2018年 4月 16日

干し芋



春になって、干し芋の季節ではないけれど、寒い日を見計らって”紅はるか”
で作った。
つんちゃんが、私→干し芋 と連想するようで・・
「食べたい!」というので作って、食べ頃の柔らかさの時、冷凍しておき
持って行ったが、口内炎ができているせいからか、この前は思いの外 
喜ばなくて拍子抜けした。
近くに住む孫達も大好きで、干している先から食べてしまうほどだけれど、
遠くに住むつんちゃんと違い、いつでも作ってあげられると・・
冷凍干し芋のことはナイショにしてあった。

干し芋といえば、安納芋でしょ!と思いこんでいたが、”紅はるか”もなかなか
甘みがあり、ねっとり感があって美味しい。
最近になっても店で、安納芋はなくても、”紅はるか”をよく見かける。

今日は、駿河エレガント(甘夏)の皮で、マーマレードを作った。
子どもの頃、ジャムやマーマレードを親が作ってくれたことはなかったと
思うが、干し芋は冬のおやつだった。
保存できるようカラカラに干すので硬くなるが、その硬いのをよく食べたものだ。
おじいちゃんが、たまに炭火で焼いてくれる時もあり〜
そのおいしさや香ばしい香りまで懐かしく思い出す。



投稿者: kun - 午前 10:56 | カテゴリ: お菓子,デザート類
コメント
コメントをどうぞ!





トラックバック
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.