2013年 10月 30日

柿の酢味噌和え



 亡き義父が植えた柿の木に こんなに大きな柿が10個ほど
実をつけた。
毎年、虫やカラスの被害にあい〜今年も期待してなかったので
思いがけず 嬉しい限り。


 時々、トイレ貸して!と学校帰りに寄る小学1年の女の子。
昨日は、玄関で大洪水!
出始めてしまったら、止めることはできず
本人も私も あ〜あ〜あ〜〜〜〜〜あれまあ〜〜中で夫が笑ってる。
 いつも 出ちゃう!!と大騒ぎして 入ってくるのは、オーバーでも
なんでもなく ほんとだったんだ(~_~;)
 昔の子たちは、野っぱらなどで してしまっていたものだが
今 町の子たちはそれもできず、かわいそう。
「学校でしてくれば 良かったね」と言うと、「だって その時はしたく
なかったんだもん」・・・そうか そうか そうだよね。
「コンビニでしちゃあだめって、おばあちゃんが言うし」って。
 
これからは、学校の保健室みたいに 替え下着を置いとかなきゃかな?
 

  
 
 

2013年 10月 26日

里芋の煮物



 小学1年の2人組女の子”寄り道隊”
ランドセルは、茶色にピンクのふちがついているのや赤色に刺繍入りのなど
昔とは様変わりしている。 ちなみにケンは青いランドセルがいいと言っている。
 Aちゃんがかわいい新しい傘を持っていた。
赤とか黄色の単色の傘ではなく、きれいな黄緑色の模様の傘。
「Aちゃん 小学校に入ってから 傘 何本目?」と聞くと
「2ほんめぇ」
傘はちょっとしたおもちゃのように 棒がわりにしながら 遊んでいるのを見かける。
「にほんじんだから、にほんまでにしときなぁ、
さんぼんになったら、さんぼんじんになっちゃうよ」と言うと大爆笑。
こんなことで 大笑いしてくれる可愛い子たちだ。
 
 小学生とは反対側から 夕方遅くに中学生が帰ってくる。
違う方に帰る子がいるのか、ある日その分かれ道で4人ぐらいの女子中学生が
歌を合唱していた、ひとりは指揮をして。 
夫と散歩の時 歌を聞きながら 近づいていき〜終わったので 拍手すると皆
照れたようにゲラゲラ笑っていた。
「上手だね!」
「アンコール!」などと言いながら 通り過ぎると中学生たちはまた 歌いだした。
 家の中にいても、歌いながら帰ってくる中学生の爽やかな声が聞こえてくる
時がある。
 
 小学1年の子たち どんな中学生になるんだろう・・・歌声中学生たちのように
なるのかな?(^0_0^)





2013年 10月 25日

リトリート その後

  

 東京から帰ってきて、まず 花の手入れをし、義母が入院している病院に行き、
孫にお土産を渡しに行き、念入りに掃除をし。
 管理しているHPの更新、預かっている会計処理などもやり。
ほっとしたせいか、なんとなくボーッとして 花ばかり見ている。

 
 花は、夫が水をあげたり 台風の時には中に入れたりしてくれたお陰できれいに
咲いていた。
 義母は、少しずつ弱ってきていて元気がなく、夫(息子)の名前も私の名前も
すんなり出てこなかった。
 散歩の途中 孫の家に寄り、お土産を渡し いつものように中に入らないで帰ろうと
すると、ケンが
「バーバといっしょにすみたいな」と引き止めるかのように言った。
もっと小さい時は、帰ろうとすると泣いたものだが 大きくなって そういうこともなくなり
思いだしては かわいかったなあと思ったりしていたが、6歳になり こんな言い方を
して 喜ばせてくれるとは!
宝箱にしまい、時々出しては幸せをかみしめたい言葉♪
 

