2014年 6月 30日

ハンバーグ



 初めて飛び込みで入ったレストランで、夫はハンバーグ、私はかつ定食を
注文した。 お互いに いつも相手のをつまんで食べる。
かつは、まあ美味しかったけれど、ハンバーグはイマイチで。(~_~;)
 リベンジで 美味しいハンバーグを食べたい・・・と夫が言うので、早速
作った。 家で採れた玉ねぎを使った オニオンソース♪

投稿者: kun - 午後 10:03 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 28日

山形の友人から届いたさくらんぼ



 誰かにおすそわけしたい気持ちがなかったというわけではないけれど、
(どっちだ!?)タイミングが合わなかったりなんだりで・・・
食後 ふたりで「甘いね♪」「おいしいね♪」と食べているうちにあと
これだけに!!(~_~;)

 

投稿者: kun - 午前 05:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 27日

梅ジュース


   今日で10日目


 聞き違えたかと思った、
「梅ジュースを作った!」と一人暮らしの息子。
梅やビンなど買ってきて〜そんなめんどうなことしない人だと思っていた。(^^ゞ
夏をこれで乗り切ろうと思って!と♪
頑張ろうとしている気持が嬉しかった。
 今年も花で楽しませてくれた”しだれ梅”に 毎年 実がつく。
しだれ梅の実は食べられないと勝手に思っていたが、ネットで調べてみると
肉が薄いので梅干しには無理だが、梅ジュースならできるとあった。
 息子から刺激を受けて、作ってみた。
それほど沢山はないと思っていたら、梅1.5キロ。
洗ってから、つまようじでヘタを取り、梅と同量の砂糖と酢を少々入れ 毎日
かき混ぜる。 (一般的には氷砂糖を使うが、)てんさい糖ときび砂糖、黒糖(粉)を
入れた。
フォークでブスブスっと刺して 汁を出やすくし、砂糖は梅より少なめにしてみた。
 牛乳で割って飲むと美味しいと息子が言っていた♪



投稿者: kun - 午前 06:41 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 26日

花は今

   
5月末 夫がいただいた花束は →  今はバラだけドライにして♪



    
娘からもらったあじさいは  →  緑で楽しませてくれている♪ 




  

投稿者: kun - 午前 06:54 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 25日

ほたてと野菜オリーブオイル焼き



 日本サッカー一次リーグ敗退(+_+)
3戦目ともなると、実力を出し切れなったとは言えない。
これが実力と思われても 仕方がない。
 28日から決勝トーナメントに入る。
どれぐらい放送してくれるのかわからないが、日本が出なくても
コロンビアやギリシャがどこまで進めるか興味があるし、
ブラジル・オランダ・ベルギーなどの試合も楽しみだ。
(無理にそう思おうとしている!?)
 ウィンブルドンテニスで錦織初戦突破♪
サッカーのストレスエネルギーを全部 こちらに持ってこう!!

投稿者: kun - 午前 11:42 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 21日

オニオンソースで豚赤身ステーキ



 ズッキーニ初採り。
「つんちゃん ズッキーニ柔らかくて食べやすいかもね」と言うと
夫は早速 採って、お土産に加え 名古屋に出かけた。
午前中会議で、午後 つんちゃんに会いに行くのだそうだ。
私は、自治会の親睦会に出なければならなくて 残念ながら
行けない。
 採れ始めたばかりのいんげん、ナス、ミニトマトを少しずつに
ズッキーニとびわ〜びわは、会議仲間にも持っていくんですと。
食べてもらいたい気持ちはわかるけど・・・
うーん・・道中だけで疲れそう。
「資料は持っていくのやめようかな?」って(~_~;)
さすがに そうすることもできず〜大荷物を抱えて行った。

 

投稿者: kun - 午前 08:48 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 20日

てんとうむしつんちゃん



 アメリカ人の友人が、娘さんが着れなくなった洋服をどさっと
貸してくれたのだそうだ。
必要がなくなったら、返して〜ということなんだって。
(下の子ができたら、着せるために。)
なんと合理的♪ 
日本人は、お下がりをあげたり もらったりはあるが、返して〜ということは、
(昔は)親戚同士ならあったかもだが、あまり聞いたことはない。
 白い肌によく似合いそうな紫・ショッキングピンクなどのオシャレなデザ
インの洋服が多い。これもその中に入っていたらしい。
さいわい孫は色が白いので、どれもかわいらしく着こなしている。(←ババばか)


