« 戻る1 2 3 4 5 6 7 8進む »

2019年 12月 10日

みかん

20191210-img_20191208_223654.jpg

「永久に使っていいよ」と家の南側の荒れた土地を貸してくれた。
自分では草刈りなどできなくなってしまい、言った言葉だ。
この人なら有効に使ってくれると信頼してくれてもいるから
出た言葉だと思う。
そこに植えたみかんの木が沢山実をつけた。
味はまあまあってとこ。
のどが乾いた時に食べると美味しい。
残念ながら、人にあげたくなるような味ではない。
みかんの味はする。
形の悪いレモンが一個できた。
小さいキウイが20個ぐらい・・
ハッサクは少し黄色みを帯びてきた。
美味しいといいんだけど。
柿はまだならない。
来年はきっとみかんはもっと美味しくなり
キウイやレモンは沢山実をつけると思う。
まるで私が作っている果樹園のようだが、
私は植えて欲しいものを言ったり、味見するだけ。

投稿者: kun - 午後 02:58 | コメント | 固定リンク

2018年 12月 19日

レモンのはちみつ漬け



家のレモンなので無農薬♪
はちみつをかけて。
ヨーグルトに入れて食べると香りがあり美味しい。

手帳に、蕁麻疹の薬を飲んだ朝晩二回の時間を書いている。
薬と薬の間、蕁麻疹が出ない時は、ハナマルを書く。
蕁麻疹が出る前に薬を飲もうとしているが、
今朝は間に合わなかった。。。(~_~;)
が、日中は大丈夫だった! ハナマルだよ☆☆☆
ストレスが原因らしい・・・が・・・実際原因は不明。
緑内障がストレスになっていると思うが、蕁麻疹自身も
かなりのストレスだ。
それらがストレスにならないようにするって、どういう気持ちで
いたらいいのか・・試行錯誤している。
平常心でつきあうことができそうな気がする、いつかきっと、そのうち♪




投稿者: kun - 午後 08:13 | コメント | 固定リンク

2018年 12月 14日

ロールケーキ



 そういえば、私ってケーキを作ることができるんだったっけ。
家族の誕生日にはバースデイケーキを、おひな祭りだ、クリスマスだと
いろいろな行事にはそれなりのケーキも作った、子どもたちの要望にも
応えて、何十年間も。
 最近では、ケーキは買うもの〜人が焼いたのをいただくものでしかない。
小麦粉・バター・砂糖・牛乳・・いただきもののりんごジャム・・・に
すぐに消えそうなわずかばかりのやる気☆
これだけあればできるものを、作ってみるとするかっとばかりに
ささっと作った。
 昔とった古くぼろくさい杵柄をひっぱりだして、いいから加減に作ったので
自分では少しも満足できないものだったが、夫は喜んで「おいしい、おいしい」
と食べてくれてびっくりするやら申し訳ないやら。(~_~;)


投稿者: kun - 午前 11:33 | コメント | 固定リンク

2018年 6月 20日

枇杷



今年も小さいけれど枇杷が沢山なって、あちこちに分けて
喜んでもらった。
枇杷が採れる時期の朝のヨーグルトには、いつも枇杷をいれる。
そういう時も終わり・・・。

昨夜のW杯 コロンビア戦は楽しかった。
息子たちがいた時代は、大騒ぎして観たものだ。
息子たちもそれぞれの所で観ているかなあと思いながら。
いつもは眠くなる時間帯だが、興奮状態。
次の試合も楽しみだ。



投稿者: kun - 午後 09:44 | コメント | 固定リンク

2018年 4月 16日

干し芋



春になって、干し芋の季節ではないけれど、寒い日を見計らって”紅はるか”
で作った。
つんちゃんが、私→干し芋 と連想するようで・・
「食べたい!」というので作って、食べ頃の柔らかさの時、冷凍しておき
持って行ったが、口内炎ができているせいからか、この前は思いの外 
喜ばなくて拍子抜けした。
近くに住む孫達も大好きで、干している先から食べてしまうほどだけれど、
遠くに住むつんちゃんと違い、いつでも作ってあげられると・・
冷凍干し芋のことはナイショにしてあった。

干し芋といえば、安納芋でしょ!と思いこんでいたが、”紅はるか”もなかなか
甘みがあり、ねっとり感があって美味しい。
最近になっても店で、安納芋はなくても、”紅はるか”をよく見かける。

今日は、駿河エレガント(甘夏)の皮で、マーマレードを作った。
子どもの頃、ジャムやマーマレードを親が作ってくれたことはなかったと
思うが、干し芋は冬のおやつだった。
保存できるようカラカラに干すので硬くなるが、その硬いのをよく食べたものだ。
おじいちゃんが、たまに炭火で焼いてくれる時もあり〜
そのおいしさや香ばしい香りまで懐かしく思い出す。



投稿者: kun - 午前 10:56 | コメント | 固定リンク

2017年 10月 27日

  

左:甘柿・・・なんて美しい色なんだろう!熟している。

右:渋柿・・・ヨツミド  焼酎につけて さわし柿にしてみた。
              じょうずに渋が抜けて、美味しい♪

どちらも、全く消毒もせず ほったらかし状態の柿。
こどもの頃、さわし柿を沢山作ってくれたものだ。
毎日のおやつだった。
田舎のどの家でも作っていたと思う。今の子どもは時々、柿は
嫌いという子がいるが、昔は柿が採れる時期はおやつは柿しか
ないから、嫌いなんていう子はいなかったような気がする。


投稿者: kun - 午後 02:49 | コメント | 固定リンク

2017年 9月 15日

とうもろこし



畑から採ってきたとうもろこしをすぐに茹で、冷めたら冷凍して
おいたもの。
レンジで解凍してそのまま食べてもおいしいけれど、醤油をつけて
お祭りのとうもろこし風にしてみた。
美味で美味で〜郷愁を誘われるなんとも良い香り。
こんな美味しいとうもろこしを味わうことができるなんて 
幸せだなあとつくづく思う。



投稿者: kun - 午後 04:13 | コメント | 固定リンク

2017年 7月 27日

とうもろこし



幸せを感じる時
大好きなとうもろこしが今年もできた。
こどもたちにあげるものは、とりあえず冷凍に。

投稿者: kun - 午後 03:08 | コメント | 固定リンク

2017年 7月 21日

温室みかん



「誕生日おめでとう!
おっ!今度は女の子だ♪
順調に子どもが産まれて幸せな瞬間だったでしょうね!

温室みかんを送りました。
冷やして食べてね」

朝一番に弟からメールが届いた。
こんな優しい弟をもって幸せ☆




投稿者: kun - 午後 04:12 | コメント | 固定リンク

2017年 6月 13日

枇杷ジャム



 枇杷の皮をむいて種などを取り、ジャムにできる実は
合計2.7キロぐらいだった。
ずっと皮をむいているのは、疲れるので〜半分ずつ2回に
分けてやった。
 皮をむき種などをとる(←ここまで45分ほど)
薄い塩水を混ぜ、砂糖を入れ火にかける。
あくをとり時々混ぜながら強火で15分。
その後火を少し弱め25分ぐらい。
絞ったレモンを最後にいれ混ぜ、煮沸消毒した瓶に詰める。
この行程を2回。
 きれいなべっこう色のジャムができた☆☆☆



投稿者: kun - 午前 07:08 | コメント | 固定リンク
« 戻る1 2 3 4 5 6 7 8進む »