«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

2015年 2月 22日

プリムラ



 冬に元気な花は、ストックとこのプリムラたち。 
昨年の12月から、ずっと咲き続けている。
ほんのりと良い香りがする。
鉢は 夜は軒下に入れるので大丈夫だが、花壇のものは 冷たい風と霜で
だいぶ葉が傷んできているが・・・
花壇植えは、13本 そのうち5本は 昨年のもので、気付いたら 芽をだし
葉を広げ、花も咲きだした。
 花が少なく寂しい花壇に ところどころに咲いているので、道を通る人に
「かわいいね!」とほめてもらっている。






投稿者: kun - 午後 06:05 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 2月 19日

一輪だけ 



 北側のしだれ梅が ついに 開き始めた。
寒さの中 少しずつ 蕾がふくらんで♪
毎日 見るのが楽しみ。


投稿者: kun - 午後 09:28 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 2月 18日

さくら草



 
 「これ(さくら草) 欲しい?」と息子に聞かれて、「欲しいっ!」と即答。
テニスでチーム優勝して、もらったという♪
優勝賞品が花とは なんと珍しい☆
30歳前後の男子たちには、 大変 不評だったようだ〜ほんとに、一体 
どういうこと!?花って あんまりでしょ!と私でさえ 思うが。

 でも 花は 私にとっては 嬉しい。
大切にしている。
玄関に置いてあるさくら草を見るたびに 息子のことを想う。
元気で仕事しているかな・・と。

投稿者: kun - 午後 09:31 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 2月 03日

シャコバサボテン



 母を楽しませてくれただろうシャコバサボテンが、母亡き後 空家と
なった家の外に 放り出されていた。
日照りの夏 水をあげる人もなく、台風のあとには 風をうけ 倒れて
いた。
枯れる寸前の所を家に持ち帰り、植え替えをして 大切に世話をした。
「元気がないね。。。枯れそうだね・・」と人に言われ続けていた3鉢。
やがて、黒ずんでいた葉の色がきれいな緑に変わり、蕾をつけ 昨年 12月 
咲き始めた。
淡いピンク(写真)と濃いピンクと 赤。
色がかぶってないところをみると、花を選ぶ時は母はまだしっかりしていたようだ。
冷蔵庫の中には、同じものがいくつも入っていたころなのに。
お花が大好きだった母だったから、きっと、きれいだなあ かわいいなあと
眺めたんだろうな・・
 もう そろそろ終わりだ。
夜中 トイレに起きた時にも、玄関に電気をつけて 眺めたりするほど
毎日 楽しませてくれた。
こんな変わった形をしていたのね〜まるで ランのように美しい♪
また 来年も咲こうね! 
 3月 母の3回忌をやるという連絡が今日 入った。

投稿者: kun - 午後 10:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 12月 19日

花かご



 姪の結婚式の花は、私の担当だった。
業者に頼めば お高くつくので、教会の花をいけるのが上手な人に
頼もうと思ったが、結局 そうもいかなくなり 私がやることになった。
 

 バージンロードの椅子18個につける花は、白のアリストロメリアとかすみ草
にした。 
花屋さんに相談し 1週間前のつぼみの時から 確保してもらっておいた。
花かごのほうは、前日 花屋さんにあった花の中から選び家で活けた。
孫がちょうど来て、玄関にあった花かごを見て
「バーバがいけたの!?すごーーーーいっ!!」と感動しほめてくれた。 
7歳の子どもの言葉は、お世辞か?などと余計なことを思わず、ほんとに素直に
受け止められた。

 「華やかに 可愛らしく」 
テーマは早々決まっていたが、結婚式の花を活けるのは初めてのことなので、
何日も前から考えて 考えて〜夜中に目覚めるとどういう風に活けようか・・と
考え 眠れなくなったり。
実際に買ってやってみることは、経済的にも無理なので、頭の中でイメージを
描き 何回も作ってみた。
実際 結局 イメージにぴったりとはいかなかったが、結婚する2人を祝福する
気持ちはこめられたかな(^_^;)


