«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 162 | 163 | 164 || Next»

2017年 11月 19日

きんぴら



 昨日は朝から名古屋に行き夕方まで、会議だった。
明日は山口、明後日は福岡〜その後長崎に行く。
マルティン ルターの宗教改革から500年の時がたち、
今年は記念のプログラムが盛りだくさん。
長崎のカトリック浦上教会では、カトリックとルーテルの
合同礼拝やシンポジュームがある。

24日に名古屋に立ち寄り、二男家の第2子に会う。
夫はその日帰宅し、私はそのまま名古屋に滞在し
産後の手伝いをする。
 今日友人に、「寒くなったから風邪ひかないように
気をつけてね」と言われた。
なんと優しいこと!ありがとう。
寒くなりそうだ、ほんと、気をつけなくては。(~_~;)

投稿者: kun - 午後 08:58 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 14日

煮豚



 小学校3校と中学校の合同同窓会が来年2月ある。
返信は、11月末までにしなければならない。
出席しようかどうしようか・・・迷っている。
なんで迷っているのか夫に聞かれ
「太っちゃったし、、、」と私。
「しょぼい理由だねえ」とあきれられた。
 実は、ほんとはそれだけじゃない。
高校の同窓会は、一年おきにある。
いつも誘い合って行っている。
誘い合う〜って、結構大事だ。
誘ったり 誘われたり♪
次の同窓会でまたきっと会おうね!と前の同窓会で約束しあったり。
 小中の同窓会は、どちらかというと私から誰かを誘ったり、
誘われも誘いもしないで、行くことが多い。
誘われてないし、、、と今回はいまいち乗り気になれない。
それに、返信先になっている幹事の代表者って、
中学時代も話したことない気がするし顔も忘れてるし(~_~;)



投稿者: kun - 午後 07:00 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 13日

クリスマスカード



今年は早々と夏頃から、クリスマスカード作りにとりかかっている。
写真は「まきばの家 こどもの家」
のこどもたちに送る手作りのお菓子などを詰めた袋に
貼るカード。
35人分を7つの女性会に作ってもらっている。
デザイン考案は、会計のIさん、見本を入れたキット作りは書記のYさんが
担当してくれた。

私の所属女性会は、高齢の人たちが多くて、この作業は大変なので
私が昨夜から、やり始めた。
とりかかるまでは、私にも難しそう&めんどうな気がして。。。
孫娘にやってもらおうか、それとも嫁に頼もうか・・と思案していたのだが、
いざやり始めたら もう楽しくて楽しくて♪
かわいいクリスマスカードを考えてくれたIさん、キットを作ってくれたYさんの
ことを想い、受け取るこどもたちの姿を想像し。
小さい花や鈴、葉っぱなど丁寧にきれいに切り、それを整然と袋に入れ、
両面テープまで 必要な量を考えて入れてあり、感動した。
こんな細かい作業は、Yさんでなければできないことだ・・
どんなに大変だったろう・・よくやって下さったなあとほんとに感謝 感謝!
孫娘たちに頼まず自分で組み立ててみたからこそ感じることだった。
すべては神様の計画のうちにある♪




投稿者: kun - 午後 03:33 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 07日

親子丼



 ケンが、家の近くにある習字塾に来たついでに寄った。
卓球をやった〜練習した後、試合を4回やって、ばあばが連敗(~_~;)
夫と試合をやって負けるとくやしいけれど、ケンとだったら
負けてもさわやか(笑)
 「今日は、遅いからご飯食べてく♪」と言う。
カレーが少し残っていたので、エリンギとかぼちゃとウインナーを焼き、
カレーに添え。
カレーの横にはサーモンいくら丼。
「”サーモンいくら丼とカレーの野菜添え”だよ♪」と出した。(写真は撮りわすれた)
ケンがおいしそうに食べるようすを向かい側に座って、ビールを飲みながら
眺めていた。
もりもりと食べていく。 この食べっぷりでは、大きくなるはずだ!
一週間会わないだけでも大きくなった感じがする。
小さい頃からクチャクチャ音をたてて食べない子だ。
口をとじて、口の周りにもつけずにきれいに食べる。
「ケンちゃんは、きれいな食べ方をするね!」
「食べ方がほんと上品だね!誰に似たんだろ!?(私?違うか)」
「おいしそうに食べるね」
「なんでもよく食べるね」
ほめることしか浮かばない(^_^)
見ているだけで楽しい。
幸せな幸せなひととき。
 真っ暗になった道を自転車に乗り、話しながら送っていった。
「今度の日曜日、こどもの祝福式が教会であるんだけど行く?」
と聞くと行くと言う。
また、日曜日会える♪ 嬉しいな♪




