«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 28 | 29 | 30 || Next»

2017年 6月 29日

ミニトマト



今日は、草取りをやり過ぎてしまった。
止めてくれる夫が不在だったこともあり。
午前中1時間半 午後4時間半・・いや5時間
疲労困憊。
農家の人たちは、ほんと大変だなあ・・・
途中、ミニトマトを採って 食べた♪



投稿者: kun - 午後 09:24 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 6月 28日

きゅうりのぬか漬け



焼津のきゅうりが食べたい・・とつんちゃんが言ったのだそうだ。
採りたてのきゅうりに、ただ塩や味噌をつけただけでも 美味しい。
きゅうりのぬか漬けも大好き。
ぬか床の香りもたまらなく好き。
義母や母を思い出す香り♪


投稿者: kun - 午後 09:46 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 6月 23日

夏野菜ごま風味



沖縄戦から72年の日。
高校生がご自分が作った長い詩を、すべて暗記して朗読した。
・・涙ながらに聴き入った。
新聞で、孤児となった多くの子どもたちの悲惨な状況を撮影した
写真を見た。 
その子どもたちの中で今も生きている人たちが声をあげている。
広く国民に、政治家に 届いて欲しいと心から願う。


投稿者: kun - 午後 07:29 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 6月 15日

野菜トマトソース



じゃがいも、インゲン豆、ピーマン、ズッキーニは家で採れた。
それぞれの野菜がなんとも美味で!
ソースも納得の味♪
美味しいねぇ!!と何回言ったかな?(笑)

昨日はようやく日が陰ってきた18時過ぎになって、長袖 ズボンに
なり、草取りをした。
1時間ぐらい・・・駐車場のあたりがきれいになった。
蚊が寄ってきたが刺されることはなく。

投稿者: kun - 午後 04:30 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 5月 22日

筍とスナップえんどうなどの卵とじ炒め



 夕食後、花壇などの水まきをしたり、花がらを採ったりした。
今日も暑かったし〜蚊がいるだろうなと思ったけれど、刺される
こともなかった。
今年は蚊が少ないかもしれない☆

 

 

投稿者: kun - 午後 09:23 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 5月 21日

菜花のおひたし



 隣の犬が亡くなったようだ。
10日ほど前、家には誰もいない様子だったが、吠えていたので
なにか困っているのかな・・と見に行くと、がらくたの中に頭を
つっこんで先に進もうとしても進めなくて吠えていたのだった。
「そっちは行けないよ」とひもを引っ張ると出てきたが、フラフラして
ころんだりした。
クロも最期のほうはそんな状態だったから、もう長いことないのかな
と思っていた。
 元気な時から夜中も吠える犬で〜迷惑と思う人も多かったようだが
私は、夜中に犬が吠えようとあまり気にならなかった。
その後 犬が亡くなったようで、吠える声がしない。
 散歩もさせなくて・・それが定着して犬もなんとも思わなかったのか!?
いやいやよく吠えていたから、不満だっただろう。
回覧板を届けに行く折には、「元気?」といつも声をかけていた犬が
いなくなって、寂しい。

投稿者: kun - 午後 06:19 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 5月 11日

タケノコとわらびの煮物



 東京に来ている。
快晴〜暑くなりそうな日。
午後からは、会議だけれど、設定されているところに
座って、考えて、たまに発言するだけだから、
働く人たちに比べれば、全く気楽なものだ。
身近なところでは、今日も4人の子供たちはそれぞれに
与えられている場所で、大変なこともたくさんあるだろうけれど
精一杯働くことと思う。
感謝の思いをもって元気に頑張る一日となりますように。
なによりも健康に気をつけて、自分を大切にと祈る。

投稿者: kun - 午前 08:34 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 3月 29日

レタスとパセリ



朝採りの2種類のレタスとパセリ。
焼いたトーストに卵やハムなどと一緒にはさんで食べる。
 
気がかりなことがある。
大抵いつも4つ、子どもが4人いるから。
母親の習性なんだろう。

残念で悲しいこともある。
人は誰でも一度は死ぬものだとわかっているけれど、
近い存在だった人の死は受け入れがたい。

人の言葉に戸惑い打ちひしがれ。
それは胸におさめ〜人に優しく、傷つく自分にも優しく
ありたいと切に祈る。

朝日が差し込む食卓で味わうほんの小さな幸せ☆

投稿者: kun - 午後 08:40 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 3月 24日

カリフラワー



 土俵下に落ちた稀勢の里が、痛そうに肩をおさえ、顔を
ゆがめている様子を、「どうだ、まいったか」と言いたげに見下げ
「どんなもんだい」と懸賞金をかっこつけて受け取る日馬富士。
モンゴルのお相撲さんたちは、みんなこんなんだ。
「張り手」や「エルボー」みたいなプロレスのような技もよく使う。
鼻血を出している日本人のお相撲さんたちがかわいそうになる。
土俵の外に出ているというのに、さらに押し倒すような人は日本人
にはいない。
謙虚さと優しさにおいて、お国柄の違いがありあり。(~_~;)
 

 

投稿者: kun - 午後 08:30 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 3月 14日

春サラダ



通路側の花壇の手入れをしていると、散歩している人や自転車で
通りかかった人が声をかけてくれる。
大抵は、「いつもきれいにしているね」「楽しませてもらってるよ」など。

今日は、ちょっと違う感じで話しかけてくれた人がいた。
「この(土手側に咲いている)スイセン 植えたの!?きれいだね」と。
少し会話をしたあと
「良かったら、咲き終わってから 球根を持っていってください」
と言うと、
「ありがとう、寒い冬に耐えて こうして花が咲くんだよね!」
としみじみ感動したように花を見つめて言った。

もうひとり
「きれいにするじゃん!・・いいよね花は!毎日違う顔するね」

二人とも、花とはあまり縁がないようでいて〜
花がなければ話もしないような若いおじさんだった。



投稿者: kun - 午後 08:20 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 28 | 29 | 30 || Next»