2005年 9月 30日

生姜の甘酢漬け


生姜をピンクの茎の部分を1CMほど残して切り、洗って薄切りする。
塩を 少し ふり 1〜2時間ほど 置く。
酢と砂糖を 2対1の割合で 煮て 沸騰したら、生姜にかける。
2〜3日すると 味が なじんでくる。


汚れを残さないように 生姜をきれいに 洗ってしまえば もう できたようなもの♪
生姜の良い香りに包まれながら 切るのは、苦にならない。
甘酢をかけると 淡いピンク色になる。
この変化を見るのも 楽しい。
共稼ぎ夫婦の実家で作ったという生姜が その夫婦を通って 我が家に届いた。
いつも 奥さんのほうが 帰りが遅いということで、外食が多いのだそうだ。
教育界で働くこのおふたりには、精一杯 力をつくして 子供たちのために 
働いてもらうことにして、製作品を届けよう♪



投稿者: kun - 午後 10:16 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 29日

鶏肉と野菜炒め


鶏肉は、にんにく・醤油・酒で下味をつけておく。
鶏肉を まず 焼き、堅い野菜から順に入れ炒め 最後に 味醂・醤油で味を調え 小ネギのみじん切りをちらす。


道路側の花畑に植えてあったベージュの彼岸花が、満開だった。
数えると 50数本♪
通る人たちが 眺めてくれて、私の姿を見かけると「ベージュとは 珍しいね!」と声をかけてくれていた。
何日か前、3〜4本  折られていたが、こういうことがあるので 増やしたんだし、まだ 沢山あるからいいや・・と思っていた。
今朝 見ると、3分の2ぐらい 採られていた。。。
これは かなりのショック(ToT)ダ-
家の前の荒地に 1週間ほど 捨てられなかったゴミも、また 大きな袋に2つ 捨てられていたし。
息子が 言うように、ゴミは”ゴミ捨て代行”になったつもりで やろうとしているが、花をもぎ採られて悲しい気持ちは どう処理しようか・・・ウーン
そのヘンに捨てられている気配はないから、きっと 家に 持ち帰って 花瓶に挿したに違いない。
花は、その家を 明るくし 和ませているだろう??
と 思うことにした〜♪(ちょっと 無理があるが)
さて 買い物に行ってこよっと!←ストレス解消♪
ザルと・・アイロン台と・・←主婦が買うものは こんなもの!切ないねえ。








投稿者: kun - 午前 10:37 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 28日

牛丼


ひとりでも きちんとお惣菜を作る母には 感心する。
私は、昼食がひとりだと 最近 思いっきり 手抜きし 残り物などで 済ませてしまう。
めんどくさい!というセリフ 以前 子供たちはよく使っていて、そのたびに やな言葉だと思っていたけど・・・末っ子流に言えば まさに めんどい!
子供がそう言うと、すかさず「そんなことがめんどくさくて、人生 やっていけるかよっ」と つぶやいていたものだが。
自分で 近頃の自分に言わねば〜〜はぁ(ーー;)
お昼時、国勢調査の仕事をしながら ぐずぐず 昼食の準備を のばしのばししていると、珍しく 家にいた息子が、野菜炒めを作ってくれた。
塩コショウに カレーの粉末やマヨネーズを入れたりして、ちょっと変わった野菜炒めだった。
人が作ってくれたものって どうして こんなにおいしいんだろう♪


投稿者: kun - 午後 04:00 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 27日

大根 牛蒡など煮物


大根は お米のとぎ汁で こんにゃくもちぎって茹で、油揚げも 湯通しし 油を抜いておく。
「あまり うまくできなかった・・」と夫が言う牛蒡だが じっくり ゆっくり 昆布と煮たら 香りが良くて なかなかどうして おいしかった。
人参・油揚げ・いんげんなども 入れ♪
牛蒡を入れると 全体に黒っぽくなり 味が濃そうに見えるが、濃くはない。



大人は おいしい!と食べてくれたけど、子供Aは、こんにゃく1個と大根 半分、子供Bは ゼンゼン手をつけなかった。
三枚におろした秋刀魚に味噌などをつけ、クルクルと巻いて、グリルで焼いたものは、見て「オエーッ 気持ち悪い〜〜っ」というような顔をして 子供Aは、それでも 「ご飯と一緒に食べるとおいしい」と言っていたが、子供Bは なにも食べず。
(子供になったつもりで 見てみると)秋刀魚のぎらぎらっとした皮や”巻き姿”は う〜ん 確かに グロテスクだけど!!



子供たちに なんでも食べさせようと 日々そのことで追われていた時期が あった。
離乳食時代に いろいろな食材を食べさせると 偏食しないと聞いて その頃から 一所懸命だったっけ。
おやつが多くなると 食も進まないので 制限したり 外遊びをできるだけするようにさせたり。
4人とも ほとんど偏食はなく、よく食べ 身長も伸び まずまず 丈夫に育った。



それにひきかえ〜〜〜長男娘も含め いっしょに来る子供たち 偏食ぞろい。
肉は嫌い〜 野菜は嫌い〜って なに作りゃいいのさ。
魚は好きというから 魚料理にすれば、「オエーッ」だもんね。
きっと、干物などをそのまま焼いたり フライにしたりすれば 食べるんだろうけど、それじゃ 大人は 味気ないし。
それでも この時は、コーン パンプキンスープも作ったが、子供Aは 一口食べ「Bちゃん これ あげるよ」とそれだけは食べていた子供Bに お皿を渡した。(^_^;) 



投稿者: kun - 午後 07:58 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 26日

ペペロンチーノ風ナポリタン


今年は イマイチの出来だったナスも もうそろそろ終わりに近い。インゲンと玉ネギ ベーコンをバターでよく炒め ナスも加え。
唐辛子の輪切り・にんにく・オイスターソースにバジル・塩こしょうで味付け♪


昨日運動会だったため 今日は 代休なので、小学2年生の女の子がふたり 朝から遊びに来ている。
この前は、犬の散歩途中 ヒモをひとりが(長男娘) ずっと 持ちたいとわがままなことを言い、けんかになった。
また 散歩に行きたいと言うので、まず 散歩のルール
〜順番に交代で 持つ〜と決め 納得させた。
私が、適当に、次の交代は、”彼岸花がたくさん咲いている所まで”とか”止まれの所まで”などと言っていたのだが、途中 よその犬とすれ違う時など 私が持ったりするので、「距離が短かった」などと 文句が出て 危うく けんかに発展しそうな場面もあった。
が、なんとか くぐりぬけ、今は、”離れ”で 家族ごっこをしている。
どんな会話がされているのか聞きたいなあと思うが、子供は 大人の目が届かない狭い空間が好きだ。
家に来てくれるのは、いっこうに構わないが、
「○○ちゃんのおばあちゃ〜ん」って 呼ばれるのは 超抵抗がある。
「○○ちゃんのお姉ちゃんって 呼んでよ」と言ったら
「うん わかった」ですって(ё_ё)キャハ



 

投稿者: kun - 午前 10:55 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 23日

秋刀魚の辛味噌焼


?秋刀魚を三枚におろす。
?味噌・刻んだニラに生姜・豆板醤を混ぜ、秋刀魚に塗りつけ、小麦粉を少々つけ 2枚をあわせる。
?半分に切り、小麦粉をつけ フライパンで焼く。


三男から、「秋刀魚を焼いて食べたいんだけど、弱火で焼く?内臓はとるの?」とメールがきた。
こちらに帰省した時に、2回ほど 秋刀魚を焼き 大根おろしで食べたんだけどなあ・・
いざ 自分で焼こうとすると「はて 内臓はどうしてあったか?」と 確かめないと自信がなかったのだろう。
二男に、君なら なんて答える?と聞いてみると
「中火! 内臓はとらない!」
ピンポーン♪
夜、 どうだった?とメールを打つと
「うまかったよ! しかし あのすごい煙 なんとかならないかなあ」って・・・(・・;)


