«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 13 | 14 | 15 || Next»

2007年 11月 02日

宣教師さんとお友達 お招き


今採れるほうれん草やネギをさりげにいろいろな料理に入れて。


  (親戚以外の)人を、1ヶ月に1度ぐらいは家に招きたいものだと
最近 思っていた。
私の一日は、意識もせずにやっている日常的にやらなければならない
小さなことや、自分だけの楽しみでやることでなんとなくぼんやり
過ぎてしまいがちだから。
自分が好きなことで、人にも喜んでもらえる事と言ったら、
料理を作り食べてもらうことかな?・・
 そんなことを考えていた矢先、宣教師K先生の友達2人が
焼津に見えるということをK先生から伺った。
一緒に焼津近辺を案内しましょうか♪ 夕食は家でどうぞ!と即言うと、
嬉しそうにぱっと明るい顔になった。
ご自分が住んでいる町を見てもらい、一般的なフツーの家で食事を
共にするということは、K先生にとって嬉しいことだと思うし、
お友達にとっても、希少価値?の経験で、私にとってもモチロン嬉しいことだ。
今年春に同じようなことがあったので、案内や料理の手順も慣れたもの〜♪
案内もあるので、前の夜から 張り切って準備をして。
納豆海苔巻き寿司、煮物のこんにゃくや牛蒡、栗おこわが話題にもなり、
好評だった。







2007年 5月 23日

フィンランドお客様歓迎メニュー


★花海苔巻き寿司(卵焼き・きゅうり・レタス・水菜・かにかま)
納豆巻き寿司(納豆・ねぎ)
★豆ごはん(えんどう豆)
★肉じゃが(じゃがいも・人参・玉ネギ・豚肉)
★筍煮物(筍・さつまあげ・油揚げ)
★春雨ゴマサラダ(春雨・ワカメ・きゅうり・紫玉ネギ・
玉ネギ・人参・水菜・ハム)
★豆腐サラダ(海洋深層水豆腐・トマト・水菜・ネギ・おかか)
★チキンクリーム(鶏肉・玉ネギ・しいたけ)


 9人分 豆腐サラダ以外は、大皿に盛りつけた。
調理時間も余裕がなく、日本の旬の食材を使った料理
をあれもこれもと考えたので、忙しくて 写真を撮ること
は すっかり忘れていた。(^。^;)
デザートは 苺と(息子の友人のお土産の)又一庵のきんつば
このきんつば くどくなくてとってもおいしい。
私が好きなのを知っていて・・・野球少年だったKちゃん
優しい心遣いができる大人になった〜嬉しいなあ。 
 写真の花はゼラニューム。
留守に玄関付近の日陰においてくれてあった。
家にゼラニュームが24種類もある!と数日前 話して
いたおじさんが持ってきてくれたんだとすぐわかった。
そういえば、おじさんの名前は・・知らない。
ごんぎつねみたいだ〜感激!
家の南天といっしょに活けてみた〜自己流総本家(^_^;
 フィンランドのお客様は、案内した所も料理もなにもかも
心から喜んでくれた。
”恵み”があふれるほどにいっぱいで、私にとっても
思い出に残る一日となった。





2006年 8月 20日

飲み会料理



子供ふたりや夫も含め 10人で飲んだり食べたり。
3時から 5時まで ソフトボールの練習があり その後我が家で〜練習の前に3品を作り、あと4品は練習帰りに買い物をし すぐできるよう準備をしておいた。時間はまたたくまに過ぎ 次の日になろうとしているころ解散。この宴会を契機にようやく 今期限りで ソフトを辞める決心がついた。
私がこのチームに入ったころ 中心になっていた人が突然 やめると言い出した。長いことキャップテンとして、練習日や試合の設定などの連絡から お茶の準備やら 道具の保管 そのほか雑用を なにからなにまでやってくれていた。それに対し感謝するということもなく みんな甘えていた。突然。。。と思ったが 今考えれば それらは負担になることもあり、辞めようとするまでには いろいろ考えていたんだと思う。最後には、「ソフトボールということばを聞くだけでも 嫌だ」と言っていた。そういう気持ちにならなければ、辞められるものではない。
彼女は、数年間 選手ではなかったときを経ての決断であったし私と辞めたい理由も違う(と思う)が、辞めようという思いの強さは 同じくらいだという気がする。HPからもソフトボールのコーナーを削除した。あと1試合残っているので それまでは練習も頑張るつもり。


2006年 6月 29日

建前もちピザ


建前をした家から 沢山お餅をいただいた。
まだ柔らかいうちにと 早速 ピザもちに♪
?玉ネギと(初採り)インゲン・エリンギ・ナスを塩コショウし 炒める。
?オリーブオイルをフライパンにしき、洗ったお餅を並べ 片面を焼き ひっくり返したあと、醤油・砂糖を適宜入れる。
?炒めた野菜?とチーズをお餅にのせ、ふたをしめ チーズが溶けたら 青ジソをパラッとかけ できあがり。


2004年 ギリシアに行ったとき、フランクフルトまでの飛行機で偶然 隣り合わせた大学生のMちゃん。 
昨年は 私の家に遊びにきてくれて一泊し、夫が勤める養護学校を見学したりしていった。そのMちゃんは今 一生懸命 進路のことを考えている。最近はメールではなく 手紙をくれるようになった。手紙は、文字にその人らしさが出てくる点がとってもいいなあと思う。Mちゃんの字は、繊細で優しくて・・ それでいて伸び伸びしている。