投稿者: kun - 午後 07:39 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 11月 02日

明太子と四角豆などのパスタ



 近くの信用金庫の外まわりのいつもの青年が、
「誕生日おめでとうございます!」と来た。
「えっ、○○違いじゃないの? うちはこの前もらったよ、
あちらの○○さんでしょ」
と指さすと、
「あ・・そうでした・・・・間違ってきてしまったついでに
プレミアム定期の案内ちらしをもらって下さい」ですって(~_~;)

利子は0.1%。
20万からで、20万とすると200円の利子・・・・
「ぼくをかわいいと思ってやってもらうしかないですね」
と言うので〜ずっこけた。

ここらあたりのじじばばたちは、孫ぐらいの青年が
頑張っている姿を見て、応援したくなるんだよね・・きっと。
と言うと〜ほんと、そうなんですよと言うので爆笑した。




投稿者: kun - 午後 04:34 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 30日

野菜焼き



だいぶ前に作った・・。
その時にあった野菜集合!という感じだつたと思う。

今日は風もあり、涼しいのでようやく花壇仕事をする気に
なった。
デュランタ、 ルリマツリ、 セージ、 ハクチョウ草などが
伸びに伸びて 伸びまくり!
それらを剪定したところで、蚊に刺されて・・・退散。
 



投稿者: kun - 午後 12:22 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 27日

  

左:甘柿・・・なんて美しい色なんだろう!熟している。

右:渋柿・・・ヨツミド  焼酎につけて さわし柿にしてみた。
              じょうずに渋が抜けて、美味しい♪

どちらも、全く消毒もせず ほったらかし状態の柿。
こどもの頃、さわし柿を沢山作ってくれたものだ。
毎日のおやつだった。
田舎のどの家でも作っていたと思う。今の子どもは時々、柿は
嫌いという子がいるが、昔は柿が採れる時期はおやつは柿しか
ないから、嫌いなんていう子はいなかったような気がする。


投稿者: kun - 午後 02:49 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 26日

豚の角煮



柔らかく味わい深く煮ることができた。
これまで、どこか満足できないところがあったが、
今回は、このお肉だとこれ以上にはできないというような
美味しい仕上がりだと思う♪
息子達がいる時には、息子達が批評家だった。
今は、作る私がその味に関して一番細かくてうるさい。
夫はいつも私の作る料理を、美味しいと言って食べてくれる。
若い頃はどうだったのか!?
何十年も前のことは忘れてしまった・・・
ずっと前からそうだったような気もする。
長く一緒に暮らしている。
そうそう!今日は結婚43年目の結婚記念日☆






投稿者: kun - 午後 03:10 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 25日

お豆のマリネ



 藤枝市郷土博物館特別展に行った。
『二つの東海道53次』〜江戸の広重と昭和の関野準一郎〜。
ついでに常設されている小川国夫のコーナーでも、ゆっくり
浸った。
 その後横にある蓮華寺公園を散歩。
遠くからトランペットの音が聞こえてきた。
その音色から想像すると・・・
きっと、同世代の人だろうとその音がする方に歩いていくと〜
やはりそうだった。
歩きながらちらっと見ると、目があいお互いに会釈した。
「上をむいて歩こう」「里の秋」「もみじ」「月の砂漠」・・・
次々と流れる、秋にふさわしいトランペットの音が流れる中を
歩いていった。
しばらく歩くと、今度はギターの音色・・
おじいさんがひきながら歌っていた。自作の歌らしい。
2人とも公園ライブが楽しくてたまらないんだろう。
聞く方としては、嫌いではないのでまあいいが。
その音がなくてもいい・・のどかな平日の公園。
高齢者たちが多い。
たまに小さな子どもとママが歩いていて〜
天使のような幼いかわいらしい子どもを眺めたり声をかけたり。
平和が続いてほしいなあとしみじみ。



投稿者: kun - 午前 08:33 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 24日

金時豆



昨日のこと。
ピンポーン
「**ですが〜 ○○君のお宅でしょうか?・・私は○○君と同じ高校だった**です。
 確かこの辺かなあと思って。
 今前を通りかかったんですけど・・洗濯物が落ちてます。」と青年?の声。
すぐに玄関に行くと少し面影が残っている**君だった。
でも街ですれ違ったとしても気付かず通り過ぎてしまうに違いない。
あれから20年余!
たまたま仕事で家の前をバイクで通りかかったのだそうだ。
風が強くて、物干し竿がはずれてしまったお陰で、おじさんになった**君と
思いがけず話をすることができて嬉しかった。
野球部の父母会で一緒だったご両親もお元気とのことで良かった(^_^)




投稿者: kun - 午前 11:35 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 162 | 163 | 164 || Next»