2010年 2月 20日

大根と木の実サラダ(持ち寄り食事用)

null

 大根・・・形は悪いし 虫も入っているのもある。
短冊に薄く切り 塩をふって 少し置いてあるものを見つけた2歳の孫が、
「ダイコン チョーダイ」
「はい どうぞ♪」と一枚を口に入れてやる。
「しょっぱいかな?・・・」 
「ショッパクナイヨ、オイシイヨ」口をとじ、コリコリ食べる。
クチャクチャ食べないし、口のわきに食べ物がつこうものなら、上手にそれを口に入れる。
この子の父親は幼いころ、口元を汚しながら、もっと大胆に?食べていたと思うが。
息子妻に言うと「今は、パパもきれいに食べてるけどね」と笑っていた。
ママの食べ方や食べさせ方がいいから〜と思っている。
「モット チョーダイ」 
「はい、どうぞ♪ 良かったね、おいしくて!ジージが作ったんだよね」
「ウン オイシイ!(かみしめるように) モット チョーダイ」
「このまえ いっしょに抜いたねぇ、ウントコショ ドッコイショって」
20枚ぐらいは食べる。
 ホウレンソウ・・・抜いてきてゆで、鰹節を削ってかける。
鰹節を削る音がすると孫はとんでくる。削るほうもとんでくるのを待っているんだけど。
「タベターイ!」引き出しを引いて、削ったばかりの鰹節を食べるのが好きだ。
 ネギ・・・スプーンでご飯をすくい、その上に小さなお刺身と倍ぐらいの量の刻みネギを
のせて食べる。お刺身にはネギ、納豆にもネギ、味噌汁にもお吸い物にもネギがあると
おいしいと小さいながらに孫は感じているらしい。採ってきたばかりのネギは、辛いときも
あるのにネギだけでも拾って食べることもある。
「辛くないの?」
「カラクナイヨ、オイシイヨ」
「バーバモ タベテ」口に入れてくれる。
「う〜〜ん 最高だね!」 
 ブロッコリー・カリフラワー・・・ゆでたてをつまんで口にほおばる。
「木みたいだね、パクッ」
「(小さいのと大きいのがあると)コレ ケンチャントパパ」
 
 昨日はカナダの料理教室に、夫と息子妻が行ったので 孫と散歩がてら見学に行った。(800m位)
その帰り、孫は眠くなってしまい 最初はオンブで途中から抱っこしたあたりで眠ってしまった。
「神様 こんなにかわいい孫を与えていただいて感謝します!」と寒くないように上着でおおい
抱きしめて帰ってきた。これが 同じ重さの物だったら〜きっと耐えられなかったと思う。
 

投稿者: kun - 午前 11:10 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2010年 2月 11日

揚げチキンの野菜のせ

null

 ドイツ旅行のときも、トルコへもご一緒した方とゆっくり話す機会があった。
信頼関係はあるけれど、特にじっくり話したことはなかった。
思えば、そういう関係の人は周りに多いということに今更ながら、気づく。
話し相手として苦手なのは、
自分中心の話題にもっていき、子供自慢やらなにやら ひたすらしゃべる人
こちらの話すことの上げ足をとったり、意見口調になる人・・・
そういう人とは、できれば話したくないと思う人(←私)は、人を受け入れる
度量がないということを証明しているようなものなんだけど。
 そんな私だが、今日は楽しいひとときだった。
彼は、そういう人の対極にいるような方だから。
子供さんが大学を卒業され就職が決まったと聞いたので、「どこの大学だったん
ですか?」と聞くと「東京大学の医学部です」と穏やかに笑みを浮かべて言われた。
「良かったですね!! おめでとうございます♪」と心から 祝福の言葉が出た。
一度お見かけしたことがあるあのお嬢さんが産婦人科のお医者さんになられるという。
きっと 優しく 腕のいい お医者さんになるだろうと思う。 ご両親もどんなにか
嬉しいだろうと思うと幸せな気分になった。
そう思える自分がなんだか成長したような気がしたが・・・実は、そうではなく
彼の人柄のせいだろう。 
 ”喜ぶ者とともに喜び 泣く者とともに泣きなさい”という聖書の言葉がある。
喜ぶ者とともに喜ぶほうが、泣く者とともに泣くことより難しいのではないかな。
喜ぶことを邪魔するのは、嫉妬? 涙もろい私には、泣くことはわりとたやすい。 







投稿者: kun - 午後 04:12 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2010年 2月 06日

ホウレンソウの卵スープ

null

 今週の初め、息子が発熱 嘔吐〜その2日後 私も発熱。
嘔吐はなかったけれど、食欲なしで。
それに、中学生の時 鉄棒で痛めた腰と数年前ソフトボール中 2年続けてじん帯を
切ってしまった膝が痛みだし ため息のでる数日間だった。
いつか歳をとり 床に臥すときがくるだろうが、こんな毎日なのかなと思ったりした。
 昨年 末期のガンだったSさんのお見舞いに行った。
「痛いとこある?」と聞くと、苦しそうな息をして首をふり
「もう ちっと がんばるよ」と言われた。
その6時間後に眠るように召された・・・90歳だった。
 痛くなかったのだろうか? 苦しかったとは思う。
それでも、大きな存在に包まれ 守られている安らかさがあったなあと思い出したりしていた。

 今日は、教会のお花を活ける当番でもあるし、どうしても出かけなくてはと
起き上った。教会に行けば、やらなければいけないことも沢山あるし、花屋のはしごに
郵便局にも行かねば〜と、久々の外出で、家に戻ったのは2時過ぎ。
夫は出かけていた。
テーブルには、「朝の続きに、ホウレンソウのスープを作って 食べました」のメモ。
温めると 鰹節と卵の香りがプーンとして ホウレンソウの甘さが優しい。 感謝♪
 null


投稿者: kun - 午後 05:45 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2010年 2月 02日

黒豆

null

 暮れに煮た黒豆500グラムのうち、今も冷蔵庫に残っているのがこれだけ。
正真正銘の北海道産”採りたてピチピチ新鮮なお豆”を日本福音ルーテル帯広教会
の教会員が注文を受け、届けて下さる。
私は、黒豆の他に大豆、小豆を購入。
ここの教会の牧師からいただいたハガキだったかメールに、
「この時期 お豆を計っている牧師は、全国の牧師のなかで 私だけでしょう」
と書かれていて〜なんでも一生懸命されるK牧師の姿を思い浮かべ、笑ってしまった。
 ところで、そろそろ、クロ(犬)にも少し わけてあげようかな。
クロは、ほとんどなんでも食べる。 人参 大根など野菜やりんごなどの果物の皮
キャベツなど葉物の外側の部分もだしがらも、刻んであげる。
13歳7ヵ月になり、犬としては、高齢になってきているが、散歩のときなど力強く
引っ張る。ドッグフードを、ほとんどあげないようにしてきたことは、健康を保つために
よかったと勝手に解釈している。 

投稿者: kun - 午後 12:02 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク