«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 165 | 166 | 167 || Next»

2018年 3月 08日

明太子カルボナーラ



 ネットでホテルを予約しようとして、危うく怪しいサイトの手口にひっかかりそう
になった。
当日払いにしたのに、それで完了なはずが、すぐにメールが入ってこないので
おかしいと思い、直接そのホテルに電話して、予約されてるか調べてもらうと
予約されていないという。
当日払いでもいいものは、楽天とそのホテルの公式HPだけという。
もう一度、その問題のサイトを開いてやってみると、当日払いを選択しても
どうしてもカード情報を入れないと完了にならない。
 あとで、調べてみるとそのサイトで詐欺被害にあった人たちの証言が続々
出ていた。予約してないホテルのホテル代としてカードで落とされていたり、
連絡しようとしても連絡がつかなくて、海外で困ったり!
カード支払いは便利だが、今後も気をつけなくてはと思う。しかし、携帯番号は
知られてしまった・・生年月日も!まあ、それはいいけれど。

 今年になって、「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という葉書が
私宛に届いた。連絡なき場合は、給与などの差し押さえ及び、動産、不動産の
差し押さえを強制的に執行させていただきますので・・・なんちゃらかんちゃら・・・
と怖いことが書いてあった。
法務省からということになっていたので、法務省のHPを開いてみると、こういう
詐欺葉書に注意するようにと、葉書が貼ってあった。
 私は用心深いし、ネットで法務省のHPを開けてみたりできるけれど、そういう
ことができない人は、問い合わせ先に電話してしまい、巧妙な手口で騙されて
しまうんだろうと思う。一応 警察に葉書を持っていったが・・・
その後、ニュースで、そういう葉書による被害が出ていることを報じていた。(やれやれ)

投稿者: kun - 午後 03:40 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2018年 3月 01日

ミネストローネ




先月の同窓会で、中学の時親しかったKさんといろいろ話がはずんだ。

「若竹千佐子さんの芥川賞をとった小説読んだ?」
「うん、今読んでる!」
「カズオ・イシグロさんの本は、難しいねぇ・・」

Kさんは、中学の頃読書家だったというイメージがある。
私は、その頃は読書感想文を出す時に読む程度だったと思う。
半世紀以上の時が過ぎ、
本のこと、息子家族とのつきあい方などなど、話が尽きることはなかった。
中学の頃は、どんな話をしていたのか・・あまり記憶にないが、Kさんは
9人兄弟の末っ子のせいか、私の知らない世界を知っていて、政治のことなど
他の人とは話題にならないようなことを熱く語ってくれていたように思う。
子どもっぽかった私に比べ知識が深くて、教えてもらうことが多かった。(ように思う)

若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」は、一気に読んだ。
最後の所では、泣かされた。

投稿者: kun - 午後 07:05 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2018年 2月 27日

マス寿司



 息子宅から帰る時、息子がお土産に持たしてくれたもの。
半月以上離れていた家に帰った夜、夫とふたりで美味しく食べた。
愚痴など夫に聞いてもらいながら食べたと思うが、それももう遠い日のこと。

 今日は、亡き母の誕生日。生きていれば、93歳!?
大切に育ててもらい、たくさんの愛をもらった。
子どもの頃、母の手作りの洋服を着ていたことを思い出す。




投稿者: kun - 午後 08:09 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2018年 2月 24日

エビとネギのバター焼



 更新の仕方を忘れそうなほど、ほったらかしにしてしまった。
でも、よくしたもので更新はすぐに思い出した。
 自分の思いなど書くのは好きだけれど、ここをしばらく離れている間、
他の所では、書いたものを校正されたりもして。
素直に聞き入れる時もあったけれど、いいじゃないの?こういう言い回しでも・・
ということもあった。また、こんな明らかなミス! 直してくれれば良かったのに!
ということもあり。自分勝手なものだ。
 3年間の役割をもうすぐ終える。あとは総会議事録を完成させて送り、引き継ぎを
するだけとなった。
やるっきゃないと走り通した3年間が終わる。
役員仲間のうちでひとり、一緒にやっていくのが大変な人がいて。
私が至らないためかと落ち込むこともあったが、誰に聞いても、皆が彼女に対して
同じ思いをもっていて、私を応援してくれたので、それは救いだった。
 この体験がどういう意味があったのか、今後わかっていくのかもしれない。


投稿者: kun - 午後 08:17 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 12月 18日

