«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2014年 6月 27日

梅ジュース


   今日で10日目


 聞き違えたかと思った、
「梅ジュースを作った!」と一人暮らしの息子。
梅やビンなど買ってきて〜そんなめんどうなことしない人だと思っていた。(^^ゞ
夏をこれで乗り切ろうと思って!と♪
頑張ろうとしている気持が嬉しかった。
 今年も花で楽しませてくれた”しだれ梅”に 毎年 実がつく。
しだれ梅の実は食べられないと勝手に思っていたが、ネットで調べてみると
肉が薄いので梅干しには無理だが、梅ジュースならできるとあった。
 息子から刺激を受けて、作ってみた。
それほど沢山はないと思っていたら、梅1.5キロ。
洗ってから、つまようじでヘタを取り、梅と同量の砂糖と酢を少々入れ 毎日
かき混ぜる。 (一般的には氷砂糖を使うが、)てんさい糖ときび砂糖、黒糖(粉)を
入れた。
フォークでブスブスっと刺して 汁を出やすくし、砂糖は梅より少なめにしてみた。
 牛乳で割って飲むと美味しいと息子が言っていた♪



2014年 6月 09日

デンマーク牧場のヨーグルト



 デンマーク牧場福祉会で作られている。
自然な風味があって、美味しい。
是非 お試しください。

2013年 12月 19日

和菓子



 きれいな和菓子。
和菓子作りの講師をしている人が作ったもの。
近くに住む長男妻や孫たち 皆で美味しくいただいた。




2013年 12月 13日

干し柿



 ソフトボールのチームメイトだったウン十歳も年下の人が持ってきてくれた干し柿。
ソフトボールをやめてから 早7年〜ソフトボールをやっていたことなど まるで
夢だったことのようにも思えてしまうほど、遠い世界のことになっているのに
私のことを覚えていてくれているなんて、奇跡に近い!?
 今日は、車がなかったので 花屋さんまで歩いて行って ビオラなど10鉢ほど買い
両手に袋をぶら下げて帰ってきた。
何キロあるだろう?・・・ フツーは歩いていく距離ではない。
 夕方、通りかかった人と立ち話の中で、歩いて行ってきたことを話すと、驚かれて
「さすが、ソフトボールで鍛えた健脚!!」と言われた。
 偶然にも、そんなことを言われ、またまたソフトボールをやっていたことを 思い出した
日となった。
 炎天下でも、風が強い寒い日も練習したり 試合をしたり〜17年間もよくやったものだ
なあと思う。
 今 残ったものは、なにも気にせず太陽の元 はじけていたためにできたシミと2回の膝の
靭帯断裂の後遺症のたまの痛みと・・・沢山の楽しかったことと悔しかったこと、悲しかった
こと・・・なによりも、良かったことは今でも忘れないで来てくれる 2、3人の元チームメイト
がいてくれるということ♪ 感謝!!
 

2013年 12月 07日

キウイジャム



 実家の亡き父が植えたキウイが今年は あまり なってなかった。
コンテナに半分ぐらい。
小さいのが多かったので、何年ぶりかでキウイジャムを作った。
 帰省していた息子が皮むきを手伝ってくれて、助かったし なによりも
いろいろとおしゃべりをしながら とっても楽しく 宝物のような時間だった♪
皮をむいて、4.5キロのキウイ〜砂糖は、てんさい糖ときび砂糖 1.5キロ位。
硬くてすっぱいので レモンを入れる必要なし。
 あくを時々取りながら、1時間ほど煮て 熱湯消毒したビンに入れた。
白砂糖ではないので 色はきれいではないけれど、安心して食べられる
ジャムができた。
 

2013年 12月 02日

おはぎ



 入院している義母との話の中に、時々出てくる おはぎ(ぼたもち)。
年に2回は、「作ったから 食べにおいで」と電話がかかってきたものだ。
よく 沢山 作ってくれたっけねぇ♪ おいしかったねぇ♪と言うと思い出し
ているのかいないのかわからないが、うなづく・・・後は続かない。
 
 珍しく 私も作って食べたくなったので 小豆を用意してあった。
そこで 義母におはぎの作り方を聞いてみた。

「小豆はどれぐらい煮るの?」
「砂糖を入れて・・・わけないよ(時間がかからない)」

「もち米だけ? 白米を混ぜるの?」
「うるちともち米を炊くんだよ」

「うるちともち米の割合はどれぐらい?」
「1対3」

 最近では 理解不能のことを言うこともある義母だが、昔 やっていて身に
ついていることは 忘れていない。
 家で 「おはぎの作り方を聞いてくれて ありがとね」と夫に言われた。
いえいえ〜その通りにやってみたら、美味しくできた♪
  


 

2013年 11月 12日

ラ フランス



 今朝から 急に寒くなってきた。
とは言っても、まだ暖房を 使っていない。


 山形の友人から、 大きな ラ フランスが届いた。
お礼の電話をすると、雪が降ってるのよと憂鬱そうに言っていた。
そして、「南へ行きたい!」と。
今度 暖かい所で会おうと約束した。
これから 冬を迎え、雪国では大変だ。
 



 

2013年 8月 17日

ゴーヤなどのスムージー



ゴーヤ普通サイズ半分、バナナ1本、キウイ1個、牛乳または豆乳1.5C位、氷5個、
黒糖適宜。
これらをミキサーに入れて、ガガガガーーッ♪
大きなカップ2杯分。
ゴーヤの苦味がなく、美味しい。

ちょうど、猛暑が始まる頃から ほとんど毎日飲んでいる。
沖縄パワーの源のようなこのスムージーのお陰か? なんとか まずまず 元気に
過ごすことができている。





2013年 7月 23日

マンゴー



 昨夜 一晩だけ預かった迷子の紀州犬 はなちゃん(この名前 あとから知った)
の家からいただいたマンゴー。

 

 昨夜9時ごろ 友人のSさんから電話があった。
紐から離れた犬が、犬散歩中だったSさんについてきてしまい、家にいると言うのだ。
 よく散歩中に出会う犬で、私のうちの前を散歩で通るのだそうだ。しかし、家がどこか
わからないと。それなら、うちに置いといたほうが見つけられやすいね!ということで 
散歩コースの途中で落ち合うことにして、連れてきた。
 見たことがあるような気もするが なにしろ うちの前を散歩コースにしている犬は沢山
いるので、家がどこかなどわからなくて〜散歩に連れ出してみた。
自分の家に行くかと思ったのだ。 犬が行きたいほうに行かせてみると、楽しそうに
いつまでも散歩して、家に帰る気配がない。
一旦 うちに戻り、放してみた。 すると家の周りをまわっていて 隣の家に行ってしまい
隣の犬にひどく吼えられて追い返された。 
仕方がないので、つないでおいて朝を待つことにした。
 夜、少しだけクンクン鳴いていたが、そのうち横になって寝た。
朝、犬の吠える声で目がさめ、しばらくすると、
「すみませ〜〜ん!」という男性の声。 6時前だった。飼い主さん現れる!!
昨夜 あちこち探し、保健所にも電話をして聞いてみたりして、今朝も早くから 探して
いたのだそうだ。
「こんな近くにいたなんて・・・」と 涙ぐんで喜んでいた。
はなちゃんちから うちまで、200メートルぐらい。 しかし、数年前 引っ越してきたので
お付き合いはなかったのだ。 
そんな近くの家だったの!?とこちらも 「じぇっ じぇっ じぇっ」
 まだ、1歳なのだそうだ。 身体はちょっと恐いくらいに大きいけれど、やんちゃ盛りで
餌入れをカラコロころがして遊んだり、人なつっこくて、とびついてきてペロペロなめたりする。
一晩だけ 思いがけなく預かって、可愛さに癒された。
 
 マンゴーは、写真だけ撮って Sさんちに届けた。
Sさんちは、道から少し ひっこんでいるので、私のうちのほうが見つけられやすいと考えた
Sさんの判断力に感謝して♪
(まだ、うちには、いただきものの桃もあることだし)



2013年 3月 03日

駿河エレガント(甘夏)



 いよいよ甘夏の季節がやってきた。
道路沿いに植えてあるせいか、昨年はごっそり 誰かに採られてしまった。
今年は、柵を作り、網をかけたので、採りにくくなっているから 少しは
遠慮してくれることを期待している。
 こんなに肌がきたなくて おいしそうに見えないのも多いけど、見かけに
よらず いける♪

 金曜日の夜から 次男夫婦が来て、近くに住む長男の息子(孫)も泊り、
次の日には 三男も来て、暮れ正月以来のにぎやかな週末。
楽しい時はあっという間に過ぎてしまうもので・・・(~_~;)
また 元の日常が戻ってきた。
 次男は名古屋に住んでいるので、めったに会えないため、会えば嬉しくて〜
帰って行くときには私は寂しいが、次男にはお嫁さんがいてお弁当を作り 
健康面でも気づかってくれているようだし、「こっちは花粉が多いからもう 早く
 帰ろう 帰ろう!」とさっさと帰ってしまう。
仕方ないことで、 ま・安心といえば安心。 

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»