投稿者: kun - 午前 06:46 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 22日

豚肉・油揚げ・野菜のポン酢サラダ


油抜きした油揚げ・椎茸を焼き、茹で豚肉・生野菜といっしょに盛り ポン酢(醤油・酢・レモン汁)をかける。


キックベースの練習後、仲間4人と連れ立って ソフトボールのチームメイトの家にお邪魔した。
その時、出してくれたおかずを アレンジしたもの♪
ポン酢が 豚肉や油揚げの重さを軽くしてくれて、さっぱり感で ビールが一層おいしかった。
次の日は、キックベースの市内の大会だった。
私たちのチームは、準優勝。
地域の人たちとの交流のために行われるリクレーションなのだし、準優勝なんていう結果もともなって 良かった 良かったと普通なら 喜ぶところなのだけど。
過去7回のうち 5回優勝している私たちにとって、準優勝は、悔し涙が出るほど ショックだった。
私は、最年長で監督兼選手〜 次に若くない人?とは、7歳も年が違うというメンバーのなかで、フル出場さざるをえない状況で、疲れ果てた。
特に 決勝では、体が動かず ねらったところに蹴る事ができなくて、自分の守備をミスのないようにすることで精一杯で。
(きっと みんなも私の年齢位になった時、そのしんどさがわかると思う。)
決勝で点差がじわじわ開いていくのを どうして止めるべきだったのか・・?
そのときは 余裕をもって考えられなかったことを、大会が終わったそのときから、考えてしまって 悶々としている。
海に連れ出してもらっても、ゴミゴミと大騒ぎしていても、心の底では 繰り返し考え 人の言葉や顔を思い浮かべ、自分を責めてしまっている。
敗因を、ノートに書きだしてみた。
時計を見れば 夜中の3時・・・
ちょっとばかり 異常だ〜たかがキックベースじゃないの〜と自分を慰め 平安を求める もうひとりの私もいる。
あれから4日目。

投稿者: kun - 午後 12:24 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 21日

巻いて〜詰めて〜♪


茹でた人参 インゲンを竹輪に詰め、ベーコンで巻いて焼いただけ〜(^^;;;


相変らず、生ゴミやびん・缶がごちゃまぜのゴミが、すぐ前の荒地に 4〜5日おきに 捨てられている。
昨日は、大きな袋入りが2個に スーパーの袋入りが2個だった。
今回は、中をよく点検し、そのふとどきものの生活 また心理などを 予想し、もしも”しっぽ”をつかめたなら 注意してやらなきゃ!と大決意し、ゴミ袋を開いて ひとつ ひとつ 見てみた。
まだ 蚊がいるので、蚊取り線香をそばに置き、使い捨ての手袋をして いざ!!
途中で、マスクをすれば 良かったと後悔した。次は(次もある予想) 必ず マスクをしよう。
TV東京でやっているアメリカのドラマ”ナッシュ刑事”の大ファンなんだぁ〜私。
捜査している気分〜
捜査といえば・・・迷惑メールを懲りずに毎日 送ってくるヤツ だれか とっつかまえてくれないかしら。
それはさておき、ゴミの中身。
驚くことに、ゴミで汚れた創○学会の○教新聞が、何枚もそれぞれの袋から出てきた。
○○信用金庫の利用明細票も。
名前は書かれてないけど 口座番号が 記入されている。
残金 213円。。。ぎりぎりの生活?。。食べ物の残り物も多いから、やりくりがヘタなだけ。。同情の余地なし。
昨日は、荒地の両側の大きなお茶の木に ひもを結び そこに「ここは ゴミすてばでは ありません」と看板をつけた。
さて 効果があるかどうか?!



投稿者: kun - 午前 08:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 17日

油揚げの納豆ピザ


つまみにも いいけど、朝食のひとしな〜♪
納豆も工夫しないと、さすがに 飽きてくるので。

?熱湯をくぐらせ 油抜きをした油揚げをフライパンで素焼きしながら、フライパンの隅のほうにゴマ油を少々入れ、インゲンを塩コショウし 炒め、ベーコンも加える。
?炒めたインゲン・ベーコン・納豆を油揚げにのせる。
?さらに、チーズ・マヨネーズ少々をのせ 焼く。
?チーズが溶けたころ、醤油を適宜 たらたら〜っとかけ、香ばしい香りがしてきたら 火を止める。


10月1日の国勢調査を前に、調査の説明会があり出席した。
調査員は、私のように若い(?)者から、大正生まれの方まで 年齢はさまざまだ。
調査区域の地図を まず 自分で書き 名簿を作る作業がある。
最後に 市に提出するものの中に 入っているので、やらざるをえない。
そこまで しなくても、既製の地図があるのになあと思うんだけど、やはり だぶったり 抜けたりというようなミスを防ぐために 必要らしい。
特にプライバシー保護条例ができてから、こういう調査をされるのを 拒否しようとする人がいるかもしれないが、国勢調査は、「統計法」により 国民の義務となっていて、保護条例は適用されないのだそうだ。
また、調査が済めば 調査用紙は 溶解処理されるということだ。
防災や福祉などに 役立てる大切な資料となるので、めんどうでも 皆さん きちんと記入して下さいね。
>にわか調査員より(^^ゞ
 