2006年 6月 16日

小松菜ジャーマンポテトピザ


?強力粉200g・イースト小さじ1弱・砂糖小さじ2・塩小さじ2分の1・オリーブオイル小さじ3・牛乳140CCを混ぜ こねて、生地を作る。
?細かく刻んだにんにく・玉ネギ・トマトをよく炒め トマトソースを作り さまして、できた生地に塗る。
?茹でじゃがいも・玉ネギ・ベーコン・コーンをのせチーズ・マヨネーズをかけ 焼く。
?茹でた小松菜・青ジソをかける。
*これは 直径30cmで 1枚〜かなり厚め。
  もっと薄い生地にしたい場合は、2枚に。



健康診断のため クロを病院に連れて行った。
クロの写真を部屋に飾っているほどクロ大好きな三男が大学を卒業するまで 少なくともあと3年は元気でいてもらわないと。
血液検査の結果は〜血液の濃度・血中タンパク・黄疸指数・腎臓機能・血糖値などすべて 正常値で、フィラリアの検査でもマイナスだった。(^。^;)ホッ!
半年分のフィラリアの予防薬をもらい、14000円也。
犬など動物はせっぱつまるまで元気で、いざ病気の症状が出てからでは手遅れになることも多いだろうから、年一度の健康診断は欠かせない。
さてさて 私も健康診断に行かねば・・・最後に行ったのは何年前だったかしら??
「行ってこなきゃだめだよ〜本末転倒だよ」と夫に 言われてしまった。




2006年 3月 05日

ポテトサラダがメインのオープンサンド


知的障害を持つ近くのN君を招待(?)し、夫がN君と一緒に、ポテトサラダを作った。
「サンドイッチつくろう」という子供たちが幼かった20年以上も前に活躍した絵本が、今でも 役立っている。
まず N君は その絵本を見て 予習〜♪
夫は、書いてあるとおりの材料を用意し、ひたすら忠実に同じように作るので、なかなかおいしい。
すべて 任せ、私は なんとも心地よい春の日差しを浴び、お花の手入れをしていた。
時々 楽しそうな笑い声が聞こえてきて〜♪
盛り付けしてぇ!という声で、中に入ると 大量のポテトサラダができていた。


2005年 10月 12日

お好みポテト焼き♪


じゃがいもを大き目の千切りにして、オリーブオイル少々入れたフライパンで焼く。(ハッシュドポテトのように)
豚肉も入れ 焼けたところで、卵・小麦粉・水で溶き キャベツ 人参 紅しょうがなどを入れたタレを加え 裏表焼く。
おかか・青海苔・マヨネーズ・ソースなどで♪


あるブログに初めてコメントを書くとき、たまには気分を変えて 違うHNにしてみようかなあと考えた。
「野の花だより」→「野の花」
そうだ 「ののか」にしよう!と決めた。
なんだか自分じゃないみたいで、なんか落ち着かない感じはした。
少し 慣れてきたころ、そのブログの常連さんである友人に(電話で)「野の蚊じゃん」と言われて、爆笑。
人によって そのことばから イメージするものって 違うものだなあとあらためて 認識した。
蚊を好きな人は いないと思うけど、私は 蚊を毛嫌いしている。
顔を蚊に刺され、あとがシミになってしまってから、憎むべき生き物と思っている!
涼しくなったというのに、昨日は 花瓶に挿そうとコスモスを摘んでいたら、5箇所ぐらい蚊に刺された。
ここらあたりは、「野の蚊」の宝庫なのだ(・・;)
もちろん そのHNは や〜めた やめたっ。



  

2005年 7月 21日

夏だ!とうもろこし♪


これまでで 最高の量と質のとうもろこしができた♪
初めて カラスよけの網をかけたので、カラスには 食べられなかったが、
虫は 多少 入っていた。
それでも なかなか立派♪
ナスやピーマンを採りに行き、すぐ横のとうもろこしを一本 採ってみて びっくり。
夫は、次の休みに採ろうとしていたようだが、これ以上 おけないと、
とうもろこし好きの私は 思った。
1本 2本と採り とうとう ほとんどを収穫。
すぐに 茹でた。
いい臭いだぁ!
やはり 夏といえば、とうもろこしだね。
子供のころ 夏の夕方、遊びから帰ると、家の台所のほうからは いつも こういう臭いがしてきた。
息子に、夏の食べ物といえば?と聞くと
「冷やし中華・・かき氷・・スイカ・・」と
とうもろこしは 出てこない。


2005年 4月 24日

朝食のひとしな・・生ふりかけ


甘塩シャケを焼き ほぐして、ちりめんぼし めんたいこごま 海苔を混ぜた。


たけのこほりがしたいという娘と夫と  昼頃 実家へ行った。
冷蔵庫をあけると、臭いが・・・・
一人暮らしの母の 大型冷蔵庫 ふたつには 物がぎっしり。
ヘルパーさんが 来てくれているので 油断していたのが 悪かった。
3分の2 ほどは、賞味期限を とっくに過ぎたもの。
食べること 買うこと とっておくことが大好きだから、こうなるのは自然のなりゆきだ。
卵なんぞは 奥のほうからも出てくる 出てくる〜50個ほど!先月 あげた トマトがそのままあったし。
捨てるものが ゴミ袋 3個になったところで 疲れて おしまいにした。
前回 片付けた時「冷蔵庫の中のものを くんが みんな捨てちゃった」と弟に 愚痴ったらしいので、見ている前で 見せて 了解をとって 捨てたけれど、きっと 捨てられた!と思っていることだろう。
夕方「お昼ごはん 食べたっけか?」と言ってたぐらいの状態だから。
きれいなハギレを、15枚 買っていった。
それを見て とっても 喜んで 袋を作ると言っていた。
そういう時のおばあちゃんは、かわいい。
大切そうにしまったけれど、しまった所を忘れそうだねと帰りの車の中で言うと、娘が そういうこともあるだろうとしまう所を見てたよ〜〜と場所を教えてくれた。(笑) 


 

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 13 | 14 | 15 || Next»