2005年 4月 26日

筍寿司ごはん


寿司ごはんにした。
「これから 筍がまた 食べられるんだ♪」と息子。
長男家族も来て、にぎやかに〜


JR脱線大事故のニュースを見ながら、
「人の命は、一瞬先も どうなるやら ほんとは わからないものなんだよね」
と話すと
聖書に そういう意味の箇所があったねと 息子が 聖書を持ってきた。
大学の入学式の時もらったというギデオンのもの。
線がひいてあった。
気をつけて 目を覚ましていなさい。
その時がいつなのか、あなたがたにはわからないからである・
・」
(マルコによる福音書 13章33〜37)
小児洗礼を受けたが、高校生ごろから 教会に行くこともない息子だけれど、小さな種が残っていることを 時々 感じることができて 嬉しい。




投稿者: kun - 午前 10:09 | カテゴリ: ご飯類
コメント

のぞみ:

くんちゃん
我が家も昨日筍寿司にしました。
お弁当コーナーが「ひごとのかて」になったのですね。
尼崎の列車事故は、運転士が三男といっしょの歳なので、彼に責任が全部いってしまうのは酷のような気がします。が遅れを取り戻そうとしたことが、ほんとに大惨事になってしまいました。
私も専業主婦として、「ひごとのかて」大切にしようと思います。
(ホスト名: p011.net220148076.tnc.ne.jp 2005年 4月 27日 午前 09:58)

kun:

のぞみちゃん 「ひごとのかて」どうぞ よろしく♪
健康で おいしく食べることができる時って 幸せですよね。
列車事故に遭われた人たちの家族は、きっと 食事も喉を通らない大変な時です・・・
運転士が亡くなってしまったようだから 真相も 分からない部分があるでしょうね。
ミスが人の命に関わってしまうような仕事って ほんと 大変ですよね・・
(ホスト名: p121.net219.tnc.ne.jp 2005年 4月 27日 午後 02:20)
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
トラックバック
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.