投稿者: kun - 午前 10:05 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 16日

ビーフストロガノフ


5人分(ぐらい)
?玉ネギ・・大1個
 椎茸・・・大7個
 しめじ・・適宜
フライパンにオリーブオイルを少々たらし、塩コショウしながら、玉ネギから 椎茸・しめじを入れ、これらをよく炒める。
?別フライパンで、塩コショウし 小麦粉をつけた薄切り牛肉(400グラムぐらい)を焼く。
?スープ(の素を400CCの湯で溶かし 作っておく。)
トマトペースト 大匙2・白ワイン1/2 C・サワークリーム100グラムを野菜と牛肉をあわせた中へ入れ、塩コショウ・中濃ソース少々で味を調えながら 少し煮る。


いつもより 少しだけ ましなレシピを書いてみた。\(^o^)/
実際 量などは、融通を利かせて やればいいのです。
このいい加減さは、母親譲りかも。
昨夕、一人暮らしの母が電話口で
「かぼちゃコロッケを今 作っているんだけど・・1・2・3・・・・(数えている様子)・・12個もできちゃったよ。近くだったら、あんたのところに持っていくのにねぇ」
と、受話器片手に 片付けをしているのだろう〜カチャカチャ音をさせている。
母は、大家族だったころの習慣が なかなか抜けないのか、たくさん作っては、人に分け 余れば冷凍庫に入れる。
そんなこんなで 冷凍庫は、また出して使うことは ほとんどなく、そこで一生を終えるだろう食べ物(ともよべない 凍ったブツ)が古い順にたまっていく。
義姉か私が、たまに 腕まくりして それらの奥のほうから、ゴミとして最終判断を下すことになる、ブツブツ言いながら。






投稿者: kun - 午前 09:56 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 15日

かぼちゃの含め煮


?かぼちゃは、皮を 角など所々 むく。
?昆布でとった出し汁に、砂糖・醤油・味醂・酒を適宜。
?かぼちゃを?に入れ、沸騰したら 弱火にし、落し蓋をして コトコト ゆっくり〜♪


家の前の空き地に、生ゴミが混じったゴミを大きな袋ごと捨てていく人がいる。
このところ なくなってきたなあと思っていたのに・・。
夜が明けるとカラスたちが、喜んで つつきまわし、すぐ横の通学路にまで、魚の骨やら ご飯のくずが散らかりまくる。
私が気づくのが、大抵 夫を送ろうとする時なので、帰ってきて すぐ 片付けるのだけれど、子供たちは、その非常識な大人の行動の残骸を見ながら、学校に向かうことになる。
荒れて大きくなったお茶の木の奥に、缶や使いかけて古くなった塩辛などが入ったビンなどが詰められた袋があると泣きたくなる。
1週間おきに ここ2回は、生ゴミがたくさん入っていて悪臭を放っていた。
散乱した物を片付けながら、いろいろ想像する。
片付けるくらいの時間のゆとりは幸いあるし、想像をめぐらすのは、嫌いではない。(案外好きかも)
・・・・・・・・・・
引っ越してきたばかりの外国人が、捨てるところが分からなくて〜すぐ 片付けられたから、そこがゴミ捨て場だと思ってしまった?
認知症の高齢者かなあ?
トマトジュースのあき缶・・・・へえ〜健康のことを気遣ってるじゃん(環境のことや 片付ける者のことも考えろよな)
私の後任の民生委員も毎朝 ラジオ体操に行くためにそこを通るのだけど、どう思いながら 通るんだろうということも ちらりと考えてしまう。
地域のためにと作ったグループに入り、ゴミ拾いなどをしていると話していたが、ゴミ拾いの日と決められた日ではないから、拾おうとは思わないんだよね、きっと。
などなどなど。 


