2017年 7月 29日

そうめん



今週は、ケンの風邪をジイジがもらい。
ケンは「ぼくは熱出なかったから、ぼくからうつったんじゃないよ」
と言っていたが。
症状は年齢や体調などによって出方が違うかもしれない。
二人のそばにいて、私にうつらないなんて、珍しい。

  負けるのもひとつのわざと言う妻の
  孫との将棋長くなりけり

私とケンが大騒ぎして回り将棋をやっている時、ラジオから流れてきたと
夫が教えてくれた、どこのどなたの歌か知らないが よく似ている。
きっとこの人たちは本将棋だろうけれど。
乱暴に駒を振ってわざと外に出す時もある。
いつも孫の勝ち。笑

今年の夏休みはその日の予定を連絡するため、ケンから朝電話がある。
「今日ね、11時までプールだから、帰ってきたら行くね!
 ご飯作って待ってて」 などと。
子どもたちが小さい頃は、ご飯作って待っているのが日常のあたりまえのことで、
こんなふうに言われることはなかった。
孫に言われ、なんか新鮮で嬉しくて、今日はなにししようか?と
楽しくお昼ご飯作りを頑張っている。







2017年 7月 13日

久々の焼きそば



 50キロほど離れた実家のそばにある畑の草刈りに行った。
一段下の畑でいつもいろいろな野菜を作っているおばさんから
うちの畑を貸してほしいと突然の申し出が。
自分の畑は土が硬いので、良い作物ができないから作るのは
やめたいと言う。
うちの畑は、父が赤土を入れたので、柔らかく石もない良い
土であることを知っていて〜。
イノシシ被害に遭ってから、作物を作るのを止めて久しい。
おばさんの畑は、電気柵をしてある。
前回来た時には杖をついていて、もう80歳だと言っていたおばさん。
その意欲には驚く。
畑の真ん中の部分を使い、周りはおばさん曰く”草枯らし”をまくのだ
そうだ・・・”草枯らし”かぁ。。。ムリもない、そうせざるをえないことは
わかる。
トタンがあるので、(イノシシ対策として)囲むんだって。
3回位、タダでいいよね?と確認するしっかり者だ。
 除草剤を使うこともなかった畑で、今はあまり大きくならないように
時々草刈りをし、ゆくゆくは自然に返そうと思っていたのだったが
予定変更。 まあ いいわ☆何年間か、お任せしよう!
 私のことを下の名前でちゃんづけで呼ぶおばさん〜うちの電話番号を
書いて渡し、おばさんっちの電話番号と名前を聞き、初めておばさんの名前
を知った。
できるだけ長く頑張ってね!と言ったものの・・ほんの少しだけ寂しさもある。
ふるさとに帰る理由が、しばらくの間 もうない。