«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 9 | 10 | 11 || Next»

2012年 3月 20日

グリーンピラフ

null

 東海地区のある総会の会場へ 花の鉢を持っていって飾ろうか・・と突然 今朝 
思いついた。
八重のプリムラジュリアンやデージーが満開で 沢山の花をつけてかわいらしく
咲いている。
その会場には花壇があるけれど、鉢花があれば なお きれいでいいかなと思ったのだが、
「余計なことして!」と言われたら つらいなあ・・・と思い・・・
迷いつつ・・・寂し気な場所があったら、そっと飾ってこようと一応 持っていった。
 車を玄関に横付けし、置くスペースがあるか見ていると駐車場の係の(現役員で
一昨年まで 一緒に役員をやっていた)人が走ってきて、3つの鉢を車から出して置くのを
手伝ってくれた。
「(花を見て)和んでもらえればいいなあと思って♪」と言うと
「それなら そこで○○さん(私の名前)が 立っていてくれれば、もっと和みますよ」
ですって!!^_^;
 100パーセントも 200パーセントも全くのジョークということはわかっているけれど、
あらためて なんて優しく 気のきいたユーモアのセンスがある人なんだろうと思わず
吹き出しながら、持って行く途中の道々での心配がふっとんだ。
きっと このことは一生忘れられないできごととして 心に残るだろうと思う。(ちとオーバー!?)
私も今日のお返しに、いつかどこかの誰かさんに、こんな言葉かけをして にんまりさせて
あげられたらいいなあ♪ 

2010年 10月 31日

栗おこわ

null


 母が今年も沢山 栗拾いをしてくれて、実家に行くと どっさり 持たせてくれた。
「近所の人や友達にあげな!」と言って。
ありがたいな。 年をとって耳が遠くなり 物忘れもひどいけれど、子供への愛情は
しっかりと変わらない。
栗は、冷蔵庫で一ヵ月ぐらい保存すると甘みが増すだそうだ。
あちこちにあげて〜残ったものは、もう少しでそれくらいたつ。 
大切においしく食べたい。

 このところ、孫は昼寝をしないと変な時間に眠ってしまい、本格的に寝るのが
遅くなるということだ。 そんなわけで、昼寝はさせたほうがいいだろうと思うのだが、
なかなか寝ないので、車に乗せて用事をすませ 帰りに寝かすというパターンに
なっている。
一昨日、ミスドの帰り、そのまま帰ると寝そうにないので遠回りをすることにした。
よ〜〜く 外を見て、病院の前を通ると「○○バアバ(ママの親)が、病院に来て・・・」
と話しだし、そのうち「なんで ぐるっとまわるのぉ?」と言う。(^^ゞ
もう 仕方ないので帰ろうとすると、私の手をとり 臭いをかいで
「バアバの匂いがするっ」
「(えっ) どんな匂いなの?」
「味噌汁の匂い!」
夜 そんな話をして、ママの手の匂いはどんな匂い?と聞くと
ママの手をとり
「お風呂の匂い!」ですって♪  

 夫が中心になってやっていて 私も非常勤で働いている
NPO「野いちご」のHPをここ数日で作った。
これから もっと充実させていきたいと思う。
何時間もPCの前で 気付くと夜中の一時というような熱中ぶり。
久しぶりに時間を忘れて 打ちこめて〜まだ できるなあと自分でも驚いている。



2010年 6月 14日

筍ごはん

null


 先週の土曜日実家に行くと、細い筍が茹でてあった。
これで、筍の季節はおしまい。

 夫が一年間 関わってきたNPO法人の(障がい者)就労支援事業所が
新しく再出発することになり、夫は(フルタイムで働く)管理者となった。
いろいろなゴタゴタに巻き込まれ、もみくちゃになっていた夫を励ますつもりで
私もできる限り 手伝うし〜大丈夫よ!と言ってしまったのがウンのつき、
私も6月から 週に2日 働くことになっ(てしまっ)た。 一応 午後1時までだが、
利用者さんたちと昼食を食べ、記録を書き、途中で買い物をして帰ってくると
夕方になっている。
夫は工房で、私は 少し離れたところにある(軽食)喫茶。
 専門的なコーヒーの入れ方も知らず、家庭料理しか作ったことがなく、
レジも打ったことがない私が よもやそういう店で働くことになろうとは〜〜〜
人生 わからないものだ。
しかも そういう中で 障がい者が働くことを支えることが仕事。
 どうして この歳になって、こういう責任を伴うことをしなければならなくなったのか?
などと考えたところでしょうがないので、これは、今 私に与えられた役目なのだと
思うことにしている。
神様は、私が必ず できると思うから、この仕事を与えたに違いないと。
なんでも 一見できそうで、実はすべてに荒削りできちんとできない私を訓練して
みがきをかけようとされているのではないかと思っている。
それにしても、かなり努力が必要だ。 