投稿者: kun - 午前 11:09 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 14日

ナスの辛味噌和え


?ごま油を熱し、豆板醤を炒る。
?そこに、水にさらしたナスを入れ 少し炒めてから、ふたをして蒸し焼き。
?パプリカも 途中入れる。
?ナスが柔らかくなったら、作っておいた味噌のたれ(味噌・砂糖・みりん・酒)を入れ、混ぜあわせ 片栗粉でとろみをつける。


ナスを採りに 家の横にある畑に行った。
(横着して)そのままの服装で。
急いで採って、家に戻って 台所でナスを洗っていると、右腕の後ろ側が痒くなってきた。
痒いところを 左手で バシッとたたいて 手のひらを見ると しとめた蚊が血を出していた。
その1秒ぐらいあと、今度は 足のふくらはぎが痒い!
見ると蚊がとまっていた。
6月ぐらいから 4ヶ月間ぐらいは こんな状態で 蚊と闘う。
水まきの時などには、顔にも網でできたかぶりものを着ける。
完全防備のつもりでも、薄い服やパンツだとその上から、身体を丸めて すごいかっこうで 刺しやがるから(チェッ) 油断できない。






投稿者: kun - 午前 10:31 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 13日

焼津風ゴーヤチャンプル


にがうりは、中の白い綿状のものをスプーンでとり、半月切りし、塩をふり しばらく置いてから、水に放ち 絞る。
フライパンにゴマ油を熱し、にがうりをよく 炒める。
木綿豆腐を水切りし、手でつぶしながら 入れ、炒め 
塩・コショウ・味醂・酒・醤油で味付けし、黒はんぺんも加え、最後にとき卵を入れ、ざっと混ぜる。


一昨日の飲み会は、居酒屋「海人」。
注文したゴーヤチャンプルに黒はんぺんが入っていて、なかなか美味だったので、早速 作ってみた。
「なんだ〜肉 入ってないのかぁ・・がっかり。。。」
と食べる前は 文句をたれていた息子だったが、
「うん にがうりもこのくらいの苦さがちょうどいい!」
なんて 言いながら、(おいしそうに)たいらげた。


投稿者: kun - 午後 08:09 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 12日

豚ヒレのにんにく醤油揚げと野菜炒め


豚ヒレは、にんにく・酒・醤油につけ、小麦粉をつけ、フライパンでこんがり 焼く。
別フライパンで、インゲン・玉ネギ・人参を塩コショウして炒める。


ソフトボールの試合は、1試合目は 結局 相手チームの人数が集まらず、棄権した。
審判のために来ていた数人のそのチームの人をふたり借り、2試合目は、初勝利♪
2番セカンドで、4打席中 送りバント・2ベースヒット1本・三遊間ヒット2本と信じられないくらいの好成績だった。
練習の成果が徐々に表れてる?(ё_ё)キャハ
飲み会の退散時間も6時半とケジメをつけ、帰ってきたので「早かったね」と夫に ほめられちゃった♪

投稿者: kun - 午後 04:12 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 10日

生揚げ 竹輪 野菜のバター醤油焼


野菜(人参・エリンギ・水菜)をバターで炒め、塩コショウし、最後に醤油をかけ、一旦出す。
生揚げは、油抜きしたあと、フライパンで素焼きにし、ジュワッと醤油で味付け。
竹輪も入れ 焼いてから 全部を軽く混ぜ合わせて できあがり♪


明日は、ソフトボール志太榛原のリーグ戦がある。
いつも 頼りっぱなしのピッチャーが、ひどい風邪をひいてしまい、明日は無理だと電話があった。
ぎっくり腰をやってしまった人、足をケガした人、受験生などなど 出られないため、9人しかいない。
出られるとはいっても、交通事故の後遺症のため まだ 完全復帰してない人や、いつもは 代打で出る程度の体力しかない人も入れての9人で。。。
きょう 午前中 残暑厳しいなか 練習した。
集まったのは 5人〜
そのうち ひとりは、二日酔いのためほとんど 座ってた。(私とちゃうよ)
ひとりは 途中帰り〜〜。
どうしよう(+。+)
明日 2試合 ある。
誰が ピッチャーやるんだ?!
歯が ますます うずいてきた。




