2008年 5月 13日

筍とひじきなどの煮物





 「物騒な世の中になっちゃったねぇ」と世間話のなかで
つぶやく人がこの頃 多い。
新聞でも、一般の読者からの投稿で、日本はどうなってしまうんだろう
と嘆いている記事があった。
しかし、実際は 殺人事件は戦後年々 減少しているのだそうだ。
メディアで大きくとりあげるので、増えているような錯覚に陥っているだけ。 
日本を訪れたアメリカ人がTVを見て「日本は殺人事件が
こんなに多いのか!」と驚いたということだが、本当はアメリカの
ほうが格段に多いのだけれどアメリカでは、殺人事件をニュースで
取り上げることは少ないんだって。
凶悪な殺人事件が増えたかというとそうでもなく、たとえば 
”サカキバラセイト”の事件と同じような事件は過去にもあったのだそうだ。
・・・・これら すべて息子から聞いた話。
ネットでも 調べてみると こんなサイトがあった。
 ついでに 減少つながりで(?!)日本のクリスチャン人口は減少
しているのだろうか?と検索してみたら、増えていると書いてある記事
(2006年)があって・・嬉しい驚き。




投稿者: kun - 午後 11:04 | カテゴリ: 聖書のことば
コメント

るつ〜♪:

こんにちは。

様々な理由によって、教会に
行かれていないクリスチャンとか、
教会を離れているクリスチャンとか、
名前だけのクリスチャン?全てを
合計すると、クリスチャン人口は
増えている旨、聞いています。
(ホスト名: ppxa083.tkd3.cli.wbs.ne.jp 2008年 5月 14日 午後 04:43)

kun:

るつ〜♪さん

こんばんは♪
う〜〜ん そうなんですね!
そうなると人口の問題ではないですね。
お寺でお葬式をあげるから 仏教徒というのでもないでしょうしね。
(ーー;)
(ホスト名: p3053-ipbfp702sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp 2008年 5月 14日 午後 11:14)

よしひろ:

犯罪が減っていることに私も同感。
日本のテレビ見ていると、一つの犯罪が全国ニュースで数日間報道されている。犯罪はいけないことなんだけど、報道は少し興味半分、大げさ・・という印象を持ちます。また同時に一つのニュースがそんなに大きく取り上げられるのは平和な社会だなぁと感じます。

江戸時代も今のチャンバラの印象とは異なって意外と殺人が少なかったそうです。

それからクリスチャンの人口:シンパも入れると確かに10%ぐらいいってるそうです。その理由はミッション系の学校へ行った人にクリスチャン・シンパが多いそうです。ということはキリスト教系学校は大事ですね。

私の妹二人は仏教系の学校へ行ったのですが、やはり心の深いところが仏教的です。今回の母の葬儀でそのように感じました。

早期教育は影響が強いですね。
(ホスト名: XPLR-TS-11-TOR-72-45-78-162.barrettxplore.com 2008年 5月 15日 午前 10:08)

kun:

よしひろさん
犯罪が減っているというニュースは ニュースにならないのが不思議です。
桶川殺人事件以後 警察が すぐに犯罪として取り扱うようになってきているんだそうです。
心中も殺人になるし。

>江戸時代も今のチャンバラの印象とは異なって意外と殺人が少なかったそうです。

そうなんですか!
時代劇の映画や本で知る印象が強いですものねぇ・・

>クリスチャンの人口:シンパも入れると確かに10%ぐらいいってるそうです。

へぇ〜すごいですね♪
洗礼を受けている人というのでなくて〜でしょうか?
>早期教育は影響が強いですね。
たしかにそうですね。

心の奥深い所でどうなのか?・・・
と考えると、今は教会に行っていない子供達のことも期待が持てます♪
(ホスト名: p3053-ipbfp702sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp 2008年 5月 15日 午後 01:06)





トラックバック
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.