2013年 10月 24日

琉球ウリ



 リースにも良さそうだ!
近所の”花友”が、私の留守中 持ってきてくれた。
通販で買った苗がぐんぐん大きくなっているんだよ! 今にあげるね♪と
言ってくれていたのは、いつ頃だっただろう・・・
スイカの小さいような模様の実がなっていると言われても イメージがわかず
そのうち 忘れてしまっていた。
つるがどんどん伸びて、小さななんでもないような黄色の花が咲き、実は緑から
赤に変わってきたそうだ。
作りもののようで 可愛くて面白い。
 今度は、苗が出来たら あげるね!と言っていた。
社交辞令ではなく あげると言ったら 絶対忘れない所が彼女の素晴らしい長所だ。 


2013年 10月 23日

リトリート(後半)


 ふうは、ベッドも毛布も自分のものだと思っているらしい。
「お母さんにも貸してよ」と言いながら、貸してもらう毎日だった。(笑)


10/17 (木)
 東京の叔母のお墓参りに行きたいと弟が前から言っていた。
前夜メールがあり、急きょ今日行くことに。
阿佐ヶ谷駅で待ち合わせ。
 弟は大学時代、ベジタリアンで肉魚を食べなかった叔母の家に下宿して
いたことがあった。 料理はどうだった?と聞くと、美味しかったよと懐かしそう。 
クリスチャンだった叔母は、(遺言通り)牧師だった叔父も眠る教会の墓地に
入っていた。その質素さに弟は驚きながらも、叔母らしいのかもねとも言っていた。
 弟の大学時代のテリトリーだった近辺を歩きながら、もう時効だからと若者なら
ではの武勇伝など昔話に花が咲いた。
 その後、弟が好きな番組でやっていたという神田のガード下の酒場へ行くことに!
沢山の店が並んでいる中で、偶然 すぐにその店にたどり着き、テレビで紹介して
いたお勧めのおつまみとお酒を頼み、飲み食べしゃべり〜亡き両親がどれだけ
私たち子どもに愛情を注いてくれたかというエピソード話になると、ありがたかった
よねと涙を流し(←私が)。 


10/18(金)
 上野の国立西洋美術館「ミケランジェロ展」 礼拝堂の天井画などとんでもなく
偉大なものを何年もかけ制作した努力の人。
 その後、アメ横をぶらぶら歩き、ナッツとくるみ購入。
アメ横では、地元の中学生が職場体験をしていた。
「『1000円でいいですよ!』って 言って!」だの「ポケットに手をつっこむのはダメ」
などと言われながら、初々しく制服姿でお手伝いをしていた。
 次に下町風俗資料館。
 最後に本に 載っていた「みはし上野本店」で、白玉クリームあんみつを食べた。
平日なのに 並んで待つほどの盛況ぶり。
私の後の人も同じ年代の女性一人だったので、相席にしようということになり
いろいろと話しながら いただいた。 名前も知らず、もう会うこともない人だが
友達になりたいような人だったなあ(^^ゞ
嫁ぐまで東京に住んでいたということで、「子供のころは、アメ横には行っては
いけないと言われていたんだけど」と言って、中学生が職場体験していることを驚いて
いた。


10/19(土)
 娘の勤める病院まで 2Kとちょっとぐらいか?
歩いて そのあたりを散策。
病院から 芝公園、東京タワーにも歩いてすぐ。
小学6年の時以来の東京タワー!! 
幼かった少女も 今や婆・・・長い時が過ぎたものだ。
 その後 娘が勤める病院に入り〜娘はいないし、私が親ということも誰ひとり
わからない気楽さで11階のレストランで昼食♪
同じ階で健康セミナーがあるということを知り、当日申し込みもいいというので
聞いていくことに。


10/20(日)
 行ってみたい教会をいくつか調べてあった。
先週と違う教会に行こうと思っていたが、「大岡山へ行けばいいじゃん、
午後、ルター500年記念の講演会があるって ”るうてる”に書いてあったよ」と
(電話で)夫・・・夫の言うことにはなんだかんだいって 大抵従う・・・大岡山教会に行くことに。
聖さん式があったし、松岡牧師夫人とも話ができて〜やっぱり行って良かった。
 ルター研究所秋の講演会にも出席
「日本におけるルター研究の歴史」〜宗教改革500年記念に向かって〜徳善義和先生
「ルターの宣教の神学と今日のルター派の宣教理解」   江藤直純先生
                    