投稿者: kun - 午後 03:56 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 09日

チーズモロヘイヤ オムライス


デグミラスソースに チーズ・今 "畑で一番元気"のモロヘイヤを入れた。
「母さん オムライスはねぇ〜」と、TV番組で 仕入れた作り方を、伝授しようとする息子達。
「うん・・」と生返事をしているのは、歯が痛いからなのよ。
確か 昨年の今頃も、痛くて 痛くて〜〜。
お弁当のコーナーを見てみたら、昨年の昨日は、歯医者に行っていた。
虫歯では ない〜歯の奥が、どうかなっている〜割れているかも?〜ストレスにより、起っているとも 考えられる〜痛みが 続くようだったら、最悪 抜きましょうと言われたのだったが、2週間後 すっかり 痛みが引いた。
その後 旅行には、用心のため その時もらって飲み残した薬を持っていったが、使うことなく 残っていた。
ほんとは、1年前の薬は よくないかもしれないけどと思いながら、飲んでいる。
昨夜 寝る前に飲んだけど、痛みで目がさめてしまった。
痛みに苦しめられることがない時は、健康に感謝することも少なく、若い子たちといっしょになって、はしゃぎまわって遊んでいる私だから、こうして 痛みを与えてくださり 健康に感謝することの大切さや健康な身体をもっと もっと 人のために使うようにしなければいけないと神様が教えて下さっているのだろう。
ふうぅ・・・




投稿者: kun - 午後 02:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 07日

大根など煮物


大根を米のとぎ汁で まず 茹でる。
次に、茹で汁をこぼし、昆布でとった出し汁に さつま揚げ 昆布をいれ、醤油 みりんで薄味をつけ 煮る。
ちらりと見えているのは、鰯の味噌磯辺フライ。
開いた鰯に 味噌をつけ、それに海苔をペタンと貼り 小麦粉 卵 パン粉をつけて揚げる。


帰省している三男が、予定を早めて 戻るのだそうだ。
友達が、次々と また それぞれの所に 帰り、こちらにいても つまらないと言う。
確かに そうかもしれないが・・・。
上の子供たちも、ゆっくり 滞在することなく そそくさと戻っていったっけ。
こうして 親から 離れ ひとり立ちしていくんだなあと思う。
これで いいんだ〜けど、いと寂し。
「今度は、いつ 帰ってくるの?」と(まだ 聞いてないけど)きっと 聞いてしまうだろうな。



投稿者: kun - 午前 10:13 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 06日

ポテト パンプキングラタン


バターで玉ネギを炒め、そこに 小麦粉を入れ さらに炒め 牛乳を加えて ホワイトソースを作る。
じゃがいも かぼちゃをゆで、ホワイトソースとともに、器に盛り チーズ・パン粉をかけ オーブンで♪


三男の友達のお母さんから、電話があった。
三男と一緒のはずだけど、ケータイに電話しても 出ない・・電話してみて もらえますか?・・・と。
その友達のことを 家で息子は、ニックネームで呼ぶので、お母さんに名乗られても ???。
失礼ですけど、○○○(ニックネーム)ちゃん そういう名前だったんですね〜なんて とんちんかんなことを言ってしまった。
次男に話すと、「そういえば、大学時代 友達のお母さんから ”ここのとこ 連絡がつかないんだけど、どこに いるか 知ってる?”と電話があったっけなあ」と言うので爆笑。
よくよく 思い出すと、長男の友達に 私も同じように聞いたことがあった(ーー;)



投稿者: kun - 午前 09:29 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 05日

しいたけのグリル焼


しいたけを、グリルで 中火よりやや弱めで9分ほど 焼き、一旦出して 生姜醤油を 両面につけ、乾く程度に数分焼く。
いっしょに ナスも同じように焼いた。


「なに食べたい?」と息子達に聞くと
「・・・・」しばらく 考えたあと
三男が、「さっぱりしたもの♪」と言う。
夕食のテーマは、「さっぱり感のあるもの」に決まり!
といっても・・・なにも 料理は決まってないんだけど、買い物に出かけた。
みんなが大好きな肉厚のしいたけが目にとまった。
バター焼もおいしいけど、やっぱ 生姜焼きのほうがさっぱりしてるかな〜♪
あとは、豆腐にきゅうりなど野菜をたっぷりかけ、辛子明太子と生姜醤油をかけたもの。
それに、鯖の糀漬を焼き、たくわん(炉ばた漬)。
三男は、2杯目を♪たくわん ボリボリ お茶漬けサラサラ♪しながら「今度 このたくわん 送って」って・・
「向こうで買えよ」と父親に言われてたけど、母は、「忘れず荷物の中に 入れるぞよ」と思ったのだった。