 


2010年 5月 22日

筍丼

null


 夜中のこの時間。 
すぐそばの田んぼのカエルも眠りにつく。
読書をしたり、聖書を読んだり、ネットを開いて説教などを読んだり、ぼんやりしたり。
 今朝、荷物を前と後に沢山積んだ自転車で通ったホームレスのおじさんらしき人は 
今頃どうしてるんだろう?
「おはようございます!」と声をかけると
「おはよう! きょうも暑くなりそうだぞ!」と黒光りした顔はにこやかだった。
奥さんを最近亡くされた方のブログには、奥さんのことがほとんど書かれていないのは
なぜ?などと 全く 想像するしかないようなことを思いめぐらす。
一人暮らしが人生の半分近くなった娘のことも いつも想う。
 明日の朝食のしたくも さほど 気にならなくなって、やれるようにやればいいと思えば
時間がたっても あせらない。
たぶん 早く休んだほうが 健康にはいいんだろうなと思いつつ、いつまでも
起きていたくなる。
いったん 疲れて眠くなるが、それを過ぎると目が冴える。
時々聞こえる夫のいびき、息子たちがまだ起きているらしい物音
きっと それらがなければ、ただただ寂しい時間になるのかもしれない。
  

2010年 4月 28日

かつ丼

null

 かつ丼にも もちろん 筍が入っている。
筍は、料理がワンパターンになると飽きてくるが、 いろいろと工夫すれば
とても さっぱりした じゃまにならない具材だ。(と思う)
 筍ごはんも、酢飯にしたり 山菜おこわのようにしたり、炊き込みごはんに
もできる。煮物だけでなく、チンジャオロースのような中華にもあうし、バターで
焼いて醤油をジャッとかけたり、酢みそで和えてさっぱり食べるのもいいし。
 筍はこの時期 毎日食べるのがフツーの我が家なのだが、よその家に
差し上げたとき、どれぐらい喜ばれるのか? 迷惑になるのか? わからないこと
あり、おすそわけするのが難しい。 今年は、今のところ 25軒にあげた。
大体は電話して、あるかどうか聞き 反応を確かめてから、あげることにしている。
ほとんどの人は、とっても喜んでくれ、美味しかったと言って下さる。
電話をして断られることもあるが、上手に断ってくれるので 別にそれはそれで
気にならない。
 今日は、ちょっと ちょっと だった。
ある集まりのとき、何人分か持って行った。 
「筍 持ってきたんだけど♪」
「筍かぁ もらって食べると またどこかからもらって やっと食べたとこだった!」
そう 言いつつ
「隣の家にあげるかな」と持っていったのだった。
 30日に夫が所属しているグループで持ち寄り食事会をすることをすっかり忘れていた。
夫は、筍料理を持っていくと約束してあったんだった・・・
一品作れるぐらいの量しか残っていない。(-_-メ)
明日は掘りに行けないし。 
実家と息子のところにもあげると3軒分 持って行った人があったなあ。。。。
もう一人は、「今 家にあるけど」と言ってたのに、「水を張った中に入れて冷蔵庫に
入れておけば10日は大丈夫よ」と言うと「それじゃあ もらってく」とたいして
嬉しそうでもなかった。
持ち寄り食事会のことをすっかり忘れて、足りないと困ると思い、7軒分も 用意して
いった私がバカだった。 




2010年 4月 20日

筍寿司

null

 18日午後 今年初めての筍堀りに出かけた。
(一人住まいの)母の、「筍堀りにおいで!」コールは今年は、なかった。
もう 来年もきっとないだろう。 
人に気づかわれ、自分の衰えた身体を瞬間 瞬間 維持し支えていくのに 
精一杯なのだ。 そうしていてくれるだけで、私たちもありがたいと思う。
 実は、母が電話してこなかったから、行かなかったのではなく、夫も私も予定が
ない日がなかなかなくて、例年より だいぶ遅くなってしまったのだ。
 隣の竹やぶのやっちゃん(65歳ぐらいかな? 田舎では ちゃんづけでよぶことが
多い)が、「今年は、○○○(私の本名)ちゃんが筍堀りに ちっとも来ないけど
どうしただか・・・」と、たまたま 近所のお年忌で兄に会ったとき、話していたのだそうだ。
兄が電話で、兄嫁もいろいろと心配して どうしたのか? なにがあったのか?と想像して
いるらしいことを話していた。 その想像は、全然 はずれ。
 兄夫婦も やっちゃんも なんと 優しいこと!! 
人のことを気にかけることができるということは、心の余裕があるということでもあるだろう。


2009年 9月 14日

栗おこわ


null  

 母が作ったミニトマト〜これは作り過ぎだと思うけど・・・玄関にミニトマトがぶどうの房
のように飾ってあった。 台所に行くと台所にも、ミニトマトの赤々とした房が♪
家の中に母の姿がない。きっと 栗林に違いない!と行ってみると拾った栗が入って
いる袋を提げて、途中で近所の人と話しこんでいた。 
その栗と前日拾ったという栗をもらってきて 早速 栗おこわ。


 いよいよ今週の土曜日19日 柴山晴美さんのコンサートがある。
プログラムも届いて、わくわく♪  皆様 お待ちしています。

柴山晴美(ソプラノ)羽賀ゆかり(ピアノ)
チャペルコンサート プログラム


浜辺の歌   林 古渓作詩・成田為三作曲
浜千鳥   鹿島鳴秋作詩・弘田龍太郎作曲
からたちの花   北原白秋作詩・山田耕筰作曲
びいでびいで   北原白秋作詩・平井康三郎
叱られて   清水かつら作詞・弘田龍太郎作曲
ピアノソロ:月の光  ドビッシー作曲
ちいさい秋みつけた   サトウハチロー作詩・中田喜直作曲
むこうむこう   三井ふたばこ作詩・中田喜直作曲
わたしとことりとすずと   金子みすゞ作詩・中田喜直作曲
風をみたひと   クリスティナ・ロゼッティ作詩・ 木下牧子作曲
〜休憩〜
クロリスに   アーン作曲
おいで、芝生は緑   グノー作曲
ピアノソロ… イタリア組曲   バッハ作曲
樹木の陰で(ラルゴ)   ヘンデル作曲
私を泣かせて下さい  ヘンデル作曲
ピアノソロ…主よ、人の望みの喜びよ  バッハ作曲
讃美歌より  ・またき愛たもう神よ
       ・ガリラヤの風かおる丘で
オペラ「ロミオとジュリエット」より… 私は夢に生きたい  グノー作曲


2009年 8月 29日

牛丼

null


 しだれ梅に虫がつき、枯れた葉が目立っているうえにボサボサで
なんとかせにゃ・・・と思っていた。
表の花壇はきれいになっているが、裏はどうかすると後回しになって
しまっている。
 今日は、曇っているし やりどき!と大決心して、気合いを入れて
とりかかった。昼ごはんにはカレーがあるから、みんな勝手に食べ
てくれるだろうと。
 録ってあったお笑い番組を見ているのか、下の息子の笑い声が聞こえ
てくる。仕事がしんどそうで、帰ってくると話しかけても言葉数の少ない
日々で 心配だったので、笑い声を聞くのはなんとも嬉しい。
 片方の耳にはイヤホーンをして、聖書の朗読を聴く。
家事をしながら最近 創世記から聴きはじめている〜今は詩編。 
 「植木屋さーん お昼ですよぉ」中から夫の声。
「あ〜 おかまいなく」
やり始めたら 止まらなくなるのだ。 
4時間ぐらいたち、見違えるようにきれいになった。
長い長い詩編の朗読はその間 ずっと続いていた。
 家に入ると、夫は英会話教室に出かけ、息子たちの車はなかった。
2時過ぎに遅い昼食。 疲れたけど、愉しい時間だった。








2009年 6月 22日

にぎり寿司

null
寿司実」から とったもの。


 自転車で食べに行こうかと思ったら、雨が降ってきたので、とることにした。
息子たちがいないとき、どうして こうも食事の支度をする意欲がなくなるのだろう。
夫がいれば、まだ それでも 作ろうとするけれど、ひとりだと全くやる気がなくなる。
 友人のお姉さんの独身でひとり住まいの息子さんは、(夕食だけだと思うけど)
いつも5〜6品は作って食べるのだそうだ。 あえて そうしているんだって! 
えらいねぇ☆ ほんとに感心だねぇ☆
その彼にうちの娘はどうか・・とこの前から 親同士は話しているのだが〜
彼は庭師。その仕事もいいなあと思うし、東京住まい。
あうんじゃないかなあと思う。
 その昔なら、出会いを設定し、本人たちも周りの人の意見を聞いて 結婚し、結構
仲良く良い家庭を築いていくということはあったことだけれど。
・・・娘の場合 聞く耳など持たないから、まあ 無理かな。





2009年 2月 21日

ちらし寿司

null


 きょうは、午前と午後に分けて二組のお客様があり、珍しく喫茶部♪が大賑わい。
まずコーヒーを入れ、1時間ぐらいして緑茶を入れる。
どの器がいいかなあなどと考えるのも楽しい。
それほどたくさん種類があるわけではないけど^_^;
いただきもののお菓子やキューイもきれいに並べてっと。
どちらにも花粉症の人がいたので、ティッシュの箱も必需品。
 今回は、大切な要件があって見えた方たちだったので、ちょっと気を使ったが、
そういうのではなく、誰でも 集まって のーんびりお茶など飲んで、ゆっくりできる
ような空間を作れたらいいなあ。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 9 | 10 | 11 || Next»