つんちゃん弁当



けんちゃんが習字の帰りに寄った。
夕飯を食べていくという。
会う度に背が伸びていく感じがする。
3歳前後の頃、初めてひとりで泊まった日の話になった。
パパ達は心配して、夜中帰りたいと言ったら ,いつでも
迎えに来るから・・と言ったが、朝までぐっすり寝ていたっけ。
赤ちゃんの頃からよく来ていたもんねえと。
「なじんでいたしね〜(ばあばのこと、)もうひとりのお母さんと
思っていたかもしれないね」
とけん。
なんてかわいいこと言ってくれるんだろう♪
この言葉を思い出せば、数年は幸せな気持ちで過ごせそうだ。
来年は5年生になる。

投稿者: kun - 午後 09:00 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 12月 02日

宗教改革から500年

 マルティン・ルターの宗教改革から500年の時がたった
2017年は、いろいろなイベントがあった。
11月23日には長崎の浦上教会でカトリックとルーテルが
合同で、シンポジュームや礼拝がもたれた。
その記念すべきイベントに参加できて嬉しかった。
 あと1ヶ月で2017年も終わる。

 

投稿者: kun - 午後 09:09 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 29日

つんちゃんのお弁当

息子のPCから投稿しているので、写真なし。

つんちゃんのお弁当を作り始めて4日。
今日帰ってきてから、
「ごぼうと人参としいたけ(きんぴら)入ってたでしょ? どうだった?」
と聞くと
「あれ食べたよ! あしたも入れてほしい!」
いつもお弁当は全部食べてきてくれるけど、アンコールが出たのは
初めてで〜とっても嬉しい。
名古屋に来て1週間がたとうとしている。
今日は、ママとベイビーが退院してきて、明日からは3食 きちんと
作らなければならない。
頑張ろう!!


投稿者: kun - 午後 09:41 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 19日

きんぴら



 昨日は朝から名古屋に行き夕方まで、会議だった。
明日は山口、明後日は福岡〜その後長崎に行く。
マルティン ルターの宗教改革から500年の時がたち、
今年は記念のプログラムが盛りだくさん。
長崎のカトリック浦上教会では、カトリックとルーテルの
合同礼拝やシンポジュームがある。

24日に名古屋に立ち寄り、二男家の第2子に会う。
夫はその日帰宅し、私はそのまま名古屋に滞在し
産後の手伝いをする。
 今日友人に、「寒くなったから風邪ひかないように
気をつけてね」と言われた。
なんと優しいこと!ありがとう。
寒くなりそうだ、ほんと、気をつけなくては。(~_~;)

投稿者: kun - 午後 08:58 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 14日

煮豚



 小学校3校と中学校の合同同窓会が来年2月ある。
返信は、11月末までにしなければならない。
出席しようかどうしようか・・・迷っている。
なんで迷っているのか夫に聞かれ
「太っちゃったし、、、」と私。
「しょぼい理由だねえ」とあきれられた。
 実は、ほんとはそれだけじゃない。
高校の同窓会は、一年おきにある。
いつも誘い合って行っている。
誘い合う〜って、結構大事だ。
誘ったり 誘われたり♪
次の同窓会でまたきっと会おうね!と前の同窓会で約束しあったり。
 小中の同窓会は、どちらかというと私から誰かを誘ったり、
誘われも誘いもしないで、行くことが多い。
誘われてないし、、、と今回はいまいち乗り気になれない。
それに、返信先になっている幹事の代表者って、
中学時代も話したことない気がするし顔も忘れてるし(~_~;)



投稿者: kun - 午後 07:00 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 13日

クリスマスカード



今年は早々と夏頃から、クリスマスカード作りにとりかかっている。
写真は「まきばの家 こどもの家」
のこどもたちに送る手作りのお菓子などを詰めた袋に
貼るカード。
35人分を7つの女性会に作ってもらっている。
デザイン考案は、会計のIさん、見本を入れたキット作りは書記のYさんが
担当してくれた。

私の所属女性会は、高齢の人たちが多くて、この作業は大変なので
私が昨夜から、やり始めた。
とりかかるまでは、私にも難しそう&めんどうな気がして。。。
孫娘にやってもらおうか、それとも嫁に頼もうか・・と思案していたのだが、
いざやり始めたら もう楽しくて楽しくて♪
かわいいクリスマスカードを考えてくれたIさん、キットを作ってくれたYさんの
ことを想い、受け取るこどもたちの姿を想像し。
小さい花や鈴、葉っぱなど丁寧にきれいに切り、それを整然と袋に入れ、
両面テープまで 必要な量を考えて入れてあり、感動した。
こんな細かい作業は、Yさんでなければできないことだ・・
どんなに大変だったろう・・よくやって下さったなあとほんとに感謝 感謝!
孫娘たちに頼まず自分で組み立ててみたからこそ感じることだった。
すべては神様の計画のうちにある♪




投稿者: kun - 午後 03:33 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 165 | 166 | 167 || Next»