«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2017年 1月 28日

ほし芋



 安納芋とシルクスィートで干し芋を作り、
干し芋が大好きなつんちゃんに送った。
作り方を書いた紙を添えて。
「むして」ということばを違うことばで・・と迷ったけれど
きっとママやパパがわかるように説明してくれると確信。 

      だいすきなつんちゃんへ
  さつまいもをむして、やわらかくなったら
  かわをむいて、
  きって、
     1・・・
     2・・・わお〜、つめたいかぜ!
     3・・・
         3かいよるがきて
         あさになったら、
  ほらっ、おいしいほしいものできあがり♪
  たべてね!

ほし芋も、作り方もすごく喜んでいるとメールが届いた。
それから何日かたち、ママからメール。
   干し芋を毎回「わーい、燒津じぃじばぁばの干し芋だー!」
   と喜んでから食べています(笑)

ばぁばが作ったんだけど、いつもばぁばとじぃじはセットのようだ。(^_^)





投稿者: kun - 午後 02:20 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 12月 15日

キウイジャム



実家の庭にあるキウイを採った。
弟と夫と3人で。
2本ないとキウイは実がならないそうだが、
1本枯れたのか切ってあるのに、なっていた。
小さいキウイの皮をむいて重さを量ったら3キロぐらい。
ジャムを作った。
うちのレモンを仕上げに入れた。
甘酸っぱいジャムができた。

棚の下に舞い落ちた葉をほうきではき、まとめて
袋に入れて持ってきた。
堆肥にするのだそうだ。
来年の春には野菜や花を元気にしてくれる堆肥に。
きれいに掃除され〜一石二鳥♪
私たちの姿を見て、
亡き両親はきっと喜んでいてくれるだろう。




投稿者: kun - 午後 07:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 8月 25日

ピザ


 ピーマンとなすを畑から採ってくるところから、ケンとのピザ作りの
始まり♪
粉など材料を計るのも、今まさに学校で単位などやっているところなので
興味をもってやる。
 ぬるま湯(40℃)75MLを入れるのも、大もりあがりだ。
40℃ってどれぐらいの温かさなのか?
いつものお風呂よりも少しぬるめ?指でつっこんで、熱過ぎ!というだけ
で爆笑してる。
 「スキムミルクは家に今ないから、かわりに牛乳で大丈夫だよ〜」という私に
「スキムミルクって粉じゃないの?いいの・・牛乳で?」と不信顔。
料理というのは、家にあるものでざっと作っても、美味しいものができることを
わかってくれたかな。


投稿者: kun - 午後 05:26 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 4月 07日

スルガエレガント



 今年も、甘夏狩りにみんなで出かけた。
つんちゃんママの実家(長野)にも、箱詰めにして送った。
スルガエレガントファンのじーじ・ばーばの喜ぶ顔を想像して、
つんちゃんもお手伝い♪


投稿者: kun - 午前 08:20 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 3月 23日

金柑ジャム



 金柑をもらったので、早速ジャムに。
ヨーグルトに入れて食べている。
キウイジャムの方が好きと夫は言うけれど、私は金柑ジャムの方が好き♪

 

 公園に自転車で行き、おにごっこをした。
だれ!? おにごっこしようなんて言い出したのは!?
丘のような広い所もある公園で、67歳と64歳と、8歳の男の子・・
最初にオニを決めるじゃんけんぽんをして、負けたのは8歳児。
かくれんぼか?と思うくらいに隠れていたって、見つかればあっという間に
さわられてしまう60代・・・(トホホ)
 最後には、60代ふたりがオニになり、はさみうちにして、ようやくさわれた。
たまっていたストレスの解消にはなったが、今日一日分のエネルギーを
すべて消費してしまい、疲れ果てた。

 


投稿者: kun - 午後 04:45 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 2月 19日

和菓子とパウンドケーキ



 2ヶ所の会合に行った夫が、そこに見えたそれぞれの方の奥様が作られた
お菓子をいただいてきた。

〜想像だけど〜
「(和菓子)うちのおかーさんが作ったから・・♪」
(↑いつも奥さんがよく尽くしてくれているとにこにこしながら話される人で
  おかーさんと呼ぶ。洋裁でも料理でもなんでもプロ並みに出来る奥様)
「(パウンドケーキ)ワイフが作ったんだよ」
(↑奥さんをはちらっとしかお見かけしたことがないが、奥さんのことを愛し尊敬
  しているということが言葉の端々から伝わってくる)
嬉しそうにちょっと得意気に出されるふたりのご主人の顔がうかぶ。
 
 私が一番これが好きだろうなと一個しかなかったあんこたっぷりのお菓子をゲット
してきてくれた夫(^o^)
妻が作ったものをいそいそと持っていく喜びを味あわせてあげることができず
申し訳ないなあと思いつつ、美味しくいただいた。



投稿者: kun - 午後 08:52 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 1月 26日

キウイジャム



 実家の父が植えたキウイが毎年実をつける。
採ってきてジャムを作った。
ヨーグルトに入れて食べている。
父も喜んでいるに違いない。
 お正月後、家に泊ってくれた10年ほど前の牧師の娘さんAちゃんが
「(もらった)キウイジャムが美味しかった」と言っていた。
今年成人式を迎えたAちゃんが小学生のころなのに、よく覚えていてくれたなあ
と驚いた。 
 Aちゃんのママは美味しかったと言われていたことは覚えているが、お世辞かな・・?
とその時は思っていた。
 人のほめことばをそのまま受け取らないへそ曲がり的な所が私にはあったと思う。
少しずつ変えられているみたいだ。
この頃ではわりと素直に受け取り、そう思ってくれることをありがたいなと思えるように
なってきている。
歳のせい?(^^ゞ




投稿者: kun - 午後 09:02 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 1月 05日

あんぽ柿



 昨年の12月のこと〜独身の息子からのプレゼント♪
よく行っているスーパーに置いてあって、結構な値段のものらしい。
一度食べてみたいと思っていたのだそうだ。
給料が入ったし、ボーナスももうすぐだから!と思い切って買ってみたという。
 濃厚な自然の甘さが広がる。
結婚していたら、実家に持ってきてくれるなんてことはないだろう。
あっても、箱ごとということはないにちがいない。
それはあたりまえのことだけど。
 子供が、独身でいるのもいいもんだなあ・・なんて、ちらりと思ったことは息子には
絶対ナイショにしておこう。

投稿者: kun - 午前 09:07 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 9月 23日



 熟れすぎだったり、傷がある柿をいただいた。
ヨーグルトをかけて♪
 

 
 W杯男子バレーボール大会が終わった。
おもいがけず予想外の強さだったので、ハラハラしたり しびれたりしながら
声援を送った。
若い石川君、柳田君、山内君たちに今度はいつ会えるんだろう。
しばらくの間、毎日のようにテレビで観ていたので、会えなくなるのは寂しい(-_-;)

投稿者: kun - 午後 10:11 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 7月 16日

ゴーヤ スムージー



 朝 ゴーヤスムージーを飲む季節がまた やって来た。
朝 起きてすぐの夫の仕事♪
昨年までと違うのは、できあがったスムージ‐に、ひと匙の
えごま油をたらすところ。


投稿者: kun - 午後 05:08 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»