投稿者: kun - 午前 06:50 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 10月 15日

紫陽花 変化



 5月の紫陽花は、ピンクで愛らしかった。
6月 終わりごろになると、緑色に変わっていった。
夏は、水切れにならないように 気をつかい。
10月が近づくころ、少しずつ 赤味を帯びてきたので
ひなたに置くようにした。
今は、紅い紫陽花になって、楽しませてくれている。

投稿者: kun - 午後 01:18 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 9月 22日

コムラサキ


 庭の隅で自然に育った〜鳥のフンの中に種があったのか!?

 紀州犬のハナちゃんがお母さんになった!
産後初めての散歩中 寄ってくれた。
「頑張って 6匹のいいお母さんやってるよお。
赤ちゃん見に来てね」
飼い主がハナちゃんの言葉を同時通訳(笑)
縁側に前足をかけて、「おめでとう!」と言いながらなでる私をべろべろ
なめる。
ハナちゃんは、昨年 ひもを離れて 自由に散歩しているところを
2回保護した。
1回目は、どこの家の犬かわからなくて1泊してもらった。
2回目は、私が車で遠くを通るのを見かけて、追いかけていったのだそうだ。
駅へ夫を送って行った帰り、ハナちゃんとすれ違った。
あれ〜〜〜っ、ハナちゃんだ!と止まって、家に連絡したのだった。
 とても ひとなつっこい 可愛い犬だ。 



投稿者: kun - 午後 09:30 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 26日

花は今

   
5月末 夫がいただいた花束は →  今はバラだけドライにして♪



    
娘からもらったあじさいは  →  緑で楽しませてくれている♪ 




  

投稿者: kun - 午前 06:54 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 12日

ルピナスとエキナセア

  

 2010年 フィンランドを旅した時、道路沿いや湖の周りにルピナスが群生
していて 感激した。
3年ほど前、近くの畑にルピナスが植わっているのを見て「きれいですねぇ!!」
と声をかけたら、忘れたころにそこのおばさんがルピナスの種を届けてくれた。
ピンクと紫とを袋に分けて。
 種をまいたが、芽が出ても育たず、残ったのは2本ぐらい。
そのうちの1本は2年目に消えてしまい、残った1本は昨年花はつけず 葉だけの
状態だったが3年目にして咲いた。
 ルピナスを見ると、フィンランドの美しい風景とK宣教師の笑い声を思い出す。  

投稿者: kun - 午前 07:06 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 11日

あじさいとエキナセア

        
何年か前 花が終わり半額に    名前がなかなか難しい・・
なった鉢植えを買ってきて     ”(中森)あきな言う”と覚えている。(~_~;)       
2つに分けて植えた。
 

 バラの支柱が鉢を突き破っていたことに気付いた。
しっかり 刺そうと木槌で加減もわからず力任せにどんどん打ちこんだから。
 たまたま来た弟がそれを見て、「”強力接着剤”でなおせばいいよ!」と
鉢を斜めにして、断面を洗って 乾かしてからつければいいと丁寧に説明
してくれた。
次の日 接着剤がおくられてきた。
こちらで買うからいいと言ったのに・・昼ごはんのお礼なのだそうだ。
”超強力接着剤”と書いてあった。
 
 弟は顔も亡き父によく似てきたが、やることもそっくりだと思うことがある。
ベッド、椅子、本箱など 鼻歌を歌いながら 造っていた父の姿とだぶる。
普段慎重なのに、高速道路では かなりスピードを出す所も似ている。
 
 「あまりスピード出さないでよ!」と言うと
「パア〜〜ン」と、新車のクラックションを鳴らし
「こんな音が出る♪」とデヘッと笑い 帰っていった。

投稿者: kun - 午前 07:16 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»