«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 162 | 163 | 164 || Next»

2017年 10月 16日

オクラの肉巻・ゴーヤの肉包み



 月1回の資源物の収集時、隣組が順番に当番をやることに
なっている。持って来た人が、アルミやスチールなどなどに
自分で分けていれるので、当番は監督&入れ物が満杯に
なると交換する。
 今日は私たちの組が当番の日。
あらかじめ希望を出している時間に出ていく。
私は7時半から30分間だった。
今日は、雨降りで風もあるので
「今日持って来る人は、よほどたまってしまった人か
毎月出さないと気がすまないきちんとした人だよね」などと
言っていた〜結局、持って来る人は少なかった。
たまにこんな時、当番として顔をあわせる顔ぶれは
年々高齢化している。
近所の人たちなので、和気藹々とあっという間に時間は過ぎていく。
「しゃべっていたら、終わっちゃったねぇ」
「こんな雨の日に立ち話するなんて、こんな時でもなきゃしないよね」
「うん、ないない」と。
年2回まわってくる当番の仕事終了。

 

投稿者: kun - 午前 10:30 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 15日

コスモス(内側が濃いピンク)



 歯の治療は、前回いつ終わったんだろう・・?とこのブログを見ると
4年前だった。
歯医者さんに「1年半もの長い間(通って)ご苦労様でした」と言われた。
その前はどれぐらいあいていたのか・・・というと2年半。
ずっと断続的に歯医者通いは続いていたが、4年も行かなかったとは♪

次男のところで第2子が11月末帝王切開で誕生予定。
20日〜24日までの長崎旅行を前から決めてあったので、帰りに名古屋へ寄り
そのまま2週間ほど産後の手伝い〜4歳の長女の世話をすることになる。
その後は、次男妻の母親に交代する。
「ママがいないあいだ ちゅんちゅん(自分のこと)は、ばあばにわがまま
いわないで いい子にしてるよ」と言っていると聞いたが・・。
毎日お弁当の幼稚園なので〜美味しいお弁当が作れるか ちょっと心配。

歯の治療が重なると大変なことになるので、歯を大切にしなければ。

投稿者: kun - 午前 06:31 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 14日

コスモス



 家の庭から見るコスモス。

孫の幼稚園の運動会の様子を写真を添えて次男妻が
メールで教えてくれた。
幼稚園によっては、運動会は発表会の場と考えている所も
あるようで運動会の前は、毎日練習させ、遊戯などびしっと
やらせる所もあるそうだ。
また、夜中の3時頃から場所取りをしたりするところも。
孫の幼稚園はそんな必要もなく、練習も時々やる程度で、
運動会にはゆっくり出かけて行き、木の下の日陰でのんびり
楽しそうな子どもたちの様子を見られて良かったと言っていた。

ママ友からの情報や実際に幼稚園をまわって決めた幼稚園だった。
今度は小学校をどこにするか もうすでに考え始めている。
大変だなあ・・・と思う。



投稿者: kun - 午前 09:30 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 13日

キウイの周りのコスモス



今年のコスモスは、濃いピンクや白もバランス良く混じっていて
美しい! 家の中から、なんともきれいだなあと眺める。
その前を通る人も楽しんでくれている姿が見られて嬉しい。

ふるさとの同級生たちがコスモスを道路沿いに植えた(300本?)
と聞いていたから、一昨日楽しみに帰省した。
十数本は咲いていたかなあ・・きっと、毎年増えていくと思う。
実家の畑の周りにあった柿が今年はどうだろうねぇ・・と弟と
行ってみた。弟の手にはカマ! イノシシが来たらこれで
お姉ちゃん(私)を守ると。(~_~;)
荒れた畑の周りの柿は虫にもやられていたが、実をつけていた。
ヨツミドの熟した柿や甘柿を弟が採ってくれて、「美味しいねぇ!
子どものころ おやつだったよね」と食べた。
畑など荒れ放題だけど、家がまだあって、亡き両親が植えた柿を
一緒に食べることができる兄弟がいて幸せ☆☆☆


投稿者: kun - 午後 08:13 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 9月 15日

とうもろこし



畑から採ってきたとうもろこしをすぐに茹で、冷めたら冷凍して
おいたもの。
レンジで解凍してそのまま食べてもおいしいけれど、醤油をつけて
お祭りのとうもろこし風にしてみた。
美味で美味で〜郷愁を誘われるなんとも良い香り。
こんな美味しいとうもろこしを味わうことができるなんて 
幸せだなあとつくづく思う。