投稿者: kun - 午後 03:47 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 18日

玉ねぎサラダ



 『ノア〜約束の舟〜』を観た。
期待していただけに「・・・・」
観終わると、帰りの車の中で感想を言いあったり いつもするのだけれど
今回は「・・・・」
 聖書には、
息子のセム、ハム、ヤフェト、ノアの妻、この三人の息子の嫁たちも、箱舟に
入った」(創世記7章13節)
と書いてあるが、この映画では ハムとヤフェトには嫁はない設定になっている。

セムの嫁が箱舟の中で双子の女の子を産むが、ノアは殺そうとする。
この世に罪深い人間がいなくなることを神は望んでいるとノアは受け止めていたのだ。
箱舟の中にカインの末裔が侵入していたり、変な怪獣のようなものが出てくる。
聖書には書かれていない映画独特の展開に「・・・・」
監督は、聖書に忠実に描いていたら、映画にはならないと考えているのだろう。


投稿者: kun - 午後 03:26 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 17日

初ものでお寿司

null

 きゅうりといんげんが初もの。
お寿司が大好きなので、今回は寿司飯を5合炊き ふたりで4回も食べた。
 手巻き、ちらし寿司、巻き寿司やいなり寿司と〜子どもたちがいたころは
目先を変えたり、多くても3回目のお弁当でご飯がなくなったものだったが。
さすがに4回は食べたくないだろうと、ご飯を冷凍しようとしたら、何回でも
食べたい!と夫が言った。(^_^;)
 最初の夜と朝は、生の刺身類が中心になる。
この写真は、昼だったか?(最後の)夜か?
もう生ものは姿を消している。
畑で採れるパセリやイタリアンパセリ、青ジソも飾りではなく しっかり緑黄色
野菜としての一役を担っている(^^ゞ


 

投稿者: kun - 午前 05:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 15日

びわ採り



 満月の夜のこと。
暑くなってきたので、夜の散歩もこれからはいいね!と言いながら
夫といつもの道を歩いていた。
ほとんど田舎道だが、一ヶ所だけ横断歩道を渡る。
遠くから車が近づいてきたが、渡れそうだったので、それーっと夫は
私の手を取り 急いで渡り終えると〜その車が、通り過ぎた所で止まった。
運転席から顔を出したのは、仕事帰りの長男だった♪
数秒違えば、会わなかっただろうに(^^ゞ
2週間ぶりぐらいだった。
近くにすんでいればこそ、こうして偶然 顔を見ることもできる。
元気そうな長男と会えて、なんかすごく嬉しかった。
遠くに住む他の3人の子どもたちとは、どんなに会いたくてもばったり会う
ことなんてないわけで(T_T)

 「おかえりぃ!!」と私。
反対車線からも後ろからも車が来て、すぐに車は走り出した。
夫は「びわを採りに来いよぉ!」と叫んだ。
早速、次の日孫が来て、一緒にびわ採り。
「びわ採りって 楽しいね!」と孫は 喜んで沢山びわを採っていった。




投稿者: kun - 午前 06:02 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 14日

新じゃがのバター焼き

null

 サッカーW杯 開幕戦、ブラジルVSクロアチア。
日本が対戦する試合以外は、これまで観たことがなかったがたまたま
目が覚めたので、観た〜冷静に。
 ドリブルは足だけでするのではなく手でかきわけ、タックルして
服を引っ張り倒すし、空手チョップはする・・・格闘技を見ているようだ。
試合が終わって、ユニフォームを脱いで交換する。
特にブラジルの選手達は”刺青は皆でやればオシャレ”とばかり(+o+)
かつて、刺青が恥ずかしくて脱がなかった選手がどこかの国でいたが。
文化の違いなのか!?
 サムライジャパンはお婆から見ると、髪を金髪にしたりする人がいるのが
気にいらないくらいで刺青は見たことがないし・・隠れた所で不正をすることも
ほとんどなく清々しい。まず初戦 頑張って欲しい!
  
 

投稿者: kun - 午前 06:32 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 13日

鶏胸肉と玉ねぎの甘酢あんかけ



 夫が2泊留守になっている時、ひとりだと夜不安で〜
と、犬散歩してきた知り合いと立ち話した。
その家は、3世代同居。
「(先々)ひとりになったら どうするの?」と聞かれた。
夫が先に亡くなるとお互いに思っている(~_~;)
「健康でいられる間はひとりで生活して、最期は施設だと思う・・」
これまで、そういうことを聞かれたことがなかったので、いざ聞かれてみ
ると、そう遠い将来のことでもないような気がしてきた。
3世代仲良く暮らしているその人からは、考えられないような老後なのかも
しれないが、今 珍しいことでもない。
 ひとりも慣れれば気楽なのかもしれないし、施設が家より居心地が悪いと
ばかりは言えない・・・と、将来考えられるようになれるか!?
それはその時になってみないとわからない。
 

投稿者: kun - 午前 07:32 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 12日

ルピナスとエキナセア

  