10/21(月)
 いよいよ最終日。
ふうのブラッシングと部屋の掃除はほぼ毎日していたが 、今日は特に念入りにしてっと。
 コンビニも近くにいくつもあるし、スーパーもあるので、食べるものには困らないが
家にあれば 買ってくるという手間が省ける〜ということで、少しの間だけでも 娘が
ラクできるようおかずやご飯 果物などを冷蔵庫や冷凍庫にストック。
料理はやっぱり大好き♪
(味噌と塩麹と梅干しを持ってこなかったことをちょっと後悔)

 夜 娘の帰宅第一声が、「楽しかったぁ」だった。
なによりも最高に嬉しい言葉♪ 
子どもが幼い時からずっと こういう言葉を聞くことが、いつも私の喜びだったと
いうことを思いだした。




2013年 10月 22日

リトリート(前半)


  ふう(16歳)

 日常から離れて 自分だけの時間をもつ「リトリート」、まさにそんな時だった。
東京で一匹と一人暮らしの娘が10日間留守になるので、良い機会だと思い
猫守りをかってでた。
こういう時は、過去 家に猫を連れてきていたが、今回は私がひとりで行くことに。



10/12(土) 
 娘と麻布十番駅で待ち合わせ。テレビで見た「ポワンタージュ」のパンを買い。 
家の近辺を案内してもらい〜マンションへの入り方、猫の世話のことなどなど説明
を受け〜作って持っていった栗おこわ、五目豆、里芋煮物で 夕食を一緒にし〜
娘は夜 大きなスーツケースを持って出発。    


10/13(日)
 住まいから一番近そうな日本福音ルーテル大岡山教会の礼拝に出席。
説教題「あなたに働く神の力を知る」 ♪恵まれた時♪
ここの信徒で トルコ旅行などをご一緒した方に「イスラエル旅行」(3月)に誘われる。
(思案中)
 大岡山駅の前の東京工業大学で学園祭をやっていたので、冷やかし程度に寄った後
大岡山から二つ先の自由が丘の「女神祭り」(商店街のお祭り)を覗く。
 小路の店の前でやっていた紙芝居。(「泣いた赤鬼」「注文の多い料理店」)
子どもたちの後に座り込み〜まさに芝居のような語り口に引き込まれ 豊かなひととき♪
三橋とらさん 素敵な人生を歩んでる! 
 古本屋で、本を7冊購入。 家にあるのとダブリそうなのもあったが、まあ一冊105円だし・・
と思いつつ買ってしまい・・・重いということを考えなかったあさはかな思いでした。(-_-;) 


10/14(月)
 「沈黙」(遠藤周作著)読み始める。 
渋谷区松濤美術館をめざして、渋谷駅から町の中心部を避け、歩いた。 
途中どこを歩いているかまったくわからなくなりながら、たどり着いたが〜工事の為
休み!(~_~;) たまたま通りかかった東急本店のレストランで「松茸御膳」わりとリーズナブル
で美味しかった。 
 南北線で白金高輪まで戻り、近くの商店街付近一帯を散策。
その後、有栖川宮記念公園に行き、都立中央図書館で新聞を読む。
 ここらあたりは、フィンランド、アルジェリア、イランなどいくつも大使館があるせいか、外人が多く、
公園で遊んでいる様子を見ると、外人の中に日本人が混じっているという感じ。 


10/15(火)
 台風26号のため 午後から雨。
白金高輪商店街で買い物。
 「火車」(宮部みゆき著)読み始める。
二日間 一日6K以上は歩いたせいか疲れて〜ちょうど良い休息の時であり、これからの計画
を考える時となった。
パソコンは娘が持っていったので、前回会った時 娘からもらった「歩いて楽しむ東京」という本だけ
が頼り。 地図を見ながら歩くのはにがてだが、迷ったところで 暗くなる前に家に戻ることが
できれば、それでOK。