投稿者: kun - 午後 04:13 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 9月 07日

赤ちゃんヤモリ



3〜4センチぐらいの小さなヤモリ。
家の中の壁にじっとしていた。

調べてみると、「家守り」とも書くそうだ。
家の中の害虫を食べてくれるという。
10年以上は生きるらしい。
えさを入れてやらなければならないので、
飼うのは大変だそうで・・・
よく見ると目はかわいいが
足の姿はちとグロテスクで
どちらかというとあまり好みではない。


投稿者: kun - 午後 05:00 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 9月 06日

卓球台



卓球台ねぇ・・・あったら楽しいでしょうね・・
でも、どこへ置くの!?
場所をとるねぇ。。。まあ買うとしてもおもちゃの小さいのでしょ!
と、優柔不断な私は躊躇していたけれど、
決断力のある夫はさっさと公式の大きさのものをネット注文し、
届くと組み立て ふたつの部屋をまたいでセットした。
向かい合った部屋はなんと寝室でもあるので、寝る頃になると
そのままひとつの部屋に移動して置いておく。
ふたりで生活している今はそれでいいけれど、子どもたち家族が
来ると卓球で遊ばない時は、畳んで廊下に置くことになる。

一番喜んでいるのは、小学4年の孫?
汗かきかき頑張って対戦しているのはそのパパ。
卓球台がきてから数日〜孫たちにおいてかれている。
ムキになって打てばオーバーするし、柔らかくやればネットにかかるし。(~_~;)
上達できる気がしない。


投稿者: kun - 午後 09:41 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 8月 26日

さつまいも



一個だけ大切にし過ぎて戸棚にしまっておいたら、小さな芽を出した。
観葉植物代わりにすることにした♪
お皿に載せて外に出すと勢いよく葉が増えていき〜毎日見るのが楽しい。

朝、雨戸をあけると物干し竿に止まっている鳩が。
私を見ても逃げない。
竿にうんちをされても嫌だし・・・外ばきのサンダルの片方を縁側から エイッ
と投げた。3〜4メートルぐらいのところだから、当たるはずないと
思ったが、なんとなんと 鳩のど真ん中に命中!!
小さい羽がパラパラ舞い落ちて。
飛んでいき電線に止まった。
鳩は驚いただろうが、私もびっくり。
ソフトボールをやっていた時の感覚を思い出した。
投げたり、取ったり、打ったり〜楽しかった若かったあの頃。
嬉々としてみんなでやっていた、17年間も。




 



投稿者: kun - 午後 10:06 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 8月 25日

ゴーヤチャンプル



東名の東静岡にできるスマートインターチェンジの周りにある
土地計画が進められている。
地権者説明会に、時々夫にくっついていく。
工業地域や住居地域などエリアに分けられているのだが、
その表の中に、建築物の種類で制限されるもの等が書かれている。
「危険性が大きいか又は著しく環境を悪化させるおそれがある工場」という
項目。勿論、住居地域には建築できないものとなっているが
工業地域には許可されるとなっている。
住居地域と工業地域の間は10メートルほどの緑地帯があるとはいえ・・
皆が気にもかけていない様子だったことも、私にとっては驚き。
質問がいくつか出されたが、ほとんどが自分の土地がどのように利用され
そのことによる自分の損得はどうか?ということのように思えた。
それも無理ないという思いもあるが。
「危険性が大きいか又は著しく環境を悪化させるおそれがある工場」って
たとえばどんな工場!?
え〜〜っ、いいの? 良くないでしょう!
大気はつながっているんだし・・汚れた水が住居地域の方に流れてくるかも。
騒音に悩まされるかもしれない。







投稿者: kun - 午後 05:14 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 8月 24日

ナスのごま油炒め



近くに住む高齢の方が杖をついて見えた。
中に招くと、お水をもらえませんか・・と。
「会」を設立したいので発起人のひとりになって欲しいと言われた。
たまたま家にいた夫にも一緒に聞いてもらいたいと言うので同席。
ご自分の病気の話を長々とされた。
聞いた後〜「会」の目的、どういうことをされようとしているのか
よくわからないと夫が言った。
私も全く同感だった。
目的など追って書いてくる〜とにかくできれば夫婦で、それが無理なら
少なくとも私には協力してほしい、
「いつも声をかけてくれるから」と何回も言われた。
確かに不自由な様子で歩いているのを見かけるとこちらから声をかけ
話を聞いたりしているけれど、この方にだけというのではない・・
天気予報通りの強い日差しの日中、帽子もかぶらず歩いて来られるとは!
家族は留守だったのかもしれない。
このように(直情的に)動くのは、病気がなせることなのかもしれないと夫。










投稿者: kun - 午前 09:08 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 162 | 163 | 164 || Next»