2008年 3月 11日

カレイのムニエル野菜添え


 塩をまぶし、酒・レモン汁をかけて15分ほどおき、小麦粉をつけ、
フライパンにバターとオリーブオイル少々を入れ 両面を焼く。



 小学6年生、卒業式を間近に控え”別れの寂しさ”のムードが
教室に漂っていた今頃、先生が「中学生になるのが嬉しい人! 」
と聞かれた。私は勢いよく手をあげた・・・
周りを見ると、手をあげていたのはひとりだったので、驚いてしまい、
はるか昔のことなのにそのシーンのことが印象に残っている。
新しさに対する憧れが人一倍強い子だったのか?!
 環境が変わることには不安もあるものだが、それ以上に
楽しみが心を占めた。卒業 進学・・そして 卒業 就職 結婚・・・・
そのたびに 新しい風がふき。
けど、しばらくすれば その風にもすぐ慣れ、根本のところでは
私は変わっていないと思えた。
本当に”新しくされる”という希望が持てるようになったのは 聖書に
ふれるようになってから。


古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、造り主の姿に倣う新しい人を
身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。
   
(新約聖書 コロサイの信徒への手紙   2・9〜10) 




あなたがたはこの世に倣ってはいけません。むしろ 心を新たにして
自分を変えていただき、何が神の御心であるか、なにが善いことで、
神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい

   (新約聖書 ローマの信徒への手紙  12・2)


  


投稿者: kun - 午前 10:35 | カテゴリ: 聖書のことば
コメント

ぎかく:

聖書によって実際に価値観を新しくされ、自由になれたことに、今でも感動を覚えます。

>完全なことであるかをわき○えるようになりなさい。

(偶然でしょうが、汗)「ま」が抜けています。(^ ^ゞ
(ホスト名: 202.232.105.180 2008年 3月 11日 午後 01:12)

kun:

ぎかくさん

_(^^;)ツ アハハ ほんとだ!これでも 日々新しくされていると思っているのですが、私がやることは、やっぱりどこか どんくさい?!
それでも、ちゃんと気づいて教えてくれる人がいてくれるので〜安心して マネケで開きなおれます。
ありがとう!
自由って いいね、ばんざ〜い \(^o^)/
(ホスト名: p4209-ipbfp605sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp 2008年 3月 11日 午後 03:45)





トラックバック
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.