10/16(水)
 家から歩いて、麻布十番から 六本木へ。
国際文化会館で一般の人でも食事ができるというので寄ってみたが、会員より一般は、300円位
高く・・・ただ単純に愉快じゃなくてそこを出て〜毛利庭園の前のレストランで昼食。
 毛利庭園は、六本木ヒルズとテレ朝の横にあり、犬の憩いの場所のようで、犬を連れ散歩している
人が多く見られた。
 本に載っていた「おつな寿司」(おいなりさんの揚げを裏返しにして入れてある。これは亡き伯母の
オリジナルかと思ったら、昔からこういう作り方をしていたんだ!)の前を通り、国立新美術館へ。
 「クレラー・ミュラー美術館作品 印象派を超えて 点描の画家たち」 モネ、ゴッホ、スーラ、
ゴーギャン、モンドリアンなどの絵をゆっくり鑑賞。
 帰りは、近道(らしい道?)を歩くことに・・・で 迷い・・
朝、麻布十番に入る所を通った時、警察官が10人ぐらいいたので 「なにかあったんですか?」と聞いて
みると「いえ・・韓国大使館があるので」ということだった。よく見るとその先に大使館があった。
(警備らしき人たちがいない大使館もあるんだけど・・・)
朝 話した若い警察官が同じ所で夕方も立っていた。 (大変だねぇ・・)
ここまでくれば、なんとか道はわかる。家までは、2Kくらいかな?(坂道が多い) 





2013年 10月 08日

野菜ピザ風



 いや〜っ 暑い!
台風24号の影響だろうが、それにしても 夏のような暑さだ。
部屋の温度は、28度 湿度65%。

  洋装店をやっている従姉から、またまた洋服(従姉妹のお下がり)が送られて
きた。従姉妹は、「あたしゃあ 死にゆくしたくだよ」と古着とも言えないような新しい
ものまで送ってくる。 昔は洋装店の看板娘で、今は店主なので〜作っては着て
作っては着て、私の所にまわってくるわくるわ!
 子どもの頃は、6歳違いの従姉が着たものは やたら大きくて 嫌だったが、
大人になってからは体型もほぼ同じになり、 ほとんどが従姉のもので間にあう。
 母の洋服も捨てられないものも沢山あるしで、もう一生洋服を買わなくても良さそうだ。
我が家の経済状況では昔も今も買えないような質と量の洋服たちが与えられて 感謝♪
自分で選んで買う楽しみは奪われたが(って ぜいたくないいぐさ!)

 12日から 10日間、娘が留守になるので、相棒の猫君の世話係として
東京へ行くことになっている。 それまでにやらなければならないことの中にクローゼットや
タンスの片付けがある。 今日は朝から頑張っている〜〜あと ひといき! 
目標の日があると、あとまわしぐせのある私も さすがによく動く(^_^;)


 

2013年 10月 07日

落花生



 しのぎやすい気候って ほんとありがたい。
ホームページをやっとのことで、全面的にリニューアルする気力がわいてきた。 
まず教会のホームページから♪
久々に根をつめてやったら、肩がはってきたので、ここでおしまい。
 NPO野いちごのホームページは、また今度(^_^;)
どちらの団体も、プロにやってもらうほどのお金もないので? 私がやらせてもらっている。
 野いちごのほうは、いつの日か「もう ケッコーです」と言われそうだけど、教会は多分 これからも
長くやることになると思う。  



2013年 10月 06日

両親の写真


 にこやかな18歳の父(左)〜20代の前半 戦争が影を落とした。

 

 13年前に亡くなった父の写真はそのままになっていたが、母亡き後 2人の写真を
片付けなくてはならない時がきた。
春には、母の衣類などの片付けで手いっぱいだったが、一応 残しておきたい
ような写真を弟と一緒にざっと選んで 家に持ってきてあった。
部屋の隅に置かれたアルバム類に、
「いつ やるの?」と・・・プレッシャーを与えられ続け。
「今じゃない! あとで!」と、延ばし延ばしきたが、ようやく涼しくなって、
手をつける気になった。
 150枚ほどの写真を選んで、
?独身時代 ?結婚して子どもたちと ?旅行など趣味 ?孫たちと
?父亡きあと ?祖父母や兄弟
に、分類し、パソコンに取り込んだ。
 あとは、息子(長男)がレコードになった母の歌声をバックにして DVDに入れてくれる
ことになっている。 息子は、私と違い仕事で忙しいが、 徹夜をしても さっさとやるタイプ
なので、もうほぼできたようなものだ♪(って 息子へのプレッシャー!?)


2013年 10月 04日

栗ごはん



 名古屋へ会議のため出かけた夫が、帰りに名古屋の息子の家に寄ってくると
嬉しそうに出かけた。
「つんちゃん 大きくなっただろうな♪」と孫を抱っこするのを楽しみにして。
写真や動画をしょっちゅう送ってくれるが、やはり実際に触れてみたいものだ。
 出かける前に炊いた栗ご飯(4合分)をキャリーバッグに入れ♪
ショルダーのほうには、インゲン豆。
両方とも息子の大好物〜「こんなに沢山!!一杯ずつ食べるぐらいでいいんだよ」
と夫は言ったが、大盛りの栗ご飯をおかわりをしてもりもり食べる息子と授乳中で
赤ちゃんのためにと気を使ってよく食べる息子妻のことを思い浮かべたら・・・
やっぱり これぐらいは持ってかなくっちゃ♪

2013年 10月 03日

なすとインゲンの味噌炒め煮



 消費税が来年4月から8%になるというニュースに隠れるかのように
福島原発ではあらたな汚染水漏れが、起こっている。
「完全に湾港内でブロックされている」だなんて、全くのウソだとフツーのおばさん
でさえわかっている。 そうでも言わなければ、オリンピック招致は不可能だった
と思うから 言いたかった気持ちはわかる。
 カーテンのようなもので囲ったとしても、海を完全にせきとめられるはずもなく、
外洋とつながっている。
それに、タンクがある所の排水溝の出口は 港の外にあり 外洋に流れていくように
なっている。
 近畿大学の研究者が港から1,5キロの砂、海水を調査した結果が報道で流れ
ていたが、それによれば 深刻な放射能漏れは明らかだ。
これが独自の調査だというから、驚いた。 調査にかかる費用など、東電や国から
出ているわけではない。
 
 消費税をあげるのは、莫大な赤字がある中で 仕方がないとは思うが、テレビや
新聞に出てくる首相が、(「完全にブロックされている」と自信満々に言った時のことを
思い出し)裸の王様に見えてしまい、日本の経済を上手にコントロールできるの
だろうか?と不安がよぎる。

2013年 10月 01日

ゴーヤとグルテンミートのチーズ風味



 押し車を押して歩いていたお婆さんが、通り沿いのウチの花壇のガーベラをポキッと
折って押し車に入れたちょうどその時、夫が挨拶しようとして出たのだそうだ。
「すみません」と言って 足早に行ってしまったということだ。
 1年ほど前にご主人を亡くされ 一人暮らしの近所の80代のお婆さん。
話をしたことがあるが、常識のある人で、そういうことをする人ではないと思っていた。
認知症が始まってしまったのだろうか?
母も、父亡き後 うつ状態から認知症になってしまったので、人ごととも思えず心配になる。
 いつも我が家の前の道を散歩している。
気まずくなり 顔を合わせたくなくて 通らなくなったら、正常な神経と言えるかも。
すっかり忘れて、悪気なさげに通ったら認知症か?
たかがガーベラ一本のことぐらい忘れて 前のように通ってほしいとは思うが。