 2010年 フィンランドを旅した時、道路沿いや湖の周りにルピナスが群生
していて 感激した。
3年ほど前、近くの畑にルピナスが植わっているのを見て「きれいですねぇ!!」
と声をかけたら、忘れたころにそこのおばさんがルピナスの種を届けてくれた。
ピンクと紫とを袋に分けて。
 種をまいたが、芽が出ても育たず、残ったのは2本ぐらい。
そのうちの1本は2年目に消えてしまい、残った1本は昨年花はつけず 葉だけの
状態だったが3年目にして咲いた。
 ルピナスを見ると、フィンランドの美しい風景とK宣教師の笑い声を思い出す。  

投稿者: kun - 午前 07:06 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 11日

あじさいとエキナセア

        
何年か前 花が終わり半額に    名前がなかなか難しい・・
なった鉢植えを買ってきて     ”(中森)あきな言う”と覚えている。(~_~;)       
2つに分けて植えた。
 

 バラの支柱が鉢を突き破っていたことに気付いた。
しっかり 刺そうと木槌で加減もわからず力任せにどんどん打ちこんだから。
 たまたま来た弟がそれを見て、「”強力接着剤”でなおせばいいよ!」と
鉢を斜めにして、断面を洗って 乾かしてからつければいいと丁寧に説明
してくれた。
次の日 接着剤がおくられてきた。
こちらで買うからいいと言ったのに・・昼ごはんのお礼なのだそうだ。
”超強力接着剤”と書いてあった。
 
 弟は顔も亡き父によく似てきたが、やることもそっくりだと思うことがある。
ベッド、椅子、本箱など 鼻歌を歌いながら 造っていた父の姿とだぶる。
普段慎重なのに、高速道路では かなりスピードを出す所も似ている。
 
 「あまりスピード出さないでよ!」と言うと
「パア〜〜ン」と、新車のクラックションを鳴らし
「こんな音が出る♪」とデヘッと笑い 帰っていった。

投稿者: kun - 午前 07:16 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 10日

かぼちゃ枝豆サラダ



 朝7時50分まで 草取りをしようとアラームをかけた携帯をポケットに入れ、
6時少し前から始めた。
駐車場の周りに 雑草とコスモスやメランポジュームなどの花が競争のように
伸びて、小さな駐車場の中まで侵入している。
 涼しいうちに〜と思って始めたけど、日差しがどんどん強くなり、草の根は
はっていて 力を入れるので、かなり大変だった。
 近くの農家の95歳のお婆さんが散歩に来て しばらく話していった。
つい 最近まで、押し車に作った野菜を乗せて 近所に売りにまわっていた
元気なお婆さんだ。
私は休まず 手を動かしながら。
「あんた いくつになっただか?」というので、年齢を言うと
「若く見えるねえ!」って。
イヤイヤ〜〜若く見えると言われれば嬉しいかぎりだが、中身は歳相応だと・・・(~_~;)
 花壇の草を伸びないうちに ちょこちょこ取る草取りと違い、久しぶりの本格的な
草取りはかなり肩足腰にきて・・・もう一度寝なおしたい気分(+o+)

投稿者: kun - 午前 10:30 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 09日

デンマーク牧場のヨーグルト



 デンマーク牧場福祉会で作られている。
自然な風味があって、美味しい。
是非 お試しください。

投稿者: kun - 午後 07:31 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2014年 6月 07日

きんぎょ草



 息子が仕事が忙しいので、嫁が1歳の孫と2人で新幹線に乗ってきてくれた。
9日間の滞在だった。 
夫と一緒ではなく、夫の実家に来るのは気を使うし大変だと思うが、私たちが
孫に会いたい気持ちを察してくれ、それを押してきてくれる ほんとによくデキタ
嫁だ♪ 
孫は、自分の意志も芽生えてきて 面白いし、かわいい盛り。
 
 楽しい日々は またたく間に夢のように過ぎてしまうもので・・・。
帰り、夫と一緒に静岡まで車で送っていったのだが、車の中では 別れを感じて
いるのか、抱っこして離れなかった。
前向きに抱っこしようとするとそれも嫌がり、小さな手で私の服をしっかり握り
しがみつくようにしていた。
新幹線の中まで送っていった。
別れはお互いにつらくて、新幹線が動きだし私たちの姿が見えなくなると孫は大泣き
し困ったそうだ。 私も涙 涙 (T_T)

 
 もうしばらく これほど楽しいことはなさそうで、平凡な日が続く。
あと数日するとワールドカップだ。
楽しみとしてはやや落ちるが、まあ 楽しみといえば楽しみではある。  
 



 

投稿者: kun - 午後 05:45 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク