«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2006年 12月 30日

おやつですよぉ♪


いしやきいもぉ〜やきいも♪と昼前 やきいも屋さんが通った。急に食べたくなって、(大学生もいることだし?)大学いもを作った。

娘も帰ってくるので、これは 是非作らねば!と夕方作った〜チーズケーキ♪
使った容器類など 台所にいっぱいにちらかしたまま 夕方 買い物に出かけ、帰宅すると娘が帰ってきていた。台所は きれ〜いに片付けてくれてあった。
娘は ほんと いいなあ!! 息子だとこうはいかない・・
夜は、高校時代の部活の友人と久々に会うのだそうで、猫のふうをおいて 出かけて行った。
★皿のお水を飲まず ダイナミックにおいしそうにお風呂場で飲む 飲む!★



投稿者: kun - 午後 08:46 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2006年 11月 17日

お赤飯・チーズケーキ(誕生日 メニュー)




息子の誕生日。
何歳になったかは 勿論 わかっていたけれど
「いくつになったの?」とつい 聞いてしまった。
「24・・・」
だったら いいなあ〜という年齢を言うような歳になったみたい(^^;;;
前日 ケーキはなにがいいかと聞くとチーズケーキと言うので、ちょっと体調が悪かったけれど ふりきって 作った。
今夜のソフトの練習はとても無理・・
明日は ジョイフル(スローピッチ)45歳以上のソフトボールの全国大会に志太リーグ選抜チームで行かねばならない。なにがなんでも行かなくっちゃ。
アメリカのチームを含め30チームぐらいが富士に集まる。
そして 日曜日の午後は、コンサート(声楽)に初めて出ることになっている。
ソフトは、チームプレイだから まだいいけど・・・独唱だもんねぇ(ーー;)
突然歌詞がどこかに飛んでしまったらどうしよう、大丈夫かなあと不安半分、なんとかなるよという思い半分。



投稿者: kun - 午後 02:11 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2006年 11月 11日

キウイジャム


 父 亡き後も、父が植えたキウイは毎年 沢山の実をつける。母が「あんたが採ってくれれば、あんたをかわいがっていたお父さんが喜ぶよ」と言うので、調子に乗って コンテナに2箱 採ってきた。
お父さん ありがとう〜♪
30個ほどを使って、ジャムを作った。




 隣の市に住む末っ子の高校時代からの友達が、息子に頼まれて ギターを持ちに来た。
今月、ザ クロマニヨンズの大阪のコンサートで合流するのだそうで、そのとき渡すというものや、その友達の家に置いておく?のやら 2本を持っていった。
 息子から電話が昨夜あり、来てくれることを聞いていたのだけど 午前中”おやじコンサート”に出かけ 楽しく過ごしているうち すっかり忘れてしまっていて、玄関で彼を見た瞬間 思い出した。こんなに嬉しいこと どうして忘れてしまっていたんだろう?? 息子の仲良しの友達は、もう 文句なしにかわいくて、握手のひとつもしたくなる。ハグ挨拶が習慣の外国の人たちだったら、きっと抱きつくんだろうな〜うらやましいと思うのは、そういう習慣と英語が母国語である国の人たち!(笑)
 息子が帰ってくるとまず最初にするように、クロをじっくり なでてくれた。尾を振って嬉しそうにしているクロ。知らない人だと吠えるのに・・覚えていたんだね♪


投稿者: kun - 午後 09:29 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2006年 10月 18日

スイートパンプキンポテト


スイートポテトをオーブンに入れる前の最後の段階で ざっとふかしたかぼちゃを入れる。


”慣れ”に逆らってみようかなとスカートをはいている。
だんだん寒くなるこの時期にンツ(やジーパン)でいると 本格的に寒くなってから スカートにした場合 風邪もひきかねないほど スースーして 寒さがこたえる。
それで 春が来るまで スカートは余程のお出かけのときしか はかないことになる。
その結果、年々ますます歩き方につつましさがなくなり〜座ればボタン〜なんて どこの世界のことやらという行儀の悪さになるし。
スカートもいつもタンスの中では お気の毒だしね。(*^^*ゞ
ミニスカートの高校生みたいには いくわけないけど、それなりに厚手のストッキングなどで重ね着して今年は”真冬のスカート族”めざしてみるぞ!
もとい めざしてみますわよ♪  






