«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 164 | 165 | 166 || Next»

2018年 8月 08日

猛暑の夏



危険な暑さ!!の日々。

昨日は、小学5年の孫を含む3人を連れて名古屋まで行ってきた。
広島で行われるこどもキャンプに参加するためだ。
名古屋集合♪
10時過ぎの「のぞみ」に乗りこんだこどもたちとスタッフを見送った後・・・
どんなに暑いかと思ったら、それでも昨日は日差しが強くなかった。

名古屋に住む写真の孫たちは、きっとママの実家の長野に里帰り
しているんだろうなと思い、今回は寄らず。

名古屋市美術館に行き、”印象派展”をゆっくり楽しんだ。


2018年 7月 14日

ハーブ



ハーブを紐で編み込んだものをいただいた。
眠れない時、この香りをかぐとよく眠れるよ♪と。
ほんとに良い香りがする。
臭覚が弱って、臭いがほとんどしなくなってしまった時期が
嘘のように回復していて嬉しい。
コンサートに誘った人が、誘ってくれてありがとうと言って
手渡してくださった。
あと何年かで90歳の人。
新しいものに挑戦して手作りするその気持ちが素敵♪


2018年 7月 05日

おしろい花

  

  おしろい花に種ができると、中の白い粉を出して、顔につけて
お化粧ごっこをして遊んだものだ。
(そんな粉を顔につけたりして、よく皮膚があれたりしなかったなあ・・)
紫外線も気にせず、日が暮れるまで外で遊びほうけていた子どもの頃。
 花が咲く今の時期には、花を取り、根元の緑の部分を下に引くと
めしべが出てくる。それをパラシュートにしたり。
このまえ、小学生の低学年の子たちがパラシュ-ト遊びをしていた。
私を見ると、これ 取って良かったのかなあという顔をしていたので、
それ取っていいんだよ、と言うと、毎日のように学校の帰りに遊んでいる。
昔は、花びらにつばをつけて、鼻につけ てんぐ遊びもした。
 おしろい花は野生化し、たくましく育ち過ぎて困ってしまうくらいだが、
子どもたちが遊んでくれるから価値はある。
 





2018年 7月 03日

アガパンサス



 家の前の通学路を子どもたちが通る頃、外に出て、
見守りたいと思っている。
 今日は、水路に落っこちた小学1年の子がいて、
スカートも靴も濡れてしまった。
膝をすりむいていたので、消毒をしてバンドエイドを貼った。
急いでおうちへ帰って着替えするよう言うと友達3人で
帰った。
 しばらくするとまた「ピンポーン」・・
違う子が何かあったのかと思って出ていくと、
さっきの子が、バンドエイドがとれそうになった・・・と戻ってきた。
もう一回消毒をして、今度は3枚 バンドエイドを貼った。
 友達に置いてかれてしまったので、とうとう家に送っていくことになり。
アガパンサスの花の色に似たかわいい水色のランドセル。
ランドセルが濡れなくて良かったね!と言い合い。 
小さな子とのおしゃべりは楽しい。
家のそばでバイバイし、家に入っていくのを確認し、帰ってきた。


2018年 6月 29日

あじさい



このあじさいは、半日陰の所にあるせいか
まだ咲いている。
よく見ると、小さな花は八重になっている。
夫の退職時にいただいたもの。
花を見ると、鉢植えの美しいあじさいを抱えて
来てくれた人を思い出す。



2018年 6月 28日

長崎角煮まんじゅう・白バーガー



 お土産にもらって食べたら、すごく美味しかったから、弟に〜
と、次男が送ってくれた。
40歳過ぎた兄姉より、8歳違いのまだ若い弟が好むと思ったんだろう。
弟に食べさせたいというその気持ちが、2人とも大切で仲良くしてもらいたい
と思う親にとって、泣けるほどに嬉しい。
三男が来て、三分の一を持っていき、私達にもお裾分けして
置いていってくれた。
 



2018年 6月 26日

古希祝


 古希祝

 今年5月のジージの古希祝の写真と、同じ部屋に飾ってある
還暦祝の写真を比べてみた。
 3人増えたね!あと10年したら、もっと増えるね♪
(ケンと10歳違いの)お姉ちゃんは、結婚してこどもがいるんじゃない?とケン。
ジージに抱っこされて赤ちゃんだったケンは小学5年になり、昨年産まれた
しゅう君が古希祝写真では抱っこされている。
 10年後ではなく、今度は喜寿のお祝いを7年後にする予定だが、
生きていればの話(~_~;)
 「2枚の写真を比べてみると、どちらも同じってものがあるよ、なーんだ☆」
とケンにクイズを出した。
「その時の家族が全員集まっているってこと?」
「うん、それもそうだね」と私。
だんだんヒントを出して〜〜〜ついに発見♪
「あっ、ヨシおじさんが同じシャツ着てる!!」 大爆笑



2018年 6月 25日

草取り



 花壇の手入れをしていると、「草がはえて困るね!」
「抜いても抜いてもはえてくるね・・」などという言葉を交わすのが
挨拶がわりの季節になった。
 蚊が多いのには閉口する。
暑いし・・日焼けも怖い。
 農家の人たちも、趣味で野菜を作っているおじさん・おじいちゃん達も
蚊取り線香が入った入れ物を腰などにぶら下げたり、帽子をかぶって長袖
で働いている。
尊敬! 私になくて彼らにあるのは・・気力? 意気込み?
ここのところ外に出ていく元気がない。
 今日、玄関を出て一番遠くに行ったのは、家の前の道で、ケンを送った時。
習字に行った帰り寄って 卓球をやったり、夕ご飯を食べたりしていった。
田んぼの向こうの道を曲がって軽やかに自転車で走るケンの姿が、
見えなくなるまで見ていた。
日が沈みかけた夕方の風は心地よかった。



2018年 6月 24日

あさがお



 あさがおの種をまいてね、やいづばーばの家の分 
10コだよと小さな袋に入れて、5歳のつんちゃんがくれた♪
ベランダで育てたあさがおから、種をとったんだそうだ。
 近所を散歩していたら、小さなこどもがいる家のあさがおが
もう背丈ほどに大きくなり、支えにつるをまきつけて
育っているのを見て、少し焦った。
遅かったかなあと思いつつ、2鉢に5こずつ蒔いた。
4日目になると、芽が出始め、発芽率は8割☆
あさがおの種を蒔いたのは、初めてかも。
家の中からも見えるような所に置き、結構楽しく観察?している。
7月半ば過ぎには、つんちゃんが来るので、育てる・・
育てねばならない(~_~;)




2018年 6月 23日

ツバメの巣



 山梨県中央市の「とよとみ道の駅」にツバメの巣が4個ほどあり、
元気にヒナが育っていた。
人間は、「かわいい!」とその姿を見て、写真に撮ったりするが
危害を加えたりしない。
だから、人が集まるところが安全なのだろう。
 先日、家の前の畑で、野良猫が鳩を襲ってつかまえたその瞬間を
目撃したと夫が興奮気味に話していた。
後からその場所を見たら、鳩の羽が散乱していた。
 野生動物化した野良猫も野鳥にとっては怖い存在だ。
自然の中には危険がいっぱい。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 164 | 165 | 166 || Next»