、ログインパスワードを打たないとログイン
できない。。。。なんだっけ? パスワードは? 確か これだな? 
打ってははじかれ はじかれ・・これは 宅急便のだった! 
図書館のか・・・これも違う・・という具合で。
忘れないように書いたのをどこかに大切にしまったはずだ!と探して探して
見つけて〜ログインして カードを申し込もうとすると手続き中となる。
それじゃあ待とうとしていたが、なかなか来ないので 何回か調べるうち
手続き中というのは、私が手続きの途中でほったらかしてあるということが
わかった。 あわてて、丁寧に打ち、申し込んだ。
 そうして ようやく来たカードで入金しようとしたが、入金できない。
入出金だけができるカードを欲しいと思ったが 無料でとれるのは クレジット
機能がついたものしかなかった。それで それを申し込んだつもりだったが
きたカードで 入金はできなかった。
それで再度銀行カードを申し込んだが、2種類を持つことできないとメールが来た。
もう お手上げ\(◎o◎)/! ネット銀行は、私の性に合わない。


投稿者: kun - 午後 03:17 | コメント(2) | 固定リンク

2010年 12月 29日

春菊のごまあえ弁当

null

14歳のクロの冬。
犬は、冬に強いと言うけれど いささか 心配になる。
耳が遠くなり、目もだいぶ悪くなっている。
散歩していて 最近 溝にすべり落ちたりした。
 捨てようとしていた小さな布団をたたんで小屋に
いれてみた。 驚いたことに抵抗なく そこで寝る。
若いころは、引きづり出して かみまわしてしまっていたのに。
布団の上で丸くなって寝ている。
毎日 息子がスキンシップして かわいがっている。
 
 ドッグフード会社と提携している獣医さんは、ドッグフード
でないといけないと言うけれど、信頼できる知り合いの獣医さんに
こっそり聞いてみたことがある。 ほんとにドッグフードは犬の健康
のためにいいのかと。 中には多少、お勧めのものがあるがそれは
高価。 TVなどで宣伝しているポピュラーなものは、実は良くない
ものが多いと言っていた。
 
 家でやっている餌を話したら、それが一番いい!と言ってくれた。
りんごや大根 人参などの皮、キャベツ レタスなどの青いところや
鰹節や昆布のだしがら、味噌の豆屑、子供が残す魚の皮など〜
畑に入れれば肥料にはなるけれど、捨てればゴミになるものだ、
それらを刻んで ご飯に混ぜる。 今は、古くなってしまった玄米を
やわらかく沢山炊いて、冷凍庫に保存したものを出しては せっせと
あげている。 
たんぱく質としては、腐ってはいないけど日がたって残っている肉などや 
生卵を混ぜるときもある。
クロの餌を孫に見せると、タベターイ!と言ったりするほど、おいしそう♪
・・・に見える^_^;
 
 いつか、曽野綾子さんのエッセイで猫の餌を毎日 綾子さんが作って
いたと書かれていた。 クロの餌に比べれば、お金がかかっているが、
栄養は同じようなものだと思ったものだ。
それで 綾子さんちの猫は、20年生きたそうだ。




投稿者: kun - 午後 11:01 | コメント | 固定リンク

2010年 12月 28日

かつ丼&冬じゃが弁当

null

 じゃがいもを初めて この時期に作ってくれた。
秋に収穫するものらしいが、遅くなって 今頃 小さいのができた。


 教会のクリスマスの祝会は、持ち寄り昼食会をして、讃美歌を歌ったり
ゲームをしたり、プレゼント交換をしたり〜〜♪ 
毎年 愉しく過ごす。
 昨年から、「一年を振り返り、3大感謝を1人ずつ 発表する」という
ことをやり始めた。 新しい人は、自己紹介をしてもらう。
お互いの思いが聞けて、よりお互いに深く知ることができ、祈りあう
ことができる。
大変だったこと つらかったこと 悲しかったことも だれでもあるけれど
そんな中でも、感謝できることを探すことは意義がある。
言葉にすると、なお印象が深くなり、感謝の気持ちが深まるような気もする。
話している姿は、みんな生き生きしていて 素敵だ♪
教会って なんて居心地がいいんだろう! こういう場所、仲間が
与えられているということはなんて幸せなことだろうとしみじみ思う。
小さな群れだからこそ できることかもしれない。
 ちなみに、私の3大感謝は、
☆3位・・・教会の役員を4年間なんとかやり終えることができそうなこと。
     (1月の総会を最後に。)
☆2位・・・フィンランドとドイツに旅行できたこと。
☆1位・・・息子が司法試験に合格できたこと。
     だった。
 思い返して 感謝することを探してみれば、いくつもあり 3つ選ぶのが
大変なほどの恵まれた一年だった。

 




投稿者: kun - 午後 10:39 | コメント(4) | 固定リンク

2010年 12月 27日

金山時味噌弁当

null

 朝 花の手入れをしていると、クラックションを鳴らして
車が来た。 
手を振っている。
止まって 窓をあけ
「おはよう! 元気ぃ? また みんなで会いたいねぇ!」
 ママ友。
今の人たちはそう呼ぶけど、20数年前 そんな言葉はなかった。
近所の同じくらいの子供たちとその母親が集まって
いっしょに、お好み焼きパーティをしたり
手巻き寿司を作って みんなでワイワイ食べたり
高草山にも登ったりした。
 みんなおばあちゃんになった。
「忙しい?」
「忙しくないよ!」
「じゃ 今度誘うね」と、仕事に出かけて行った。
 『 ”忙しい”とは、心を亡くすと書く』と 意識するようになってから
忙しいと 人に言わないようにしている。
そうしていると、忙しくないような気がしてくるから不思議。



 

投稿者: kun - 午後 10:50 | コメント | 固定リンク

2010年 12月 26日

ひじきの煮もの弁当

null


 ブラインド。
この名前を入れた会話をしようとして、その名前がどうしても出てこないので
言おうとしたことを飲み込んだ。
家族に、「お風呂の窓にかかっているカーテンみたいのなんだっけ?」と
聞けば、すぐ教えてくれたと思うけど そう聞くのも情けない気がして
自分で思い出すのを待っていた。

 思い出すまで一日半ぐらい〜2回お風呂に入った。
それを眺めながら、
「あなた なんて名前だっけ?」
「3文字だった?」
 朝、それを開けながら、
「濁点がついてたような・・・・」
 ウォーキングしながら
「あー 」
「いー」
「うー」
最初の字を思い出せば、すぐ出てきそうで、50音を順番に伸ばしてみた。
それでも 浮かばない。

 職場で、最近
「事務所の・・あれ・・帰りに閉めるの忘れないでね」と同僚に言われ
すかさず 「あ、ブラインドね、気をつけるね」と 答えたのに。
なんで 出てこないんだろ・・・

 二日目の朝、布団の中で突然 浮かんだ。
「ブラインド?!」
暇さえあれば、頭の中で、いろんな名前をあれも違う これも違うと
考えていたので、ホントに そうだったか自信がなくなってしまって。
夫に確かめた。
そして、言いたかったことを言えた、
「ブラインド はずせるんだったよね? 洗おうかな♪」
夫が、今年になって はずせることを発見してくれた。
いつも 私はつけたまま、拭いていたのだ。
  
 

投稿者: kun - 午後 10:44 | コメント | 固定リンク