2018年 3月 08日

明太子カルボナーラ



 ネットでホテルを予約しようとして、危うく怪しいサイトの手口にひっかかりそう
になった。
当日払いにしたのに、それで完了なはずが、すぐにメールが入ってこないので
おかしいと思い、直接そのホテルに電話して、予約されてるか調べてもらうと
予約されていないという。
当日払いでもいいものは、楽天とそのホテルの公式HPだけという。
もう一度、その問題のサイトを開いてやってみると、当日払いを選択しても
どうしてもカード情報を入れないと完了にならない。
 あとで、調べてみるとそのサイトで詐欺被害にあった人たちの証言が続々
出ていた。予約してないホテルのホテル代としてカードで落とされていたり、
連絡しようとしても連絡がつかなくて、海外で困ったり!
カード支払いは便利だが、今後も気をつけなくてはと思う。しかし、携帯番号は
知られてしまった・・生年月日も!まあ、それはいいけれど。

 今年になって、「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」という葉書が
私宛に届いた。連絡なき場合は、給与などの差し押さえ及び、動産、不動産の
差し押さえを強制的に執行させていただきますので・・・なんちゃらかんちゃら・・・
と怖いことが書いてあった。
法務省からということになっていたので、法務省のHPを開いてみると、こういう
詐欺葉書に注意するようにと、葉書が貼ってあった。
 私は用心深いし、ネットで法務省のHPを開けてみたりできるけれど、そういう
ことができない人は、問い合わせ先に電話してしまい、巧妙な手口で騙されて
しまうんだろうと思う。一応 警察に葉書を持っていったが・・・
その後、ニュースで、そういう葉書による被害が出ていることを報じていた。(やれやれ)

2018年 3月 01日

ミネストローネ




先月の同窓会で、中学の時親しかったKさんといろいろ話がはずんだ。

「若竹千佐子さんの芥川賞をとった小説読んだ?」
「うん、今読んでる!」
「カズオ・イシグロさんの本は、難しいねぇ・・」

Kさんは、中学の頃読書家だったというイメージがある。
私は、その頃は読書感想文を出す時に読む程度だったと思う。
半世紀以上の時が過ぎ、
本のこと、息子家族とのつきあい方などなど、話が尽きることはなかった。
中学の頃は、どんな話をしていたのか・・あまり記憶にないが、Kさんは
9人兄弟の末っ子のせいか、私の知らない世界を知っていて、政治のことなど
他の人とは話題にならないようなことを熱く語ってくれていたように思う。
子どもっぽかった私に比べ知識が深くて、教えてもらうことが多かった。(ように思う)

若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」は、一気に読んだ。
最後の所では、泣かされた。