投稿者: kun - 午前 10:02 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 04日

おろしハンバーグ


牛豚合挽き肉に、生パン粉・玉ネギみじん切り・卵・塩コショウをいれ、よく混ぜ形を作る。
焼けたら、別フライパンに とり、弱火でさめないようにしておき、最初のフライパンの肉汁に 大根おろし、にんにくおろし、醤油 砂糖少々、レモン汁を入れ、味を調え、皿に取り分けたハンバーグにかける。


三男と夫には、好評だったけど、次男が
「つなぎが甘いね・・
父さんは ”アメ”ばかりだから 時々 意識的に ”ムチ”で きたえないとね」ですと。
あいあい ありがとさんです〜(^_^;



投稿者: kun - 午後 03:41 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 03日

豚にんにく しょうが焼 野菜添え


ドレッシングは、いつも 気分で ぱっぱっと作るので、買うことは まずない。
きょうのは、ケチャップ・マヨネーズ・酢・醤油・ごま油で作った。
といっても、器に入れただけで あとは、運悪く? そばにいた息子に、混ぜてもらった。
ケチャップ マヨネーズを使うのだから、手作りとも言えないが、ドレッシングは 工夫して作るものと子供達にインプットさせたい。


試合も近いので、(普段の練習日以外に)夕方集まれる人だけで ソフトボールの練習をした。
中学生の部活が終わり、ナイターが始まるまでの時間 近くの公共のグラウンドが空くことを知ってから、2度目。
楽しかった♪
残業があるのだけれど、”外出許可”をもらって、抜け出てきたソフトボール大好きっ子もいた。
ポテトサラダを作り、サンマ用の大根おろしを用意し、サンマを焼くだけにして、私も 嬉々として 出かけていった。
これは、昼食。

投稿者: kun - 午前 11:28 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 02日

じゃがいも煮物


鶏肉には、下味をつけて少しおき、鍋にオリーブオイルを少々いれ、鶏肉 じゃがいも 人参を順番に炒め 砂糖・醤油・酒・みりんで味付けする。
おとしぶた〜♪
しばらく煮てから 玉ネギを入れる。


三男が、テニスの大会が終わり、坊主頭になって 帰ってきた。
部活をやるのは、時間的に厳しいので 辞めたいと申し出てきたのだそうだ。
今辞められたら、士気が下がるから・・と ”一時自宅待機待遇”なんだって。
「まるで 高校生が部活の合宿から 帰ってきたみたい〜」
とお兄ちゃんに 笑われていた。
「バッテイングセンターに行ったんだけど、ゼンゼン打てなくて・・この頭だから 恥ずかしかった」
と言うので 爆笑。
坊主頭のほうが、楽だからと友達にやってもらったのだそうだけど(^^;;;


投稿者: kun - 午前 08:49 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2005年 9月 01日

イカめし


もち米をとぎ、ざるにあげおく。
イカはわたをきれいにとる。
30分ぐらいしてから、ざるのもち米に 少々の醤油・酒を混ぜ、人参・しめじなどの野菜とともに イカに詰め、口を楊枝で留める。
もち米がふくらむので、7分目ぐらい。
この間、圧力釜に(イカがひたるぐらいの)水と昆布をいれ、だし汁を作っておく。
だし汁に、醤油・砂糖・酒・みりん(少し濃い目のおつゆという感じ)、イカも入れ  シューシューと15分。
圧力がおさまったら、ふたをあけ、煮ながら 味を整える。
ゲソは、醤油・酒・すったにんにく しょうがで下味をつけ、しばらくして よく拭き 水気をとってから、小麦粉 卵の衣をつけ、揚げた。


イカめしは、北海道では、”家庭でわりと フツ〜に作る”と 道産子のバスガイドさんが 話してた。
店に行くと、黒々とした新鮮なイカが並んでいたので、イカめし作るっきゃない!と買ってきた。
結構 気合を 入れたe(^。^)g
フツ〜に 作れるように なりたいものだ。
おいしい おいしいと 食べてもらえて、イカったわ。(*^^*)





投稿者: kun - 午前 08:50 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク