«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || Next»

2018年 6月 25日

草取り



 花壇の手入れをしていると、「草がはえて困るね!」
「抜いても抜いてもはえてくるね・・」などという言葉を交わすのが
挨拶がわりの季節になった。
 蚊が多いのには閉口する。
暑いし・・日焼けも怖い。
 農家の人たちも、趣味で野菜を作っているおじさん・おじいちゃん達も
蚊取り線香が入った入れ物を腰などにぶら下げたり、帽子をかぶって長袖
で働いている。
尊敬! 私になくて彼らにあるのは・・気力? 意気込み?
ここのところ外に出ていく元気がない。
 今日、玄関を出て一番遠くに行ったのは、家の前の道で、ケンを送った時。
習字に行った帰り寄って 卓球をやったり、夕ご飯を食べたりしていった。
田んぼの向こうの道を曲がって軽やかに自転車で走るケンの姿が、
見えなくなるまで見ていた。
日が沈みかけた夕方の風は心地よかった。



投稿者: kun - 午後 07:40 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2018年 6月 23日

ツバメの巣



 山梨県中央市の「とよとみ道の駅」にツバメの巣が4個ほどあり、
元気にヒナが育っていた。
人間は、「かわいい!」とその姿を見て、写真に撮ったりするが
危害を加えたりしない。
だから、人が集まるところが安全なのだろう。
 先日、家の前の畑で、野良猫が鳩を襲ってつかまえたその瞬間を
目撃したと夫が興奮気味に話していた。
後からその場所を見たら、鳩の羽が散乱していた。
 野生動物化した野良猫も野鳥にとっては怖い存在だ。
自然の中には危険がいっぱい。

投稿者: kun - 午前 09:49 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2018年 6月 16日

第24回 全国女性会連盟総・大会

 
片岡輝美氏 講演会。
『主に喜ばれることを吟味する』〜福島原発核事故7年目のメッセージ〜

3年間の総決算のような3年に1度の大会と総会。
これが済めば終わりと・・呪文のように言い聞かせてた。
終わった!
新役員から早速もらったメールにあった。
「いいなあ、終わって」
その気持ちよくわかる。

次々にやらなければならないことに追われた3年間。
目的を見失うことないよう、細かいことをもおろそかにせず。
思いがけず苦しんだ・・人間関係。
自分の弱さと力不足に、立ちすくんでしまったこと。
そんなこんなの大変だったことを差し引いてみても
両手には、持ちきれないほどのプレゼントがあった!
人の優しさ、楽しかった思い出の数々。

終わってみると、ほんのちょっとだけ寂しさがある。
過ぎ去った3年間を、最初からもう一度やってみたいような・・・
新役員には想像もできないんだろうな、この気持ち。





投稿者: kun - 午前 09:31 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 12月 02日

宗教改革から500年

 マルティン・ルターの宗教改革から500年の時がたった
2017年は、いろいろなイベントがあった。
11月23日には長崎の浦上教会でカトリックとルーテルが
合同で、シンポジュームや礼拝がもたれた。
その記念すべきイベントに参加できて嬉しかった。
 あと1ヶ月で2017年も終わる。

 

投稿者: kun - 午後 09:09 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 29日

つんちゃんのお弁当

息子のPCから投稿しているので、写真なし。

つんちゃんのお弁当を作り始めて4日。
今日帰ってきてから、
「ごぼうと人参としいたけ(きんぴら)入ってたでしょ? どうだった?」
と聞くと
「あれ食べたよ! あしたも入れてほしい!」
いつもお弁当は全部食べてきてくれるけど、アンコールが出たのは
初めてで〜とっても嬉しい。
名古屋に来て1週間がたとうとしている。
今日は、ママとベイビーが退院してきて、明日からは3食 きちんと
作らなければならない。
頑張ろう!!


投稿者: kun - 午後 09:41 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 13日

クリスマスカード



今年は早々と夏頃から、クリスマスカード作りにとりかかっている。
写真は「まきばの家 こどもの家」
のこどもたちに送る手作りのお菓子などを詰めた袋に
貼るカード。
35人分を7つの女性会に作ってもらっている。
デザイン考案は、会計のIさん、見本を入れたキット作りは書記のYさんが
担当してくれた。

私の所属女性会は、高齢の人たちが多くて、この作業は大変なので
私が昨夜から、やり始めた。
とりかかるまでは、私にも難しそう&めんどうな気がして。。。
孫娘にやってもらおうか、それとも嫁に頼もうか・・と思案していたのだが、
いざやり始めたら もう楽しくて楽しくて♪
かわいいクリスマスカードを考えてくれたIさん、キットを作ってくれたYさんの
ことを想い、受け取るこどもたちの姿を想像し。
小さい花や鈴、葉っぱなど丁寧にきれいに切り、それを整然と袋に入れ、
両面テープまで 必要な量を考えて入れてあり、感動した。
こんな細かい作業は、Yさんでなければできないことだ・・
どんなに大変だったろう・・よくやって下さったなあとほんとに感謝 感謝!
孫娘たちに頼まず自分で組み立ててみたからこそ感じることだった。
すべては神様の計画のうちにある♪




投稿者: kun - 午後 03:33 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 9月 07日

赤ちゃんヤモリ



3〜4センチぐらいの小さなヤモリ。
家の中の壁にじっとしていた。

調べてみると、「家守り」とも書くそうだ。
家の中の害虫を食べてくれるという。
10年以上は生きるらしい。
えさを入れてやらなければならないので、
飼うのは大変だそうで・・・
よく見ると目はかわいいが
足の姿はちとグロテスクで
どちらかというとあまり好みではない。


投稿者: kun - 午後 05:00 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 9月 06日

卓球台



卓球台ねぇ・・・あったら楽しいでしょうね・・
でも、どこへ置くの!?
場所をとるねぇ。。。まあ買うとしてもおもちゃの小さいのでしょ!
と、優柔不断な私は躊躇していたけれど、
決断力のある夫はさっさと公式の大きさのものをネット注文し、
届くと組み立て ふたつの部屋をまたいでセットした。
向かい合った部屋はなんと寝室でもあるので、寝る頃になると
そのままひとつの部屋に移動して置いておく。
ふたりで生活している今はそれでいいけれど、子どもたち家族が
来ると卓球で遊ばない時は、畳んで廊下に置くことになる。

一番喜んでいるのは、小学4年の孫?
汗かきかき頑張って対戦しているのはそのパパ。
卓球台がきてから数日〜孫たちにおいてかれている。
ムキになって打てばオーバーするし、柔らかくやればネットにかかるし。(~_~;)
上達できる気がしない。


投稿者: kun - 午後 09:41 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 8月 26日

さつまいも



一個だけ大切にし過ぎて戸棚にしまっておいたら、小さな芽を出した。
観葉植物代わりにすることにした♪
お皿に載せて外に出すと勢いよく葉が増えていき〜毎日見るのが楽しい。

朝、雨戸をあけると物干し竿に止まっている鳩が。
私を見ても逃げない。
竿にうんちをされても嫌だし・・・外ばきのサンダルの片方を縁側から エイッ
と投げた。3〜4メートルぐらいのところだから、当たるはずないと
思ったが、なんとなんと 鳩のど真ん中に命中!!
小さい羽がパラパラ舞い落ちて。
飛んでいき電線に止まった。
鳩は驚いただろうが、私もびっくり。
ソフトボールをやっていた時の感覚を思い出した。
投げたり、取ったり、打ったり〜楽しかった若かったあの頃。
嬉々としてみんなでやっていた、17年間も。




 



投稿者: kun - 午後 10:06 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 8月 09日

「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」



今日の暑さは並みじゃないということがわかっていたが
午前中は、クーラーもかけず、明後日の友人の葬儀の時に
掲示する写真の最終チェック。コメントも入れ。
大きいものはA4で12枚ほどになった。
大好きだった。
いつも優しい言葉をかけてもらい。
生き方から学ぶことも多く尊敬していた。
天国で再会するまでしばらくの間お別れ・・寂しい・・
教会に持っていき、入り口付近に飾ってきた。

帰りに図書館により、本を借り。
午後は、クーラーをつけ まず録ってあった映画を見ることに。
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」
911で父親を亡くした少年の話。
アスペルガーらしい?少年のやることが興味深く。
その両親の接し方が愛にあふれていて素晴らしい。
いつも観ると消去するが、もう一度観たくてそのままにしておいた。


投稿者: kun - 午後 03:48 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || Next»