投稿者: kun - 午後 10:01 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2006年 9月 28日

さつまいも(コガネイモ)チップス


コガネイモ(白))をオリーブオイルを薄くしいたフライパンで焼き 塩をパラパラ〜♪

 
 ここ4〜5日の間 時間帯を変え 友人に電話をしていたのだが、通じなかった。ご主人は 体調も万全とは言えないなかゴルフ旅行に行った話を聞いていたので、旅行にまた行くはずがないし・・・絶対 おかしいと思い、一緒にゴルフに行った人の娘さんに電話してみた。(彼女は実は ソフトのチームメイト。)すると、ご主人が途中 吐血して入院しているという。
 今朝、詳しく聞いた話によると、運転中 気分が悪くなり 小笠のサービスエリアに入り トイレで吐こうとしたのだが、トイレの前で 吐血してしまった、なんと まさにその時、トイレから出てきた人が医師だったんだって!最近 のどの静脈瘤の手術をしたという話を聞いた医師が、けいれんまで起こしてしまったご主人にすぐ応急処置をし 病院に電話して消化器科の先生を呼び 待っていてもらえるよう手配してくれたのだそうだ。一緒にいたご主人の友達のひとりが、あわててしまい、ケータイがあるのに店にかけこみ 救急車を呼んでもらおうとすると「もう 向かってます」って〜〜その医師がそこまでやってくれていたのだった。
 かかりつけの病院で 今度吐血したらもう駄目・・・と言われていたので、連絡を受けた友人は覚悟したというが、早い処置のお陰で 九死に一生を得た。自宅で吐血したのだったら かかりつけの病院まで1時間もかかるから 助からなかったかもしれない、病院まで5分という所で倒れ、そこの病院に手術ができる医師がいたこと、トイレから出てきたのが医師で応急処置をしてもらえたこと!!すばらしい!!神様が守ってくださったんだねと大喜びし 神様に感謝した。(教会は違うが)友人はクリスチャンなのだ。こういう時 ノンクリスチャンはどう思うだろう・・「たまたま」「偶然」と解釈するのかな?私たち信仰を持つ者は、神様がすべてを良き方向に計らい守ってくださったと感謝する。実際そうだと人に証明することはできないけれど(神様は目には見えないものね)そういうふうに信じられるし、どんな力と教えをもっているのかよくわからない神様じゃなく、聖書に顕されている明瞭な姿をもつ神様に感謝できるということは幸せなことだねっ祈りは大事だねと友人と涙ながらに喜びあった。
 神様は祈りを聞きいつも導き 守ってくださるから、私は悩まないことにしているよ♪ (菌血症で入院している共通の友人)Tさんのことも祈ろうねと電話のむこうで彼女が明るく言った。
くよくよと悩みがちな最近の自分を反省した。見習わなきゃ\(^o^)/

投稿者: kun - 午後 10:01 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2006年 9月 09日

無花果(いちじく)




葉や実の切り口から 牛乳のような白い汁が出る。
実を持つと力をいれなくても 採れるぐらいに熟すとおいしい。
昔、実家の庭先にもあったし、近所のどの家にも1本はあった。栄養が豊富らしい・・・(二日酔いにも効果があるほど)消化を助け、抗がん作用もあるのだそうだ。そんなことは子供だったころは知るよしもなく、この時期のおやつとしてよく食べていたものだ〜こういう自然のものがいっぱいの食生活だったからか 健康で 毎日 跳びはねて 元気に遊びほうけていた子供時代だった。

