«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2017年 10月 27日

  

左:甘柿・・・なんて美しい色なんだろう!熟している。

右:渋柿・・・ヨツミド  焼酎につけて さわし柿にしてみた。
              じょうずに渋が抜けて、美味しい♪

どちらも、全く消毒もせず ほったらかし状態の柿。
こどもの頃、さわし柿を沢山作ってくれたものだ。
毎日のおやつだった。
田舎のどの家でも作っていたと思う。今の子どもは時々、柿は
嫌いという子がいるが、昔は柿が採れる時期はおやつは柿しか
ないから、嫌いなんていう子はいなかったような気がする。


投稿者: kun - 午後 02:49 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 9月 15日

とうもろこし



畑から採ってきたとうもろこしをすぐに茹で、冷めたら冷凍して
おいたもの。
レンジで解凍してそのまま食べてもおいしいけれど、醤油をつけて
お祭りのとうもろこし風にしてみた。
美味で美味で〜郷愁を誘われるなんとも良い香り。
こんな美味しいとうもろこしを味わうことができるなんて 
幸せだなあとつくづく思う。



投稿者: kun - 午後 04:13 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 7月 27日

とうもろこし



幸せを感じる時
大好きなとうもろこしが今年もできた。
こどもたちにあげるものは、とりあえず冷凍に。

投稿者: kun - 午後 03:08 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 7月 21日

温室みかん



「誕生日おめでとう!
おっ!今度は女の子だ♪
順調に子どもが産まれて幸せな瞬間だったでしょうね!

温室みかんを送りました。
冷やして食べてね」

朝一番に弟からメールが届いた。
こんな優しい弟をもって幸せ☆




投稿者: kun - 午後 04:12 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 6月 13日

枇杷ジャム



 枇杷の皮をむいて種などを取り、ジャムにできる実は
合計2.7キロぐらいだった。
ずっと皮をむいているのは、疲れるので〜半分ずつ2回に
分けてやった。
 皮をむき種などをとる(←ここまで45分ほど)
薄い塩水を混ぜ、砂糖を入れ火にかける。
あくをとり時々混ぜながら強火で15分。
その後火を少し弱め25分ぐらい。
絞ったレモンを最後にいれ混ぜ、煮沸消毒した瓶に詰める。
この行程を2回。
 きれいなべっこう色のジャムができた☆☆☆



投稿者: kun - 午前 07:08 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 3月 22日

紫芋スイートポテト



 ケンと一緒に作った。
自分の作ったスイートポテトの形が面白いと言って、おなかをよじって笑い
楽しそう♪

 終了式の日は、「ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険」を観に行き。
昨日は、静岡の「科学館 る・く・る」で遊び、今日は将棋をしたり、干し芋を作ったり
最後にはこのスイートポテトを作った。
将棋といっても、周り将棋などだが、少しずつ上手に振れるようになっている。  
祖母から見ると、たかが将棋の振り方でも、ほめたくなる♪
 昨日は、西焼津駅で切符を買うところから、ひとりで調べてやらせて
少し離れて見ていることにした。
改札口を通り、ホームに降りたところで、つい確認したくなって「切符は?」
と言うと、「あ、どうしよう!取ってくるの忘れた!」とパニックになった。
あわてて戻り、駅員さんにケンから事情を話すようにさせると、すぐに改札口を鍵で
開けて取り出してくれ一件落着。
「失敗したあ」と言うので、「失敗してもゼンゼン大丈夫、失敗してもいいんだよ」と言うと
「失敗はよくないでしょ。。。」とケン。
「失敗したから、改札口の中も見られたし〜失敗しても面白いこともあるじゃん、
失敗は成功の元っていうでしょ♪次に失敗しないようにしようと思えばそれでいいのよ」
と言うと、わかった様子。
私から見るとパパママは厳しいから、失敗しないように、いつも気を遣っているのかな・・
と思うと、かわいそうになってしまう甘い婆であった。
そんなスタートだったが、違う車両に乗り、静岡駅のホームで待ち合わせた。
隣の車両から、静岡でケンが降りようとしているかのぞき込んではいたが、
「すごいねぇ! 静岡で降りられたね♪」とほめると、
「だってアナウンスしていたもん」って。
4月から4年生。
長い休みだからといって、祖父母の家に来ることもだんだん少なくなるだろうな。




投稿者: kun - 午後 09:16 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 1月 28日

ほし芋



 安納芋とシルクスィートで干し芋を作り、
干し芋が大好きなつんちゃんに送った。
作り方を書いた紙を添えて。
「むして」ということばを違うことばで・・と迷ったけれど
きっとママやパパがわかるように説明してくれると確信。 

      だいすきなつんちゃんへ
  さつまいもをむして、やわらかくなったら
  かわをむいて、
  きって、
     1・・・
     2・・・わお〜、つめたいかぜ!
     3・・・
         3かいよるがきて
         あさになったら、
  ほらっ、おいしいほしいものできあがり♪
  たべてね!

ほし芋も、作り方もすごく喜んでいるとメールが届いた。
それから何日かたち、ママからメール。
   干し芋を毎回「わーい、燒津じぃじばぁばの干し芋だー!」
   と喜んでから食べています(笑)

ばぁばが作ったんだけど、いつもばぁばとじぃじはセットのようだ。(^_^)





投稿者: kun - 午後 02:20 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 12月 15日

キウイジャム



実家の庭にあるキウイを採った。
弟と夫と3人で。
2本ないとキウイは実がならないそうだが、
1本枯れたのか切ってあるのに、なっていた。
小さいキウイの皮をむいて重さを量ったら3キロぐらい。
ジャムを作った。
うちのレモンを仕上げに入れた。
甘酸っぱいジャムができた。

棚の下に舞い落ちた葉をほうきではき、まとめて
袋に入れて持ってきた。
堆肥にするのだそうだ。
来年の春には野菜や花を元気にしてくれる堆肥に。
きれいに掃除され〜一石二鳥♪
私たちの姿を見て、
亡き両親はきっと喜んでいてくれるだろう。




投稿者: kun - 午後 07:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 8月 25日

ピザ


 ピーマンとなすを畑から採ってくるところから、ケンとのピザ作りの
始まり♪
粉など材料を計るのも、今まさに学校で単位などやっているところなので
興味をもってやる。
 ぬるま湯(40℃)75MLを入れるのも、大もりあがりだ。
40℃ってどれぐらいの温かさなのか?
いつものお風呂よりも少しぬるめ?指でつっこんで、熱過ぎ!というだけ
で爆笑してる。
 「スキムミルクは家に今ないから、かわりに牛乳で大丈夫だよ〜」という私に
「スキムミルクって粉じゃないの?いいの・・牛乳で?」と不信顔。
料理というのは、家にあるものでざっと作っても、美味しいものができることを
わかってくれたかな。


投稿者: kun - 午後 05:26 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 4月 07日

スルガエレガント



 今年も、甘夏狩りにみんなで出かけた。
つんちゃんママの実家(長野)にも、箱詰めにして送った。
スルガエレガントファンのじーじ・ばーばの喜ぶ顔を想像して、
つんちゃんもお手伝い♪


投稿者: kun - 午前 08:20 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»