«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2017年 11月 02日

明太子と四角豆などのパスタ



 近くの信用金庫の外まわりのいつもの青年が、
「誕生日おめでとうございます!」と来た。
「えっ、○○違いじゃないの? うちはこの前もらったよ、
あちらの○○さんでしょ」
と指さすと、
「あ・・そうでした・・・・間違ってきてしまったついでに
プレミアム定期の案内ちらしをもらって下さい」ですって(~_~;)

利子は0.1%。
20万からで、20万とすると200円の利子・・・・
「ぼくをかわいいと思ってやってもらうしかないですね」
と言うので〜ずっこけた。

ここらあたりのじじばばたちは、孫ぐらいの青年が
頑張っている姿を見て、応援したくなるんだよね・・きっと。
と言うと〜ほんと、そうなんですよと言うので爆笑した。




投稿者: kun - 午後 04:34 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 10月 22日

塩焼きそば



焼きそばが大好き。
ひとり食事の時は焼きそばにいろいろ入れて、
一皿で栄養もとれるように考えて作る。
(ま・あまり 深くは考えてない・・あるものを入れてるだけ)
ついているソースは、10分の1位の量を使い、
あとは気分で酒や塩や醤油も少々入れる。

衆議院選挙だった。
夫婦で選挙に行った帰り道のこと〜「誰に入れた? どこの党に入れた?」
と聞いてみたら、同じ人にいれ 同じ党に入れたことがわかった。
予想はしていたけれど。

食べ物の好みは、違いがある。
夫は焼きそばは私ほど好きではない(~_~;)


投稿者: kun - 午後 09:43 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 7月 29日

そうめん



今週は、ケンの風邪をジイジがもらい。
ケンは「ぼくは熱出なかったから、ぼくからうつったんじゃないよ」
と言っていたが。
症状は年齢や体調などによって出方が違うかもしれない。
二人のそばにいて、私にうつらないなんて、珍しい。

  負けるのもひとつのわざと言う妻の
  孫との将棋長くなりけり

私とケンが大騒ぎして回り将棋をやっている時、ラジオから流れてきたと
夫が教えてくれた、どこのどなたの歌か知らないが よく似ている。
きっとこの人たちは本将棋だろうけれど。
乱暴に駒を振ってわざと外に出す時もある。
いつも孫の勝ち。笑

今年の夏休みはその日の予定を連絡するため、ケンから朝電話がある。
「今日ね、11時までプールだから、帰ってきたら行くね!
 ご飯作って待ってて」 などと。
子どもたちが小さい頃は、ご飯作って待っているのが日常のあたりまえのことで、
こんなふうに言われることはなかった。
孫に言われ、なんか新鮮で嬉しくて、今日はなにししようか?と
楽しくお昼ご飯作りを頑張っている。







投稿者: kun - 午後 05:06 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2017年 7月 13日

久々の焼きそば



 50キロほど離れた実家のそばにある畑の草刈りに行った。
一段下の畑でいつもいろいろな野菜を作っているおばさんから
うちの畑を貸してほしいと突然の申し出が。
自分の畑は土が硬いので、良い作物ができないから作るのは
やめたいと言う。
うちの畑は、父が赤土を入れたので、柔らかく石もない良い
土であることを知っていて〜。
イノシシ被害に遭ってから、作物を作るのを止めて久しい。
おばさんの畑は、電気柵をしてある。
前回来た時には杖をついていて、もう80歳だと言っていたおばさん。
その意欲には驚く。
畑の真ん中の部分を使い、周りはおばさん曰く”草枯らし”をまくのだ
そうだ・・・”草枯らし”かぁ。。。ムリもない、そうせざるをえないことは
わかる。
トタンがあるので、(イノシシ対策として)囲むんだって。
3回位、タダでいいよね?と確認するしっかり者だ。
 除草剤を使うこともなかった畑で、今はあまり大きくならないように
時々草刈りをし、ゆくゆくは自然に返そうと思っていたのだったが
予定変更。 まあ いいわ☆何年間か、お任せしよう!
 私のことを下の名前でちゃんづけで呼ぶおばさん〜うちの電話番号を
書いて渡し、おばさんっちの電話番号と名前を聞き、初めておばさんの名前
を知った。
できるだけ長く頑張ってね!と言ったものの・・ほんの少しだけ寂しさもある。
ふるさとに帰る理由が、しばらくの間 もうない。


投稿者: kun - 午前 08:40 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 8月 24日

夏野菜カレーそうめん



 普通のカレーに夏野菜を沢山入れ。
一人暮らしの息子が、やっぱり家のカレーが美味しい♪と言ってくれたのを
思い出し、「カレー食べにおいで」とメールすると、「今 滋賀にいてBBQやってる」
とメールがあった。大学時代の友人たちと楽しそう!
 沢山作ってしまったので、4食も食べることになった。
オクラ・なす・とうがらし・ズッキーニ・ゴーヤなどの野菜を、食べるたびに足して。
最後は、そうめんにかけてみた。
これがさっぱりしていて、とっても美味だった☆
自分が作った料理がこんなに美味しいと思ったのは珍しい♪
 食べている途中で写真を撮り忘れたことを思い出して〜
撮った一枚。

投稿者: kun - 午後 05:33 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 8月 18日

そうめん



 餃子の写真を撮って、サイズを小さくしたりして保存したはずが
デスクトップの写真に大きく変わっていて・・・
PCを開くたびに餃子の写真を見たくはなかったので、元の子どもたち
の写真に替えた。そして〜今日は餃子の写真をここに載せたくて
探したのだが、どこにあるのかわからなくなってしまった。
 PCを新しくして、だいぶ慣れてきたが、こんなふうに時々わけがわから
なくなる。
PCのすべてのことをわかろうとするのは無理なので、わかる部分だけで
使っていけばいいや!と思っている。

 夏太り進行中!
なんとかここらあたりで体重上昇を止めたくて、久しぶりにウォーキングした。
なんのために健康でいたいのか?・・・ただ自分のためだけでなく、健康な
身体を使って、人のために役にたつ働きがしたいものだと思いながら。
 

投稿者: kun - 午後 08:03 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2016年 1月 07日

手打ちそば



昨年の大晦日、毎年恒例のお楽しみになっている手打ちそばを
届けていただいた。
息子たち家族も集まって、みんなでいただける量を、手作りの
おつゆも一緒に。
Yさんが心をこめて打たれる、絶品!! 
1年の最後の日の美味しく嬉しい感謝の時だ。

投稿者: kun - 午後 08:02 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 7月 03日

夏野菜パスタ



 しばらくぶりで、更新しようとしたら、ここに入るのに パスワードなど
ログインが必要でした。(汗)
そんなにご無沙汰だったとは・・・月日が流れるのは早いもの。
 カウンターの数は 増えているようですから、開いていただいている方
がいらっしゃるんですね。 申し訳ありません&ありがとうございます。
感謝いたします。
 
 これまで 書けなかったことは、おいおい もしかしたら 書く機会が
あるかもしれません。

 5泊6日で 北海道に行ってきて 昨夜帰宅しました。
北海道は5回目でした。
開拓するため 本州から北海道に渡った多くの方々の歴史に 少しだけ
触れることもできた感動の旅でした。
 ルーテル教会で 北海道で働いている4人の牧師のうち、3人の素敵な
先生方にお会いすることができたことも 嬉しかったです。

 

投稿者: kun - 午後 08:33 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 3月 08日

たくわん



 焼津礼拝堂のことが載っている新聞記事の中で、菅野君江さんが話した
ことばが出ている。
このたくわんは、その菅野さんからいただいたもの。
自分の畑で作った大根で、糠と塩だけで作ったものだから、安心して
食べられるよ!と今年もいただいた。
みんなに いつも分けてくれる。
暖かくなるとすぐに、すっぱくなってしまうから〜美味しいうちに食べて!と。
 我が家も野菜を作っているので、昨年の教会のクリスマス会でやったビンゴの
賞品に、大根やネギを提供した。
ここ焼津の教会では、珍しいことではなく、プレゼントと言えば 野菜だったりする。
ちょっとずっこけ 笑い声に包まれる。




投稿者: kun - 午後 07:38 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク

2015年 1月 17日

めんたいこスパゲティー



 アルフォンス・デーケン氏の「よく生き よく笑い よき死と出会う」
という演題の講演会に行った。
デーケンさんといえば、死に関する本も書かれていて とっても名の
しれた人。
こんな有名な人の講演を聞いて、感動しない私って 一体どうなって
しまってるんだろう・・・(~_~;)
夫に言うと、「もう 自分で話すしかないんじゃない!?」ですって!
それはないけど。。。
デーケンさんの本も読み、最近 精神科医の和田秀樹さんが書かれた
ものなど 乱読しているせいか、耳新しいことがなかった。
 要約すれば〜よく生きるとは、人のために役に立つ生き方〜という
ことだったと思う。ユーモアの大切さも言われていた。
ルーテル学院大学の門の所には、
『自分のためではなく、隣人のために生きて仕える生に
 神の祝福があるように(ルターの祈り)』とある。
もう500年も前から、いえ聖書ではそれよりはるか前から 言われて
いることだ。
 目にしたり 聞いたりすることがあっても、そのような行いができているか
といえば、下を向くしかない。 


投稿者: kun - 午後 09:23 | | トラックバック(No Trackbacks) | 固定リンク
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»