投稿者: kun - 午前 10:14 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 12月 29日

玄米もちピザ


?玄米もちをちょっと 硬めに焼いておく。
?別に ベーコン 玉ネギを炒めておき、?にチーズもいっしょにのせて焼き、チーズがとろけてきたら、水菜をのせ 最後に、砂糖醤油を流しいれ 香ばしい香りがしてきたら できあがり。



朝 フツーに掃除をし、その後 年賀状を書き
”ファイナル外食!”と ちょっと豪華に家族でランチ。
帰りに 本屋により 正月に読む本を2冊買い
帰宅したら 留守電が入っていた。
頼んであった服ができたと言うので、犬を連れて散歩がてら もらいに行き、家で着てみた。
もうちょっと ゆるく着たい・・・やせねば・・
無理? これ 誰かにあげようかしら・・・
そうこうしているうち 息子達が 農道でキャッチボールを始めた。
「母さんも入る?」と言ってくれたので 「うんうん やりたい!」
「エラーしたら 交代ね〜」ということで、元野球少年と元高校野球部員と現役ソフトボールクラブ母の三人 ほとんど対等に楽しむことができるのだ。
専業主婦は、日頃から 掃除など ちょこちょこしているから、(ほんとかな?)暮れとはいっても あせらない あせらない〜。




投稿者: kun - 午後 11:20 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 12月 23日

芋きりぼし


サツマイモを茹で 皮をむいて 切り 干す。
まだ 干して半日ぐらいの写真。
3〜4日すると いいかんじになる。

子供のころ・・・という話が 昨日に続いてしまうが・・・
この時期のおやつは、芋きりぼしだった。
どこの家でも おばあちゃんやお母さんが作ってくれた芋きりぼしが 屋根いっぱいに干されていた。
家に帰ると屋根にあがって、まだ 少し 柔らかいくらいのものをも 待ちきれず 食べたものだった。
今年 今までになくたくさんのサツマイモが採れたので、これまで 作りたい 作りたいと思っていて その機会がなかった芋きりぼしを作ってみた。
実は これは 2回目♪
小学2年の孫娘が よく食べてくれたので、ますます やる気マンマンで 作った。
といっても ちっとも 大変では ないんだけど。




投稿者: kun - 午後 10:52 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 11月 24日

大学芋


?サツマイモを素揚げする。
?砂糖と水を同量に醤油・塩を少々いれ、沸騰させ 揚げたサツマイモを入れ、タレをからめる。


食後、なにか甘いものを食べたい気分だった。
お土産のお菓子など 大抵なにかがあることが多いんだけど、きょうは 探してもない。
ないとなると、無償に食べたくなって、昨日TVの何とかいう番組で食べていた、アーモンドのスライスが回りについているロールケーキが思い出され、お菓子屋さんに直行したくなってきた。
ああ〜でも まてまてっと 台所をのぞくと・・
サツマイモがぞろぞろ あるではないのぉ♪
これだわとばかりに作ったのだった。
最後の一個は ジャンケンで勝った人の口に入り、完食。
満足 マンゾク♪

投稿者: kun - 午後 10:05 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 10月 22日

焼きいも


子供たちが小さかったころは 近所の子達もいっしょに、焚き火をしながら 焼いたものだった。
焚き火の周りで 子供たちは 跳び回って遊び、親同士は その様子を眺めたり、あたったりしながら おしゃべりをした。
焼けると棒で取り出して、アツアツを ほおばるのだ。
あのほっこりした焼き芋おいしかった!
焚き火は ぬくぬくあったかくて。
アチッアチッと言いながらも 子供たちは自分で皮をむき、手や口の周りを黒くして食べた焼き芋♪
今は、野焼きの類は 禁じられているので、そういうことも できなくなった。
厚手のこんな鍋が 活躍中。



投稿者: kun - 午前 10:16 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»