2010年 7月 25日

アイスクリーム(ドイツ)

null

 「50代最後の夏を楽しんで下さい」とメールをいただいた。
しかし、ここ2週間は 高熱、咳、めまい、不眠で苦しい日々だった。
ようやく 熱が下がり 咳もほとんど出ない。
息子も発熱。そんな中 夫は元気そのものだ。
「お父さんは、長生きしそうだね!
お母さんは、早死にしそう」と息子。
「お父さんが一人になって めんどう見切れなかったら、施設に入れて」
と私。
「それだと金もかかるから、離れ(小さな2階建ての倉庫風の所)に 
入れておこうか! そして 犬に番をさせて 外にフラフラ出ようとしたら
かみつかせるように しつけるか!」
(爆笑)
「老人虐待で訴えられるよ!」
 冗談を言えるほど、元気になれて嬉しい。
TVに出ていたある医師が
「私は朝、今日 一人でもいいから、誰かを幸せな気持ちにしてあげたい 
と思って一日を始めます」と言っていた。
素晴らしいお医者さんだなあと感動した。
医師ではなくても、どんな職業であっても、たとえ病気のときでも、そういう思いを
一日の始めに持つことができたら、きっと 素敵な一日になるんだろうなと思う。
思いがこもったひとことや眼差しだけでも、人は幸せな気持ちになれるものだから。



2010年 7月 16日

アイスクリーム(フィンランド)

null


 そんな季節になったんだなあと布団に横になって、蝉の声を聞いていた。
しばらくすると、もう聞こえてこない。
 成田での前泊を入れると2週間の、フィンランドとドイツへの旅行から
12日午後に帰宅し、13日の午前中、草も花も伸び放題になっていた花壇の
手入れをした。午後に荷物の片付けをしたり 郵便物を見たり、息子たちから
留守中のできごとの話を聞いたり、そんなときもボーッとするのは きっと
時差ぼけだと思っていた。しかし、それだけではなかったようだ。
久しぶりに孫に会うこともなく、お土産を手にし、情けないかなその夜から 
咳と発熱でダウン。
 ドイツでの最終日の夜 頭痛がして・・ 早目 早目と思い、風邪薬を飲んだ。
帰りの飛行機の中で、トイレに立ったとき、ツアー仲間が耳打ちしてくれた、
「私たちの後の席の人が熱が出ているから、後のほうには行かないほうが
いいよ」と。彼女はしっかりマスクをしていた。飛行機に乗るときは、マスク位
用意しなくっちゃね〜反省&今後のための教訓
飛行機の中では、咳が何ヵ所からか聞こえていた。
その風邪をもらったか、元々ドイツ風邪をもらっていたか わからないが、症状は
同じだ。 
 今日は、ようやく会計の仕事などを少しずつやり始めた。
あと ひといき〜♪