2018年 10月 11日

ミネストローネ



 蕁麻疹の約7割は、原因が特定できないのだという。
友人の通夜の次の日(8月11日)から、毎日蕁麻疹が出始めた。
9月に入り、涼しい日には出なくなったが、10月には珍しいほどの
暑い日になったあたりから また出始めている。
 暑がりなので、暑さに反応しているのかもしれない・・・
今朝4時ごろかゆみで目がさめ〜塗り薬をつけ。
次々と場所をかえて、ムクムクと出現する時には、薬を飲む。
アレルギー性鼻炎などの薬と同じということを医師から聞いた。
8時頃になるとまぶたや唇にまでできはじめた。
こういう時は薬を飲むしかない。
 
 昨年暮れから、緑内障の眼薬を2種類 朝晩さしている。
ネットで検索すると、眼薬には副作用がいろいろとあることがわかる。
その中に蕁麻疹もある。
副作用で心臓が止まってしまうこともある眼薬もあると眼科医師からおどかされた。
充血、眼の腫れ、ごろごろ感などがある場合は医師に報告するようにと
書かれた紙をもらった。報告をした。が薬をやめるわけにはいかない。
1種類は、眼の周りにシミができる副作用の眼薬ということを知った時には、
暗澹たる思いがしたが、緑内障が進行し失明するよりはいいと考えるしかないと
覚悟をしなくてはと思う(~_~;)
あと何年?何十年?この世で生かされている間、なんとか失明だけはしたくない。
 
 蕁麻疹の原因になり得るものとして、ストレスというのもあるのだそうだ。
今の私は、ストレスがないとはいえないが、これまではストレスで蕁麻疹が
出てしまうことはなかった。
とはいえ、この程度のストレスに耐えられないほど体力や精神力が衰えた
ということはあるかもしれない。
なんだかまったくもう! よくわからん!  
 ただ、蕁麻疹が出るとストレスがピークになることは間違いない。


投稿者: kun - 午前 10:14 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク